経済

2020/09/17

ワイルドサイドをほっつき歩け --ハマータウンのおっさんたち

 今日は、朝から提稿実務。4本。メールで原稿の催促。だんだんと、追い込みに入っていきます。工場の4連休があるので、もう実質直前ですけどね。座談会を除くと、あと5本という段階。

 熊に追いかけられる、変な夢を見て、体はぐったり。政局、選挙日程は霧の中で、ますます追い込まれますねえ。

 『ワイルドサイドをほっつき歩け --ハマータウンのおっさんたち』を読み終える。ブレイディみかこさん、相変わらず面白いなあ。

13

 話はおっさんたち。わびしさとものがなしさを漂わせながら、それでもたくましく、したたかに生きる。その文化にとどまらない、政治的な背景がものすごくおもしろいのだ。労働党をめぐる問題、緊縮をめぐる問題。そう単純ではないけど、だけど太い線も残っている。若い人の話も挟まっていて、いまの社会と人の姿が多面的に映し出される。「ハマータウン」の話は、若者の話だから、その世代のおっさんとともに、いまの若者をきりとった話もおもしろいのだ。だけど、日本の共通点とともに、大きな違いもたくさん感じるよね。おっさんたちの世代は年齢的には、ボクの世代で、わびしさなどはそうなんだけど、その政治的なありようは、だいぶ違う。むしろ団塊に比されるだろうけど、なぜ日本は上の世代なのか。いわば政治文化の分厚さの違いということとも関係があるのだろうかねえ。イギリスもなかなか大変な状況にあるわけだけど、日本の未来はちがった意味で混沌としている。その違いを一つ一つ考える材料もくれるなあ。勉強の意欲はわくんだよなあ。はい。だけど、このおっさんたちの人生のもろもろやその後も、同世代として、個人的には知りたかったりね。

 昨日は、取材。

20585

 歴史的な日だったけど、それとは直接関係なく。毎週行っているけど、角度が違う。

 

2020/09/15

「貧困対策の基本とする対応原理」とは

 今日も、朝から座談会原稿の今後の打ち合わせ作業を断続的に。あとはメール送り続ける。なかなか返事はこないけど。来月の骨格をつくって、再来月へだなあ。だけど、問題は解散・総選挙がどうなるのか。いったく潮は引くのかなあ。いやあ、まだまだだなあ。組閣だけを見ていると、早期解散があってもおかしくない感じはするけどなあ。厚労大臣とか、文科大臣とか見ていると……。読み切れないなあ。

 組閣は気になるけど、つまんないと言えば、つまんない。困ったもの。

 そういうなかで、松本伊智朗さんの論文を読んでいて、次の一節が気になった。

 明治維新後に出され昭和初期まで続いた、貧困救済の基本法規である恤救規則は「済貧恤窮ハ人民相互ノ情誼ニ因テ其方法ヲ設クベキ」としたうえで「無告ノ窮民(家族や頼る人がいない貧困者)」に救済対象を限定している。貧困救済は家族や人々の相互の助け合いによるべき、つまり公的対応を原則として拒否したうえで、「身寄りのないもの」にのみ恩恵的な措置を認めている。明治憲法成立後、帝国議会において公的義務主義にたつ改正提案が前後3回に提出されるが、日本の「醇風美俗」である家族の助け合いの気風を壊す、依存心を助長し自助の精神を妨げるといった理由で拒否されている。同時期に強調されたのは「感化救済」という観点、すなわり勤勉や自立心を涵養するように貧民を感化(教育)することをもって、貧困対策の基本とするという対応原理である。

 菅さんの「自助・共助・公助」論は、個人のものではなく、自民党の決定である。そして、その自民党の考えは、この戦前の貧民対策の原理となにもかわっていない。驚くほど同じ立場に立っている。もちろん、これにたいし、国民のたたかいによって、権利性の拡充にとりくまれてきて、さまざまな前進が切り開かれていた。が、自民党政権は、つねにこの考えに立ち戻ろうとしてきた。そのせめぎあいが今も続いている。うーん。生活保護をめぐるいまの愛知の判決もそうだな。自民党の見解を、国民が支持しているか。ならば、この点でも、国民世論をていねいに変えていくような議論が焦点になるのかなあ。ここも、いまも、考えるべき考え方をめぐる問題でもある。

 相方からの写メ。

23101

 相方は、いま実習指導の巡回。昨日は函館、1日かけて根室に移動。そもそも支援学校は、街中になかったりするので、車による移動。1週間で1500キロぐらい移動している。結構、たいへんな仕事だなあ。写真は、風蓮湖のサンセット。

2020/09/11

新型コロナウイルス感染症に関連した影響の中心が、「収入の減少」へシフト

 今日も、座談会後半原稿作業を午前中から。ひっしで飛ばす。整理は三分の一ぐらいまではすすんだかなあ。今日は、午後から会議が続いたので……。こういう局面は、ちょっとイライラしてしまう(苦笑)。

 少しずつ涼しくはなっているんだろうけど、やっぱり暑いなあ。職場への行き帰りは、汗びっしょりになり、ヘトヘトになる。これから秋にかけて、どんな感じになっていくのかなあ。

 今年の後半に向けて、雇用のことをちゃんと考えたいと思ってはいる。なかなか、ほかの人がやってくれないし。「 新型コロナウイルス感染拡大の仕事や生活への影響に関する調査 」(一次集計)結果を眺める。

新型コロナウイルス感染症に関連した影響の中心が、「収入の減少」へシフト
― 雇用者の6割超、フリーランスの7割超が、「収入の減少に伴う生活への支障」が不安と回答
過去3ヶ月間(5~7月)の世帯全体の家計収支は赤字世帯の方が多く、フリーランスでは4割超が赤字に ―
「 新型コロナウイルス感染拡大の仕事や生活への影響に関する調査 」(一次集計)結果
( 6~7月の変化を中心に8月に調査 ・ 4月からの連続パネル個人調査 )
Ⅰ 「民間企業の雇用者」に対する調査結果より
<就労時間や月収に揺り戻し傾向がみられるも戻り切らず、時間減、収入減のままの者も多い>
<「在宅勤務・テレワーク」の実施日数が、急速に減少>
<直近の月収は4人に一人超、夏季賞与は約3割が、「減少した」と回答>
<休業手当は「半分以上が支払われた」人が半数超も、「まったく支払われていない」も2割超>ない」(24.0%)もそれぞれ2割超みられた。
Ⅱ 「フリーランスで働く者」に対する調査結果より
<4割超が、「業績への影響(売上高・収入の減少)」が継続していると回答>
Ⅲ 「全有効回答者」に対する調査結果より
<「家での食費」を「切り詰めている」割合も増加>
<「収入の減少に伴う生活への支障」等に対する不安は、世帯年収が低いほど高まる>

 不安の増大の背景には、長引く休業、廃業の広がり、そして、じわじわと雇止めも弱い層を中心に広がりはじめていることのあらわれなのだと思う。家での食費を切り詰める、事態は深刻でもある。おそらく、これが秋にかけて広がっていく。消費が低調だから、それがさらに加速されていくことになる。消費税減税が焦点になっていくゆえんだろうなあ。

 とりわけ弱い層にしわ寄せがくる。

 それで、『官製ワーキングプアの女性たち あなたを支える人たちのリアル』を買って読み始めてみた。

527893

2020/09/10

少人数学級のチャンス、だけどぼやぼやしていられないぞ

 今日は座談会後半原稿の作業。膨大な量だなあ。9月も過酷な作業。仕事がプレッシャーになっているのか、夢も何か、たたかっているような夢だった? しかも睡眠がよくないなあ。リラックス、リラックス。

 午後には、メディア関係の人からいろいろ話を聞く。たとえばテレビでは、テレ朝の問題とか、民放労連の新しい委員長の問題とか、いろいろとりざたされているのでいろいろ教えてもらう。いろいろ考えないといけない。大きくメディアを取り巻く状況はドラスティックに変化しているなかで、「経営」をめぐる問題も焦点になる。

 今日の朝の新聞では教育費の問題がとりあげられている。OECDの『図表でみる教育2020年版』と新型コロナウイルス危機の影響を分析したレポートだ。日本については「2017年では、日本の初等教育から高等教育までの公財政教育支出が一般政府総支出に占める割合は8%で、OECD平均の11%を下回っている」ということが注目されている。まあ、OECDだから、いろいろ言っているから、めんどうなんだけどね。
 関連して、教育再生実行会議初等中等教育ワーキング・グループ。少人数指導について、いろいろ議論される。
 WGが出した文章はこれだけど

そこには、「少人数によるきめ細かな指導体制の計画的な整備や関連する施設設備等の環境整備を進める方向で、当ワーキング・グループで議論するとともに、今後、予算編成の過程において、関係者間で丁寧に検討することを期待する」という表現しかない。従来どうりの少人数による指導だ。だけど、文科省の側や萩生田さんの側が、意図的に「少人数学級」ということを流している。官邸があえてそうしているのかもしれない。
 少人数学級の導入にむけ、大きなチャンスが生まれているのは事実。同時に、総選挙がとりざたされる。そのとき、新政権は、コロナ対策を大義名分にするかもしれない。補償がそうだけど、消費税とともに、この少人数学級が出されてくるかもしれない。そういう準備がすすんでいるとも読めないことはない。

 ほんとうに、野党は、相当踏み込んだ政権の姿、旗印が求められるぞ。ぼやぼやしていられないと思うなあ。

 

 

2020/09/09

「風評被害対策を具体的に」と注文 福島第一原発の汚染処理水処分巡り、茨城県知事ら

 先週収録した座談会原稿の整理を完了し、今月の企画の補充の相談、電話、さらに、次号以降の相談のメールと、ちょっとエンジンがかかってきたかなあ。仕事に、気持ちも傾斜していく感じ(苦笑)

 午後からは座談会の続きの収録、そして、その後半の原稿作業に入っていく。過酷な作業になっているけど、それもまた楽しい?ということにもなってしまうなあ(苦笑)。

118949905_3372416469485741_4311245955793

 うまく、暑さ疲れや、精神的な疲労をコントロールしましょうね。

「風評被害対策を具体的に」と注文 福島第一原発の汚染処理水処分巡り、茨城県知事ら(東京新聞)
 東京電力福島第一原発で発生した汚染水を浄化処理した後の放射性物質トリチウムを含む水の処分について、政府は9日、経済団体と茨城、千葉、宮城の3県の代表者4人から意見を聞く会合を東京都内で開いた。政府の小委員会がまとめた海や大気への放出処分案への賛否を示した意見はなく、「風評被害対策を具体的に示してほしい」と注文が相次いだ。 (小川慎一)
 4人はいずれも、処理水の放出処分によって「漁業を中心に風評被害が避けられない」と強調。日本商工会議所の久貝卓常務理事は「経済的補償のスキーム(枠組み)を示すことが必要だ」と指摘した。

◆千葉県副知事「現地で不安の声を直接聞いて」
 千葉県の滝川伸輔副知事は、昨年の台風被害と新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受ける中で、「農林水産業や観光業へのトリプルパンチになりかねない。現地に赴き、生産者や流通業者の不安の声を直接聞いてほしい」と求めた。
 ウェブ会議で参加した茨城県の大井川和彦知事は、「小委の報告書を既定路線とせず、地域社会や環境に、より影響の出ない方法が本当にないのか。検討結果を含めて、説明してほしい」と要請。宮城県の遠藤信哉副知事は、県議会が放出処分に反対する意見書を全会一致で可決し、県漁連が海洋放出の断固阻止を求めていることに言及した。
 トリチウムを主に含む水は、原発構内のタンクで保管中。東電は2022年夏ごろには保管容量が限界を迎えるとしている。

 汚染水の放出の問題で一番心配されているのがこの問題。なぜならば、農産物ですでに同じことがおこっているから。これまで、福島のコメは全袋検査をされていた。しかも、土に問題があるところでは商品用には生産されていない。そういう意味では、周辺の地域よりも、福島のコメのほうがはるかに安全だ。にもかかわらず、福島産米はあきらかに、価格が下落しているから。このことを解決しないかぎり、放出は許されない。つまり、風評被害が避けられないのだから、いまは絶対に放出すべきではないということ。

 いよいよ10年に向かう。いろいろ考えなければいけない。

2020/09/05

自助・共助・公助を強調 菅氏が総裁選政策集

 早朝仕事はもう、汗だくの汗だく。終わったあと、少し気持ちが悪く、少し横になった。なかなか、厳しい1日。結局、家で、座談会原稿に向き合う。膨大な量になっているし、取り扱う内容も多岐にわたるのでかなり時間がかかるし、なかなかすすまない。

20126

 暑くってしんどいし、いろいろ気持ちが晴れない。

 いろいろな集会の情報がなかなか伝わってこない。コロナ禍で、傍流の雑誌のところには情報がこないなあ。直前で知っても、なかなか、主催者の確認もとれないし。もっとも、仕事が忙しく、オンラインでも、思うようには参加できないんだけどね。

 ニュースを見ていても、気持ちが晴れない。テレビでは、この人がニュースをジャックした状態。あれこれと菅さんの姿を紹介し続ける。それはたぶん、虚像というか、ほんとうに一側面でしかないし、大事なことは伝えられていない。

自助・共助・公助を強調 菅氏が総裁選政策集(共同通信)
 菅義偉官房長官は5日、自民党総裁選で打ち出す政策集「自助・共助・公助、そして絆」を発表した。新型コロナウイルス危機の克服など6項目で構成。「地方の活性化、人口減少、少子高齢化などの課題を克服することが日本の活力につながる」と明記した。
 5日のメールマガジンで配信した。6項目は、コロナ対策に加え(1)縦割り打破なくして日本再生なし(2)雇用を確保、暮らしを守る(3)活力ある地方を創る(4)少子化に対処し安心の社会保障を(5)国益を守る外交・危機管理―とした。
 日米同盟を基軸とする外交・安全保障政策や待機児童解消、コロナ禍での雇用確保も訴えた。

 ここでいう、「自助・共助・公助、そして絆」は、どこまでも自己責任論なんだろうなあ。絆、暮らし、社会保障は、これまでと同じように、ごく限られた目玉政策をすすめることで、やっている感を演出する。そして、それは、全体としては国民の生活を支える財政支出への抑制にほかならない。財界や個別企業には財政出動して、経済効率をあげるような経済政策は引き続きすすめられるのだろうなあ。そんなことを感じさせる言い回しだなあ。
 では、どう菅さんの政治姿勢を明らかにしていけばいいのか?大きな課題だなあ。

 

2020/08/20

コロナ禍がもたらす貧困

 何というか、座談会原稿をさらにすすめています。もう、あまり時間がないので、一気にしあげます。昔なら、徹夜仕事でしょうが、いまはそれはちょっと無理ですけど。とにかく暑いですけど、その暑さも忘れて、仕事に集中です。最終局面のメールのやりとりもいろいろ。

 体にデキモノができて、嫌な感じ。熱がでなきゃいいけどねえ。どうだろうか?

 ここに来て、貧困がふたたびクローズアップされてきている。どんどん、歯止めもなく、広がりつつある感じで、今後が心配だ。映像は、昨夜のTBSで報道された、瀬戸さんたちのとりくみ。
7_20200820231201
 新型コロナにより、相次ぐ派遣切り。路上生活を強いられた若者は、住所がなく、特別定額給付金も受け取れません。技能実習生は仕事がなくなり、帰国もできない状態に。そんな生活困窮者を支援する団体に密着取材しました。
 自分がよくわかっていないことが多いなあ。ちゃんと、直視して、データもしっかり握らないとなあ。
 ただ、忙しい。

2020/08/14

歴史は多面的で、一筋縄では行かない

  今日は、朝から、パソコン関係のメンテナンスを少しして、その後は、ずっとインタビュー①に集中。インク切れで、印刷できず、仕事がすすまない(苦笑)。インタビュー②も射程に入れながら、仕事をすすめないとなあ。

 平井さんが、先日晩成社のことをFBに書いていた。乃南アサの『チーム・オベリベリ』も読んでみたいなあ。その晩成社が入植した大樹町は、比較的相方のところから近い。関心のあるところなので、少し、思ったことを書いてみる。

81aezqpyvl_ac_us218_

 晩成社は、いうまでもなく、帯広の礎をきずいた開拓の集団だ。たしかに、アイヌとの共存をめざし、助け、助けられたという関係だったという。集団の中心人物の一人は、アイヌの女性と結婚しているという。

19457_0

 ただ、アイヌの側に記録があるわけではない。はたして、アイヌの側はどう見ていたのだろうと考えてしまう。晩成社の事業は、失敗につぐ、失敗だったそうだ。そして、この当時、北海道全体としては、さまざまな形で、それは官に限らずに、日本の側は、アイヌの地の侵略者であったのはそうなのだと思う。そもそも、アイヌについては、文字がない分、記録に乏しい。本来ならば、より地域ごとに聞き取りの記録が整理され、それが全体として共有されていいような気がする。しかし、どこに行っても、そうたくさんアイヌの記録が保存されているわけではないのだ。素人考えでは、ウポポイ(民族共生象徴空間)なんかよりも、ほんとうは、そういう取り組みの方が必要なのではと思ったりするのだけどなあ。

 晩成社のつくった、マルセイバターのラベルが、現在の六花亭のマルセイバターサンドの包装の原型になっているのはあまりにも有名。その晩成社が入植した少し後に、十勝監獄ができている。その囚人たちの過酷な労働によってつくられた道路によって、晩成社でつくられたバターなどは運ばれている。晩成社の取り組みは、とても興味深い、さまざまな理想に満ちたものであったのだろう。しかし、そこでの事業は、囚人労働のうえになりたっていたことは、財閥の開発(安田善次郎のそれ)と変わるものではないのも事実。素人考えでは、そう思える。写真は、十勝監獄の石油庫。

19458

 ただ、歴史は多面的で、一筋縄では行かないということなのだろうなあ。

 

2020/08/10

優生思想と向き合う 戦時ドイツと現代の日本(1)

 今日の朝顔です。

20200810_081100

 さて今日は、超久しぶりのプライベートの日。いつからだ?

 暑い夏、どこに行くわけでもなく、食事と、近くの公園と。

Mago

 夜は、提稿作業と家事、そして、ハートネットTV

4_20200810220701

 この夏、旧優生保護法で不妊手術を強制された視覚障害のある女性が国に賠償を求める裁判を起こした。命の価値に優劣をつけ選別する“優生思想”に、私たちはどう向き合えばよいのか…。2015年にドイツを訪ねて戦時中の障害者迫害についての証言を集めた藤井克徳さん(日本障害者協議会代表)とともに、2回連続で考える。第1回は「断種法」(強制不妊手術)や「T4作戦」(大量殺りく)などの障害者迫害をたどる。

 日本における優生思想の根深さというのは、ほんとうによく向き合わければならないと、最近、とても思う。血統にかかわるような、優生思想というものが、やくにたたないものは排除するという能力主義と分かちがたく、むすびついて、展開している感じだな。

 ETVでは、この藤井さんの、ドイツの旅をくり返し放映しているけど、いろいろな事情があるにしても、それは必要で、大事なことでもるように思える。繰り返し、繰り返し考えなくてはいけないし、もっともっと深めなければいけない。この夏の1つの課題でもあるなあ。

2020/07/23

自然科学も、社会科学も、いろいろな議論を知りたいなあ

 わけのわからない連休の設定で、出張校正が真ん中4日間あくという不規則な日程。これまだ休みじゃない日が休みになって、朝から変な感じ。でもまあ、ほんの少しだけ、いつもより遅く起きて(30分ぐらい)、いろいろ準備をして、普通にテレワークに入る。まずは、来週の対談の資料読み。これは急がれる。午後からは、zoomでインタビュー。途中、通信トラブルもあり、ハラハラ、ドキドキ。そんなこんなで1日がすぎていくなあ。

 今日は、東京は366人、埼玉は64人と、感染はどんどん広がる様相。数についても、いろいろな議論があるけれど、普通に考えてまだ増えるんだろうなあと思う。問題は、もちろん、政治(政府)の側に、こうした事態にたいして、どうしようという具体的な意思が見えてこないことだ。だけど、だからといって、ボクら自身どうしたらいいのかよくわからないでいる。いつも思うのだけど、出されるデータが細切れで、実は、その数が意味することがよくわからないということがある。感染者の数、PCR検査の数、PCR検査がなぜ抜本的な拡大がなされないのか。医療ひっ迫の実情、その改善の見通しという前提的なデータもそう。

 同時に、そもそも、いま人の行動がどうなっているのかという以前、さんざん言われていたデータも出てこない。その行動の動向と感染の広がりとの関係はどうなっているのか? そもそも感染はどのように広がっているのかということについて、感染者の追跡というミクロなデータだけでなく、人の動きやその内容というマクロのデータも出てきてよさそうなものだけど。そもそも、現状もわからず、対策も、なんか手洗い、マスク、三密を避けるということだけを唱えるのって感じになっていく。わかんないなあ。日本の社会を分析する科学の水準って、そんなもんなのとがっかりしてしまう。

 ウイルス学的な議論も、テレビで報道されるのは、ちょっと一面的というか、表面的になってきている感じがする。コロナ感染の実際の中身って、ほんとうに報道されているぐらいのことしかわかわらいのかな。世界の広がりの動向との関係でも、いろいろ考えるべきことがあるんじゃないのって思えてくるがなあ。

 自然科学も、社会科学も、いろいろないまのしっかりした議論を知りたいなあ。そのなかから、いろんなことを考えたいなあ。

 さて、ALSの「安楽死?」問題のニュースも。 時事関係はまだまだよくわからないけどなあ。だけど、安易に、考えてはいけないなあ。単純に倫理や哲学の問題にもしてはいけないなあ。

20200723_144705

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30