政治

2021/03/08

『日米安保と砂川事件の黒い霧―最高裁長官の情報漏洩を訴える国賠訴訟』

 今日は、午前中は会議。今日は時差通勤なしで出勤したけど、電車は混み混みだなあ。昼からは、インタビュー①原稿。9割かなあ。明日には完成しよう。

 しかし、まあ、ネットと付き合うのはしんどいなあ。とくに有名な人は、あんな普通の発言でも、あそこまで叩かれるのかと、唖然と来る。リベラルな発言は、徹底して叩く対象というしかけがつくられている感じだなあ。一つひとつつきあうのは、相当しんどい。ネットが大きな比重をすめる社会のなかで、いかに生きるかは、あらためて相当しんどいことなのだと、あらためて考えるし、どのように生きていくのは、ほんとうに考えなきゃいけないと思う。うーん。

 さて、本の感想を1つ。吉田敏浩さんの『日米安保と砂川事件の黒い霧―最高裁長官の情報漏洩を訴える国賠訴訟』

51ggaihvql_sx338_bo1204203200_

 1959年、米軍基地拡張に反対した砂川闘争をめぐる事件の裁判では、最高裁長官が、判決前に米国大使に情報を漏洩するなどの不公正があったことが米解禁秘密文書で明らかになっている。政府はその一部をみとめたものの、いまだ全容は隠ぺいし続けている。たたかいは砂川事件の被告による国賠訴訟へと引きづがれている。

 この砂川事件の最高裁判決は、その後、統治行為論として、基地をめぐる裁判に大きな影響をもち、安保法体系を不可侵なものとしてきた。さらには、集団的自衛権の行使容認の際には、合憲の根拠にも悪用されたのは記憶に新しい。この判決は、いまなお安保と密約によって成り立つ対米従属・基地国家の根本を問ううえでポイントになっているだ。本書は、その急所をついて、生き生きと描き出した良書だと思う。絶対推薦します!

2021/03/07

「原発事故“最悪のシナリオ”〜そのとき誰が命を懸けるのか〜」 大日方さんの最終講義

 今日は、まず、朝から掃除をしっかりとした。部屋のほこりとりから拭き掃除までと、風呂、洗面所、トイレ。ついでに、玄関を洗剤でゴシゴシ。だいぶきれいになった感じ。掃除はやれば気持ちがいいのだけど。さて、それから、インタビュー①原稿に。一定の整理をすすえたという感じ。7割程度の進行。もうひと頑張りだ。

 昼過ぎぎから大日方純夫さんの最終講義・フォーラムを聞く。

20210307

 教科書問題から3国共通教材づくりのとりくみがテーマ。歴史修正主義を政治がおしすすめる時代になって、そのなかでの歴史学の役割を身をもって実践された方だな。自分も東アジアの歴史フォーラムには、参加したこともあるし、当初はよく取材していたなあ。韓国の人の議論や、中国の人の議論を聞かないと、この活動の意義と苦労はなかなかわからない。だけど、うちのような貧乏雑誌だと、海外取材はとても無理だし、きちんと系統的に付き合い切れてないのが情けない。自分の仕事が中途半端で申し訳ない。そんなことも思い出しながら、大日方さんのお仕事から、もっと学ばなきゃと思った次第。

 いよいよ、3・11の番組が並び始める。昨日から今日にかけて、いくつか見始めている。たとえば、昨日のETV特集。

「原発事故“最悪のシナリオ”〜そのとき誰が命を懸けるのか〜」

6_20210307232601

原発事故は、最悪の場合この国にどんな事態をもたらすのか。その時、何をなすべきか―。東京電力福島第一原発事故発生直後から官邸や米軍、自衛隊などが、それぞれ極秘裏に「最悪のシナリオ」の作成に着手していた。番組では、菅元首相、北澤元防衛相など総勢100名以上に独自取材。浮かび上がってきたのは、「誰が命を懸けて原発の暴走を止めるのか」という究極の問いだった。放送枠を30分拡大するスクープ・ドキュメント。

 あの事故とはいったい何だったのか。どれほど危険だったのか。もうすっかり風化した感じもあるけれど、やはり想像を絶する「危機」のなかにボクらはいて、政治はいかに無力だったのか。「安全神話」のもとで、無責任にすすめられた原発政策のありようは酷く、民主党政権はなすすべもなかった様子がわかる。それでも、原発をすすめる現政権の恐ろしさ……。

 一連の番組をみていて、ほんとうに恐ろしさを感じるなあ。

2021/03/06

「〈オンライントークイベント〉いま、教育の未来をめぐる「対話」を ―不易vs流行の二項対立を超えて―」

 今日は早朝仕事スタート。二度寝したかったけど、やっぱり難しい。けっこうつらい日。まずは、インタビュー①からスタート。

20210306_130501

 でも、午前中は、「〈オンライントークイベント〉いま、教育の未来をめぐる「対話」を ―不易vs流行の二項対立を超えて―」を聴く。最近ご活躍中の石井先生と、Edtechの中心人物浅野さん。あまり聴くことのない対談。浅野さんは、アジテーターでどんどんしゃべっていく。しかし、まあ、教育のことを語るというのはいかに難しいのかということを痛感させられる。一方で、浅野さんは、経済の論理だから、ある意味でわかりやすい。効率と、割り切り。ある一つの事象をもって、実証されていなくても、乱暴に主張を展開するかなり乱暴な議論。そこからは明らかに切り捨てられることが多い。教育とは目に見える過程と結果だけではない。その裏側にあるいろいろなことが切り捨てられているという感じがする。もっとも見えないのが、子どもの発達の道筋。浅野さんは、学習者を中心にというのだけど、ここが見えないから、その議論は自己責任論に結びつきそうな感じがする。
 「教育改革」をめぐる議論は、さまざまな議論が交錯する。プレイヤーも多い。そういうなかで問題の所在は複雑だ。だけど、こういう議論の聞き手、発言者は、民間の教育関係者であったり、学校でも管理職であったり、官僚であったりする。子どもや保護者はもちろん、実際の授業をすすめる教師が出てこない。これがいちばん日本的。教師を政策の議論に参加させないのだよなあ。議論の筋道としては、もちろん石井さんに共感するのだけど、でも……。
 ICTとかが扱われるし、さまざまな新しい技術や、担う団体、システムも出てくるから、新しいように見える。でも、これを支えているのは、実はものすごく古い世界観、教育観だったりする。大事なのはそういう教育観をめぐる問題であったり、学校論であったりするのだろうと痛感させられるのだけど、だけど、対抗軸が見えないのはやはり、問題を構造的に分析する、そういう方法と議論のなさからか。いや、教育を議論するうえでの課題みたいなものは、何となく、問題意識がもたげてくる感じはするのだけどなあ。などなど。

20210306-1

2021/03/05

「沖縄・コロナ禍の女性たちはいま」

 昨日も今日も、インタビュー①原稿整理が基本作業。やっと、折り返しか。昨日は、インタビュー②の内容のやりとり、今日は、インタビュー③の内容の相談の打ち合わせ。今日は、会議も1つ。

 なんだかんだで、一度国会へ。

20210305_151159 20210305_153102

 帰りに、今日は山宣が殺された日なので、その虐殺の場に。

20210305_160218

 京都の墓前祭には立民の国対のみなさんからあたたかいメッセージがあったそうだ。写真は、京都の渡辺委員長のFBから。

157185611_1577264842664621_4647075934694

 今だからこそ、山宣から学ぶことは多い。昨年の、安住・原口・穀田鼎談を思い出す。そういう意味でも、いろいろ思いのある日となる。

 よるは、オンラインイベント「沖縄・コロナ禍の女性たちはいま」を聞く。

5_20210305230101

 上間さん、しんぐるまざーずふぉーらむの秋吉さん、そして、糸数さん。なかなか、充実した1時間半。沖縄の女性たちは、今日の議論の最後の方で上間さんが、自己責任以前と言っていたような、古い男社会が残っている沖縄で、苦労されているが、ものすごい力を発揮している。すごいなあ。ストレートに直球を放り込む糸数さん、ものすごくよく考えて、いろいろ先回りもして発言する上間さん、そして、実践の最前線でがんばる秋吉さん。コロナ以前からの沖縄の女性の貧困と生きづらさと、コロナ禍の沖縄の女性たちの困難と。そして、支援者たちがどのように寄り添い、伴奏しているのか。こんな困難のもとで、行き抜いてきてありがとう! そして、生き延びよう! いやあ、参りました。岡野さんの「ケアの倫理」を反芻しながら、自らの反省をくり返しながら聞いていました。はい。

 

 

2021/03/03

総務省接待問題、NHK役員とも会食判明 前田会長「適切と確信」

 今日も、インタビュー①原稿の作業。時間がかかるタイプの人。しゃべっていることが、1つひとつの文章としてしゃべるのではなく、いくつかの文章を、くっつけてしゃべるタイプの人。こういう人の整理は時間がかかる。ただ、内容はおもしろい。内容のおもしろさと時間がかかるのとは、かならずしも相関関係にはないのですけどね。

20210303_090847

 あと、今月のインタビュー③とそのほか原稿の発注の電話での相談も。来月以降の企画のための準備作業ができればいいんだけどなあ。なかなか、そこまでがんばれない。なかなか、矛盾は解決しないなあ。むしろ、状況は悪化し、いろいろまずいことにもなりかねないなあ。こまったこまった。

 ただ、今日は、カーテンがやってきた。レースのカーテンがぼろぼろになって、買い替えた。今住んでいるところに引っ越してきて、ちょうど25年だな。カーテンは一度も変えていないから、レースのカーテンも25年かあ。分不相応な当時で築5年弱の分譲団地に引っ越し、当時はいきおいだな。今度買ったレースのカーテンより、ずいぶんいいものだった感じがする。当時は4人。でも今はぷー太郎の二男と二人。実質、寝室、書斎書庫、リビングの三室も、ボクが使っている感じ。まあ、単身赴任中の相方も、1LDKに、アパートからすぐの職場に個人研究室だから、同じようなもの。問題は、ふたたびいっしょに住むようになったときだな。

20210303_104644 20210303_104927

 なんか、菅息子疑惑から端を発した総務省の問題は、ものすごく大きな疑惑に発展しそうな感じがするなあ。

総務省接待問題、NHK役員とも会食判明 前田会長「適切と確信」(東京新聞)
 総務省の原邦彰官房長は2日の衆院予算委員会で、菅義偉首相の長男正剛(せいごう)氏が勤める放送事業会社「東北新社」による総務省幹部への接待問題に関連して、調査した幹部ら12人のうち1人がNHK役員とも会食していたと認めた。現段階では野党側の要求を踏まえた確認作業のため、武田良太総務相は改めて「調査をさせる」と明言した。日本維新の会の足立康史氏への答弁。
 原氏は、会食していた職員の役職や氏名は伏せた一方、聞き取りに対して「(許認可事業者からの接待などを禁じる)国家公務員倫理規程に抵触する会食はない」と答えたことを明らかにした。他に2人が「記憶の限り、会食はない」、9人が「会食の事実はない」と回答したとも説明した。……

 とにかく、放送と通信の一体化という流れのなかでおこっていることだから、これは大きな重点政策にかかわること。それと、政治と放送をめぐる政権とNHKの関係の問題とはある意味、表裏一体だからこれはたいへん。まだまだ、その疑惑の姿は明らかではないけれども、今後、どんな展開をみせるのだろうか? いかも明らかに首相案件だろうしなあ。

 次の文春はNTTと総務省。こちらも首相案件という感じ。谷脇康彦氏は総務のNO2だということだしなあ。いやはや、どんなふうに展開していくのか。

 ところで、Jリーグの中止問題。Jリーグは今季、公式戦中止時の対応で、エントリー下限人数を満たせず、代替開催日やスタジアムの確保ができないなどの「チームの責めに帰すべき事由」がある場合、帰責されるチームは0-3で敗戦となるとするそうだ。今回のようなコロナではどのように判断されるのか。コロナでの罰則になると、それはまずいことになってしまいかねないなあ。大丈夫かなあ。

2021/03/02

 「遺骨が残る土砂を埋め立てに…絶対間違っている」ガマフヤー具志堅さんがハンストに込めた思い

 今日も、インタビュー①原稿の作業。ただ、朝から、次号以降の企画を考えたり、調べたり、その打ち合わせに行ったり、メールしたり、会議をしたりで、作業そのものにはあまり集中できず。ちょっと、明日あたりからはそうとう集中しないとなあ。ただ、疲れが取れていないからなあ。だけど、だからといって、あまり精神主義に陥らないように注意しないとね。

 今日は、時折、嵐のような強風が吹き、なかなかたいへんな一日でもあった。職場で作業していても、風の音が大きく聞こえる日だった。

 今日は沖縄のことが気になる日。

 「遺骨が残る土砂を埋め立てに…絶対間違っている」ガマフヤー具志堅さんがハンストに込めた思い(沖縄タイムス) 名護市辺野古の新基地建設を巡る本島南部からの土砂採取断念を求めている沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さん(67)らが1日、那覇市の県民広場でハンガーストライキを始めた。6日まで抗議の意志を示し、沖縄防衛局に計画断念を求めるほか、開発届けを出した業者への中止命令を玉城デニー知事が出すよう訴え続ける。

 具志堅さんは「沖縄戦戦没者の遺骨が残る土砂を埋め立てに使うのは絶対間違っている。基地に反対か賛成か以前の、人道上の問題だ」と指摘。県内外の人々や遺族に伝えるため決断したとし「家庭で1食だけでも抜き、戦没者の遺骨を守るという共感の意思を示してほしい」と呼び掛けた。

 本島南部は76年前の沖縄戦で軍民混在となり多くの人々が命を落とした激戦地で、未収集の遺骨も多い。防衛局は新基地建設の埋め立てで県内土砂調達可能量の約7割、約3200万立方メートルを糸満市と八重瀬町から採取することを計画している。……

 全国で、高齢の方が連帯のハンストをしていた。みなさんご無理のないように。ほんとうに沖縄の思いをふみにじる政治への怒りは募る。こんなことをしてまで、新基地が必要なのか。たまらない気持ちになるなあ。

 たまたまアナザストーリーの再放送で、「その時 沖縄は沸騰した~日米地位協定の波紋~」をやっていた。

4_20210302234201

 去年、この番組を見て、沖縄の連載を、県民大会25年にむけて、やってみた。ちょっと事情が重なり、予定通りにすすまなかったし(コロナは沖縄企画では痛かった)、さらなる事情もあり、ちょっと中断したが、そろそろ仕上げにかからないと。沖縄の思い、番組をみたときに考えたこともちょっと思い出した次第。

 いろいろ考える日でもある。

2021/03/01

「復興進んでいない」54.1% 避難区域設定の県内12市町村

 今日からインタビュー①原稿整理にとりかかるけど、たまっている実務を処理するのに、結構、時間がかかったりする。集中しないしなあ。しかたがないねえ。今日から三月。今日は、3・1独立宣言の日だけど、日本ではほとんど報道されることはないなあ。韓国では憲法の前文にも書き込まれているほど民族的な日なのに、これに対して、徹底的な弾圧をした側の国ではほとんど関心がもたれない。この時期の日本政府の弾圧は、ジェノサイトとも表現されるほどでもあるのに……。そんなことも、ちょっと考えてしまう。

 3月は、3・11の月でもある。すでに、3月ジャーナリズムという感じになりつつあるが、10年である。うちでも、この月にはいろいろ企画をする。もちろん、月刊誌だから、なかなかほかの月にやるスペースもないということもあり、年間行事ということでやっているわけではないのだけれども。今年も3月号では

特集
東日本大震災から10年
大災害の時代にどのように向き合うか
―コロナ禍の下で迎えた東日本大震災10年  岡田知弘
東日本大震災の復興行財政の検証と今後の課題
―大震災10年を考える           宮入興一
震災後10年の学校の変化を辿る       野坂 優
[岩手]一人一人のくらしと命を守り復興を―成果と課題
                     斉藤 信
[宮城]被災者置き去りの「創造的復興」から「人間の復興」へ
             日本共産党宮城県会議員団
[福島]終わらぬ福島原発事故と被害、原発ゼロの実現を
                     宮本しづえ

 さらに4月号でも企画を組んでいる。まもなくできあがってくるので乞うご期待!

 さて、その3月ジャーナリズムの記事。

「復興進んでいない」54.1% 避難区域設定の県内12市町村(福島民報)
 福島民報社は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から十年となるのを前に、双葉郡八町村の住民に対する聞き取り方式の意識調査と、双葉郡以外の県民への電話による調査を実施した。双葉郡八町村では、原発事故で避難区域が設定されるなどした県内十二市町村の復興が進んでいないと考えているのは計54・1%で過半数となった。復興に向けた最も大きな課題は、「避難した住民の帰還」が32・1%で最も多かった。原発事故による避難の長期化が深刻な影響を及ぼしている実態が改めて浮き彫りになった。

 双葉郡八町村の住民に対する聞き取り方式の意識調査で、避難区域が設定されるなどした双葉郡八町村と南相馬市、田村市、川俣町、飯舘村の計十二市町村の復興が進んでいると考えているかどうかを尋ねた質問に対し、38・0%が「あまり進んでいない」、16・1%が「進んでいない」と回答した。

 一方で「おおむね進んでいる」は28・5%、「進んでいる」は5・9%となり、進んでいると捉えているのは計34・4%だった。11・5%は「わからない」と回答した。……

 復興に向けての課題では「避難した住民の帰還」32・1%、「福島第一原発の処理水の処分を含む廃炉作業」26・6%、「帰還困難区域の解消」16・4%、「除染廃棄物の最終処分」10・5%、これに対し、「道路や堤防など社会基盤の整備」3・6%。住民が何に直面しているのかがよくわかる結果で、それはショッキングでもある。事故の後始末はまだまだ遠い。復興の入り口さえまだ見えないのだ。それをもう終わったことにしていこうという流れ……。オリンピックが意味することを、ほんとうに考え込んでしまう。

 たくさんのことを考えなければならない3月でもある。

20210213_165741

2021/02/28

「私立大東学園高校の取り組みに学ぶ」と「『コロナ時代の教師のしごと』―『一斉休校要請』から1年振り返り著者たちがゆるりと語る―」

 今日も、朝からインタビュー①の起こし作業。ちょっとゆっくりできればいいのだけど。今日は運動としては、その作業などの合間に、ビラ配布。配布よりも、ビラ折りのほうが時間がかかる。それがやっかいで、なかなか時間がとれない。それが厳しい。でも、ビラ配布はとりあえず終了。

 午後からは、全進研。「私立大東学園高校の取り組みに学ぶ」。大東学園の全体のとりくみ。新カリキュラム(教育課程)づくりの検討。ICT教育推進の検討。「三者協議会」の開催。大東のとりくみは、以前、中田康彦さんに、雑誌でもやってもらったことはある。もうずいぶんまえ。コロナ禍でどんな努力をしていたのか、いろいろきけてとってもよかった。

 話をきいていて強く思ったのは、コロナ禍で、学校の対応に大きな差が出たのは、実は、コロナの一斉休校のあとではないのか、ということ。そこで、どのように子どもに向き合ったのか。そのためには、休校のなか、学校が、教師たちが何を考え何をしたのか、さらに、その差は、やはり、コロナ以前からのとりくみの差にあるのだろうなと。そこが大事なような気がした。

 夜は、「『コロナ時代の教師のしごと』―『一斉休校要請』から1年振り返り著者たちがゆるりと語る―」。石垣さんと、内藤さんと、村越さんと、内海さん。ここでも、上記と同じことを感じた。学校がどうあるべきか、どんな学校をつくるのか、そのなかで教師はどういう役割を果たすのか、そのことをいつも考えていることがどれだけ大事か。

 おそらく、文科省と経産省の間にいろいろ矛盾が拡大し、学校のあり方がとわれるなかで、文科省そのものは、いろいろな顔をするようになっている。タカ派の顔ももちろんある。統制を軸にしながらも、自主的な対応も求めざるも得ない面もみせる。そのもとで、多くの教育委員会は従前の対応をしつつ、亀裂も生まれている。地方間格差、学校間格差がどんどんひろがったいくような感じもする。だからこそ、いま、問うべきことがあるのだと思う。そんな感想をもった。

 ベランダとお花で癒し。

20210228_140408

 

2021/02/27

「いのちのとりで裁判『大阪地裁判決に学び決起する集会』」と「もう、変えよう 『オトコ」目線のメディア」

 今日は、朝からインタビュー①の起こし作業。コツコツですねえ。その作業をすすめつつ、午後からは、2つのzoom取材。

 1つは、「いのちのとりで裁判『大阪地裁判決に学び決起する集会』」。小久保弁護士の報告を聞きながら、おもわず号泣だなあ。涙なしには聞けないたたかいの歩み。判決はきわめてシンプル。基準は、ちゃんとし統計のデータにもとづいておこなわければならないが、引き下げのデータとなった物価の統計のとりかたはきわめて恣意的で、違法だと。おお、白井さんの執念が結実した判決だ!! さまざまな論建ては採用されていないが、全体として追い詰めたのだと、小久保さん。うん、そうだよなあ。これだけ、説得力をつくりあげてきたものを、名古屋では見事に、無視されたのだから。当事者の人たちのトークもよかったし、そこから、支援者も含め、どんな連帯とたたかいをつくっていくのかもよくわかる。すごいなあ。稲葉さんの講演もよかった。ほんとに、1000人の原告、300人の弁護団だけど、たたかいそのものはある意味で、小さな、少数者のたたかい。それが大きく政治を動かしているなあ。だけど、まだまだ、生活保護は、多くの人が使うのを拒否する現状があり、その背景にはバッシングというものがあるし、そして、水際作戦がある。そこを動かすたたかいをさらにという思いは強くもった集会だったなあ。

 もう一つは、「もう、変えよう 『オトコ」目線のメディア」。メディア関係の労働組合によるイベント。こちらもおもしろかった。まずトークセッション1=受け手の「違和感」。市民、NPO関係者、研究者らがメディア表現で感じる「違和感」について報告。これに対して、学生たちがトークでからむ。この学生の発言がすごく勉強になる。ボクらの世代がもつ、経験主義というか、ある種の偏見がない彼女ら彼らの視点が、自分の視野の狭さを気づかせてくれる。トークセッション2=送り手が抱える違和感は、「送り手」であるメディアの現場で働く者たちが登壇。こちらもおもしろい。南さんはじめ新聞の現場の人の話も、そうだけど、いままであまり意識をすることのなかった、俳優の方の話や、週刊雑誌編集者の話は、あたりまえだけど、こんなものだと見過ごしているいろいろな問題を、すごく考えさせてくれた。そして、世界との差は、やはり愕然とするものがある。ああ、やっぱり、つねに、自分の視野を広げる努力をし続けないとダメだなあと痛感させられる一日。

 それぞれ、どう企画に生かすのか。すぐに考えないといけないなあ。

 結局、気分転換は、夕方の配達とお買い物だな。

20210227_171039

2021/02/26

「震災時以外にも起きていた朝鮮人虐殺―岩手矢作事件( 1932 年)を中心に」

 今日は、午前中から会議、そして、職場内部の学習会。いろいろ勉強する一日。それから、実務をやって、メールをいっぱい送る。思ったほどは、仕事はすすまないなあ。ふー。明日から、もうちょっと、がんばってみよう。

 夜は、藤野裕子さんの「震災時以外にも起きていた朝鮮人虐殺―岩手矢作事件( 1932 年)を中心に」を視聴。『民衆暴力』はすごくおもしろかったから、期待していた。

25069

 しかし、なかなか、オンラインにつながらない?? おかしいなあと思ったら、どうも発信元でトラブルがあったみたいで、20分以上遅れて、やっと入ることができて、それからはじまった。講演のなかみは超おもしろかった。岩手矢作事件というのは、あまりしられていない事件だけし、ボクもよく知らなかった。場所は、現在の陸前高田市。朝鮮人3人が虐殺され、19人がけがをしたという事件で、これが日本人と朝鮮人のあいだでおこった乱闘とされていたが、調査がすすむなかで、日本人による虐殺であったことがあきらかになったもの。その後の、調査研究をふまえて、この事件の意味することを考える。
 明るみになった事件の事実。日本人が朝鮮人飯場を襲撃。襲撃がどのように準備されたのか、どのようにおこなわれたのかもかなりわかっている。労働運動という面での要求に対して、民族的な報復ということがおこなわれた。強姦もおこなわれるなど、性暴力もあきらかに存在したのだけど、資料はあまり残っていない。そのことの意味も問いかける。講演では、企業、警察、地域社会の対応が紹介される。ここまでわかってきたのかと、驚かされる。それがなぜ乱闘とされ、襲撃・虐殺が隠されていったのか? この時代の位置とともに、明治以来の根深い植民地主義についても言及され、それに抗っていくためにも、資料を積み重ねる歴史研究の意義も話された。いやあ、満足満足の講演。できれば、こういう人と、いっしょに仕事したいなあとも、あらためて思ったけどねえ。いつか、実現できればいいなあ。


 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31