政治

2017/09/21

スクープドキュメント 沖縄と核

 たまっていた夏のNHKのドキュメントを、先日の日曜日に一気に見たぞ。

Thum_01 45年前の本土復帰までアジアにおけるアメリカ軍の“核拠点”とされてきた沖縄。これまで、その詳細は厚いベールに包まれてきた。しかし、おととし、アメリカ国防総省は「沖縄に核兵器を配備していた事実」を初めて公式に認め、機密を解除。これを受け、いま「沖縄と核」に関する極秘文書の開示が相次ぎ、元兵士たちもようやく重い口を開き始めた。そこから浮かび上がってきたのは、“核の島・沖縄”の衝撃的な実態だ。1300発もの核兵器が置かれ、冷戦下、東西陣営の緊張が高まるたびに、最前線として危機的な状況に置かれていたこと、さらには、「核」の存在こそが、沖縄への米軍基地集中をもたらす要因となっていたという新事実・・・。
 1950年代から急速に部隊の核武装化を進めようとしたアメリカと、国民の見えない所に「核」を欲した日本、両者の思惑の中、“唯一の被爆国”の番外地として、重すぎる負担を背負うことになった沖縄。新資料と関係者への証言から、沖縄と「核」の知られざる歴史に光をあてる。

 まさにスクープドキュメントだな。知らないことも多かった。とくに前半の伊江島の模擬爆弾投下訓練や、核の事故、日米交渉での日本側の発言など息をのむ。後半の、メースBの発射直前の問題は、太田さんかだれかが書いていたような気がします。読んだことがある。だけど、それにかかわった当事者の発言が生々しいのだ。このあたりもさすがの取材力。もう沖縄がなくなるぎりぎりの局面にあったと。結局、日米政府が沖縄をどう位置付けてきたのかの証明でもある。そのこともまた、いまの沖縄のたたかいの正当性を裏づけるものだと思う。さすがNHK。

2017年09月21日の新聞社説

《朝日新聞》
森友・加計 どこが「小さな問題」か
所有者不明地 縦割り排して対策急げ

《読売新聞》
ロヒンギャ迫害 スー・チー氏は傍観続けるな
トランプ演説 北朝鮮の非道を世界に訴えた

《毎日新聞》
トランプ大統領の国連演説 北朝鮮は考え直すときだ
「森友・加計」素通り解散 大問題だから隠すのでは

《日本経済新聞》
東芝再建の迷走に終止符を打てるか
柏崎原発はもう一段の安全を

《産経新聞》
トランプ国連演説 北の核阻止へ決意みせた
「13歳少女を拉致」 大統領言及の機を逃すな

《東京新聞》
トランプ氏演説 脅して何を得るのか
東芝メモリ売却 責任問題はなお残る

 読売、産経が、あの恫喝のようなトランプさんの演説を天まで持ち上げる。それもまたすごいなあ。安倍さんの演説もまただけど。一方で、国連では、核禁止条約の署名がはじまった。その国連の場での対比がまたなんともなあ。
 国会をめぐる駆け引き。いよいよ選挙だけど、世論の動きといわれるが、勝敗を決するのは、実は、ある層の動向でもある。全体の有権者の動きでは決してない。そことの関係で、モリカケ問題は、実は大きな問題であったりする。そんなに簡単な選挙じゃないよ。どちらにとっても。

2017/09/20

「戦場体験」を受け継ぐということ

51rwwzbq6ll_sx343_bo1204203200_ 3年ほど前の本だけど、ふたたびじっくり読んでみた。著者の経歴がおもしろい。日航の元客室乗務員。その職場でのかかわりから、ビルマでの戦争の体験者と知り合い、過酷な戦場体験をもつ人たちによりそっていくことになる。こういう人たちから信頼を得て、きちんと聞き取るという仕事はとても大事だと思う。
 中国・ビルマ国境の戦争は、ほんとうに過酷だったと聞く。ボクはかつて、西野さんの「慰安婦」の本で知ったのが最初かな。その過酷さは、まず、補給のない日本軍のありようからくる、加害の行為として、住民の体験ということからうきぼりになるのだと思う。そのうえで、孤立する中で、ほんとうに過酷な全滅戦をたたかった人々。そして生き残った人々の人生からもいろいろ考えさせられる。たんに「靖国」にまいる人といっても、そこにある葛藤や思いと言うのは一様ではないし、いろいろ向き合わなければならないことがあると考えさせられるのだ。それが兵士の体験であり、日本の平和意識の一断面なのだから。襟をただして、考えなければならない、歴史がそこにはある。


保育園を呼ぶ声が聞こえる

512drrjlfol_sx343_bo1204203200__1 読みましたよ! うーん、なかなか衝撃的。待機児の問題の裏側で進む保育政策が、ここまで、子どもをふみにじったものであるのか、絶望的になる。ちょうど、障害児の問題について、いろいろ調べていたのだけど、かなりユニバーサルな政策だと言える保育で、こんな状況で、どうさまざまな課題に向き合っていくのかを考えると、ほんとうに絶望的になる。誰もが、おかしいと声をあげる、人権について、もっと語れる社会になるにはでしたらいいのか。
 だけど、まあ、ブレイディさんも猪熊さんも、基本、イギリス労働党への評価は甘い感じ? とりわけOfSTEDに対してはなあ。だけど、実は、激しい競争にさらされて、そういう面でも公正さが建前としてもとめられている社会を前提に、ならば、その評価制度は、できるだけいいものにということか。そういう意味で、外国との比較は難しいし、日本の特殊性と思っていたことが、実はちょっとちがったりなどなど、いろいろ考えさせられるわけで。
 やっぱり、大事なのは、対抗軸について、考えたり、発信したり、ちょっとでも合意をひろげていくような議論をどう積み重ねていくかということで、いろいろ考えないとなあ。


2017年09月20日の新聞社説

《朝日新聞》
10月衆院選へ 大義なき「身勝手解散」
基準地価 「実需」の先行き注視を

《読売新聞》
基準地価 商業地上昇を脱デフレの糧に
安保関連法2年 「北朝鮮対処」を支える土台だ

《毎日新聞》
70歳からの年金受給論 選択肢を広げた方がいい
ロヒンギャ問題とスーチー氏 人道危機の現状を改めよ

《日本経済新聞》
与野党は財政・社会保障で責任ある議論を
地価の回復が続くためには

《産経新聞》
教師の働き方 「本業」に力注げる改革を
衆院選と9条改正、公明は後ろ向き…議論回避の与党でよいのか

《東京新聞》
非正規格差訴訟 解消へ一歩前進した
衆院選10月に 「安倍政治」に下す審判

 安保法強行から2年。北対処をささえているそうだ(苦笑)。これで、どこまで憲法がふみにじられ、破壊されたのか。きちんと検証する必要があるなあ。それは、安倍さんの審判への中心点でもあるだろうしなあ。

2017/09/19

2017年09月17日から09月19日の新聞社説

2017年09月17日
《朝日新聞》
人づくり革命 言葉だけが躍っている
五輪開催地難 運営の抜本的見直しを
《読売新聞》
公認心理師制度 ケア充実に新資格生かしたい
日印首脳会談 海洋安保で戦略関係を深めよ
《毎日新聞》
東京都が禁煙条例策定へ 自治体こそ国の先導役に
日朝平壌宣言から15年 アジア安定の目標は不変
《日本経済新聞》
新たな選挙互助会では支持は得られない
ロヒンギャの救済へ実行を
《産経新聞》
年金支給漏れ 信頼回復へ調査徹底せよ
小泉訪朝15年 長く残酷な日々に決着を
《東京新聞》
週のはじめに考える 負の歴史に学んでこそ

2017年09月18日
《朝日新聞》
年内解散検討 透ける疑惑隠しの思惑
年金支給漏れ 組織も業務も見直せ
《読売新聞》
教師の過労対策 雑務を抱え込む慣行なくそう
郵政株追加売却 企業価値高める展望が必要だ
《毎日新聞》
京都への文化庁移転 地の利生かした新機軸を
人づくり革命と人生100年会議 看板変えて何をするのか
《日本経済新聞》
広がる「観光公害」へ対策を急ごう
生保選びの眼力が試される
《産経新聞》
敬老の日 尊厳を忘れぬ言葉遣いで
早期解散、危機克服への民意を問え 憲法9条などの改正めぐる議論も必要だ。
《東京新聞》
敬老の日に考える 聴かせてよ、宝の言葉

2017年09月19日
《朝日新聞》
新幹線の整備 熱に浮かされるな
安保法2年 政府任せにはできない
《読売新聞》
五輪チケット 高値転売の防止策を講じたい
衆院解散意向 首相は具体的争点を明示せよ
《毎日新聞》
クルド人自治区の住民投票 独立への願いは理解する
首相が「冒頭解散」を検討 国民が見くびられている
《日本経済新聞》
首相は何を争点に国民の審判を仰ぐのか
薬物汚染への警戒を強めよう
《産経新聞》
ロヒンギャ難民 指導者は批判に耳傾けよ
電気自動車 勝ち残る体制の整備急げ
《東京新聞》
安保法成立2年 越えてはならぬ一線

2017/09/16

突然消えた和久田麻由子アナ ”有事”に軽視される女性キャスター

 たしかになあ。これは、ちょっとなあ。

突然消えた和久田麻由子アナ ”有事”に軽視される女性キャスター(yahooニュース) 水島宏明

 今朝(9月15日・金曜日)、NHKの朝ニュースの顔である和久田麻由子キャスターが番組の途中から突然、消えた。
 そのまま、彼女は2度と画面に戻ってくることはなかった。
 北朝鮮がミサイルを発射。7時1分に政府が「Jアラート」を発令したことで和久田さんが画面からいなくなってしまったのだ。 

NHK「おはよう日本」7時台、番組の冒頭で今朝も和久田アナが笑顔で登場していた。
 この日も冒頭はいつも通りにキャスター陣が挨拶。ニュース担当キャスターの高瀬耕造アナ、和久田麻由子アナ、スポーツ担当の上原光紀アナがそろって笑顔を浮かべた。
 ところが1分後に「Jアラート」が発令されて、画面は「国民保護に関する情報」という黒画面になり、そのまま放送も「有事」のような体制になった。途中で高瀬アナが一瞬登場することがあるが、女性はいっさい出てこない。
 官邸の記者もスタジオで解説する政治部や国際部のデスクもソウルや北京、ワシントンなどの特派員ら出先の記者もみんな男性だけ、なのだ。北海道から中継する記者も含めて男性しか登場しない。
 ニュースを読む信頼性が高いからメインキャスターになったはず。それなのに和久田さんはなぜ消えてしまったままなのか。和久田さんはおろか、女性はアナウンサーも記者も登場せず。朝ドラの「ひよっこ」も「あさイチ」も中止になった。

実は8月29日の「おはよう日本」でも和久田さんは途中から姿を消していた。
……

 しかし、まあ、なんでこんなことが! そもそも、政治に近い場面を扱う番組では、いつも男性がメインで、女性が出ても、添え物というか、アシスタント扱いと言う感じがNHKはありありだからなあ。社会部系の報道の現場では、こんなことはないのだろうけど。政治に近くなればなるほど、こういうことが蔓延するのだろうなあ、たぶん。ちょっとなあ。きどいなあ。NHK。

2017年09月16日の新聞社説

《朝日新聞》
北朝鮮問題 日本外交の役割拡大を
旧姓使用拡大 小手先対応では済まぬ

《読売新聞》
年金支給漏れ 制度への信頼がまた揺らいだ
北ミサイル発射 日本通過の常態化は許されぬ

《毎日新聞》
感染広がるO157 食中毒対策の基本徹底を
再び列島越えミサイル 発射の常態化を許すまい

《日本経済新聞》
北朝鮮への圧力増す外交努力をさらに
中小を圧迫する商慣行改めよ

《産経新聞》
アメリカザリガニ 自然界に放すのはやめて
北ミサイルと国連 異常性を世界に知らせよ

《東京新聞》
離党相次ぐ民進 前原氏は再生の先頭に
北ミサイル通過 危機の長期化に備えよ

 もうちょっと、緻密な議論、緻密な批判をしないとなあ。感じだけじゃだめだということ。

ハンセン病刑務所、保存断念 隔離政策の象徴解体へ

 うーん。これは……。

ハンセン病刑務所、保存断念 隔離政策の象徴解体へ(朝日新聞)

 国内でただ一つのハンセン病患者専用の刑務所として使われた「菊池医療刑務支所」(熊本県合志市)。約20年前に閉鎖された元庁舎が、姿を消そうとしている。現地で学校の建設計画が進み、熊本地震で安全面への不安も生じたため、元患者らが保存を断念した。
 国内最大のハンセン病療養所・菊池恵楓園の向かいにあるコンクリート造り2階建ての白い建物。1986年に建て替えられた菊池医療刑務支所の元庁舎だ。
 53年に熊本刑務所の支所として設置された。同年にできた、らい予防法に基づく隔離政策やハンセン病への偏見から、犯罪に関わった患者の受け入れを一般の刑務所が拒んだことなどが背景にあったとされる。
 当時の宮崎松記・恵楓園長は手記「癩(らい)刑務所の出来るまで」(53年)に、こう記した。「癩(らい)患者の犯罪があつた場合も、警察や検察当局では矢張(やは)りこれを非常に怖(おそ)れ嫌がり、又(また)一方刑務所の方でも健康なものと一緒に収容することは困ると(中略)療養所に送り込まれることが屢々(しばしば)あつた」
 菊池恵楓園入所者自治会長、志村康さん(84)は「ハンセン病専用の刑務所がつくられること自体、当時の根強い差別や恐怖心を表している」と言う。法務省によると、らい予防法廃止に伴い97年に閉鎖されるまでに計171人を収監。記録に残る限り、54年末には最も多い19人の患者がいた。
 旧庁舎では、ハンセン病患者を隔離した場所で裁く「特別法廷」もたびたび開かれた。48~72年の95件のうち、同支所と恵楓園で35件。患者とされた男性が無実を訴えながら殺人罪で死刑になった「菊池事件」の裁判も、ここで行われた。
 閉鎖後、刑務支所の元庁舎の建物だけを残し更地になった。管理する九州財務局は2008年、隣接する菊池恵楓園の旧宿舎跡地と併せて競売にかけた。だが恵楓園入所者らが厚生労働省などに保存を要求。元庁舎の土地は対象から外れた。そのほかの土地約5万6千平方メートルについて、地元の合志市が小中一貫校の建設用地として取得を要望。18年中に九州財務局との売買契約がまとまる見込みだ。
 恵楓園の入所者は、刑務支所を運営した法務省などに対し、ハンセン病の歴史を学ぶ場として元庁舎の有効活用を求めたが、国は保存に動かなかった。老朽化が進み、昨年4月の熊本地震後は外から見えるひびも入った。学校建設が進めば校庭に元庁舎が残ることになり、入所者自治会は「子どもの教育環境を大事にしたい」と、解体もやむを得ないとの結論を出した。
 6月に東京であった厚労省との協議で、志村さんは元庁舎の保存を諦める方針を伝えた。そのうえで、跡地にモニュメントを建てることや獄舎の一部を恵楓園の資料館に展示することを要望した。「ハンセン病だけの刑務所をつくったのは、世界で日本だけと再認識してほしい」と訴えた。
 自治会副会長の太田明さん(73)は「差別が起きていた証拠が一つ失われることになり、残念だ。新しくできる学校では、ここがどういう場所であったのかを学び、考える機会を設けてほしい」と話した。……

 ハンセン病問題はまだ終わっていない。「特別法廷」の「菊池事件」をめぐる裁判もはじまったばかりなのに。
 「負の遺産」に対して、もっと向き合うべきだ。そうしてこそ、人権が花開くような日本になっていけるはずなのに。全生園だって、貴重な「負の遺産」が、朽ち果てるばかりになっている。そのことは、ボクらの人権の未来と表裏一体。ボクら自身の問題として考えないといけないと思う。

2017/09/15

米イージス艦に洋上給油 日米一体化把握できず 新任務非公表

 これも立派な挑発行為。

米イージス艦に洋上給油 日米一体化把握できず 新任務非公表(東京新聞)

 海上自衛隊の補給艦が安全保障関連法に基づき、日本海で北朝鮮の弾道ミサイル防衛(BMD)に当たる米イージス艦に洋上給油をしていることが、政府関係者への取材で明らかになった。海自が五月に実施した「米艦防護」に続く安保法の新任務だが、政府は米軍の意向を踏まえ、いずれも公表していない。国民が実情を把握できないまま自衛隊と米軍の一体化が加速度的に進み、専門家からはリスク増を懸念する声が上がる。
 昨年三月の安保法施行で、自衛隊から米軍への物品提供や輸送任務の対象が拡大。こうした任務の前提となる改定日米物品役務相互提供協定(ACSA)も今年四月に発効し、給油を実施した。
 河野(かわの)克俊統合幕僚長は十四日の記者会見で、改定日米ACSAに基づく物品供与は認めたが、「米国の行動に関わる」として、洋上給油をしたかどうかも明かさなかった。
 五月に太平洋上で実施した米艦防護でも、政府は公式には認めておらず、政府関係者は「米国が公表しないよう強く求めている」と強調する。しかし、政府が自衛隊と米軍の動向を説明しないまま安全保障を巡る情勢が緊迫化し、集団的自衛権を行使する事態となる可能性もあり得る。
 学習院大法科大学院の青井未帆教授(憲法学)は「国民の知らないところで、後戻りができないぐらい米国との深いつながりができている。軍事的な緊張が強調される中、情報を持たない国民が正しい判断ができるのか。自衛隊員だけでなく国民のリスクも増してしまう」と訴えた。

◆共産・志位氏が批判「国民知らず発動は危険」
 共産党の志位和夫委員長は十四日の記者会見で、海上自衛隊補給艦による米イージス艦への安全保障関連法に基づく洋上給油に関し「国民に全く知らされないまま発動された。一部のメディアが報道し、後から分かってくる。大変危険な動きだ」と批判した。
 同時に「万が一、米国と北朝鮮が軍事衝突し、日本が当事国に引き入れられれば、日本に戦禍が及ぶ」と指摘。「平和的努力こそ政府がすべきことだ」と強調した。

 もうここまで、アメリカと言ったの軍事行動をはじめているということ。ほんとうにどこまでも戦争する国に近づいている。これはたいへんなこと。しかも国民に隠されている。そこには、国民を従わせるという国家の意思がはっきり見えてくる。これはなあ。

より以前の記事一覧