読書

2021/03/08

『日米安保と砂川事件の黒い霧―最高裁長官の情報漏洩を訴える国賠訴訟』

 今日は、午前中は会議。今日は時差通勤なしで出勤したけど、電車は混み混みだなあ。昼からは、インタビュー①原稿。9割かなあ。明日には完成しよう。

 しかし、まあ、ネットと付き合うのはしんどいなあ。とくに有名な人は、あんな普通の発言でも、あそこまで叩かれるのかと、唖然と来る。リベラルな発言は、徹底して叩く対象というしかけがつくられている感じだなあ。一つひとつつきあうのは、相当しんどい。ネットが大きな比重をすめる社会のなかで、いかに生きるかは、あらためて相当しんどいことなのだと、あらためて考えるし、どのように生きていくのは、ほんとうに考えなきゃいけないと思う。うーん。

 さて、本の感想を1つ。吉田敏浩さんの『日米安保と砂川事件の黒い霧―最高裁長官の情報漏洩を訴える国賠訴訟』

51ggaihvql_sx338_bo1204203200_

 1959年、米軍基地拡張に反対した砂川闘争をめぐる事件の裁判では、最高裁長官が、判決前に米国大使に情報を漏洩するなどの不公正があったことが米解禁秘密文書で明らかになっている。政府はその一部をみとめたものの、いまだ全容は隠ぺいし続けている。たたかいは砂川事件の被告による国賠訴訟へと引きづがれている。

 この砂川事件の最高裁判決は、その後、統治行為論として、基地をめぐる裁判に大きな影響をもち、安保法体系を不可侵なものとしてきた。さらには、集団的自衛権の行使容認の際には、合憲の根拠にも悪用されたのは記憶に新しい。この判決は、いまなお安保と密約によって成り立つ対米従属・基地国家の根本を問ううえでポイントになっているだ。本書は、その急所をついて、生き生きと描き出した良書だと思う。絶対推薦します!

2021/02/25

ケアするのは誰か?: 新しい民主主義のかたちへ

 今日は、来月のための準備の資料読み。どこまで、読めるかなあ、集中力続かないし、疲れていて眠いし。なんだかなあ。いろいろ世の中、変なというか、驚くような事件が続くし、その対処もどうするのか。いろいろ準備のための作業をじっくりしないといけないんだけど……。なかなかだなあ。

 勉強したい大きなテーマの1つは、「民主主義」だなあ。

25037

 なぜ、民主主義はこんなにも脆弱で、危機的な状況が生じるのか。多くの知識人が言及しているけど、まとまって、読み込んでみたいと思うのだけど。

 そのなかでも、実は、もっと問いかけなければいけないことがある。そのことを問いかけているのが、この本だな。

3_20210225231001

 読んでいて、ハッとさせられるというか、自分がきちんと自覚できていなかったことを突き付けられるという感じがする。ケアの歴史、源流。生きることそのものの意味を問うケア、それが人としての人生を豊かにする、にもかかわらず、なぜ、ケアは女性に押し付けられ、見下されてきたのか? ケアを問うことで、社会のなかで生きる自己のありようも問いかけることになるということか。ケアをめぐる民主主義のありようを問いかけることは、さらに、民主主義そのもの変えていく。ラディカルな問いかけが、格差と貧困が跋扈するこの世界・社会を変革するのだよなあ。自身の意識や立脚点そのものを揺さぶられるような本だったと思う。岡野さんの本は、難解で、これも難解だけど、そのなかで、比較的読みやすいなあ。何度も読み返して、深めたい感じがするけどなあ。何人かで討論してみたいなあ。こういうアンチ・ネオリベの先鋭な議論と、いまのマルクス主義の接点とか、接続のありようとか、そうでない点とか。そういうことも、いろいろ考えてみたい感じもするしねえ。興味は尽きない。

 まだまだ、まだまだ、勉強が足りませんね。あと、ちょっと、しっかり、休まないとなあ。相方に会いにも行かなくてはいけないし、孫①②にも会いに行かないとね。

2021/02/24

虚構の新冷戦 日米軍事一体化と敵基地攻撃論

 籠城2日目。まあ、順調に進行し、無事(かどうかはわからないけど)終了。さあ、気持ちを切り替えて、次の準備。猛烈に前を向かないとなあ。やっぱり、やばい状態だしねえ。がんばりましょう。まずは、いっぱい、資料を読みこなすぞ。はい!!!

 春は近いしね。いや、ほんとは寒いけど、目にするのは。

2497425007 

 いろいろ追及する中身が偏らないように、読む本も、もっと広げないと!

 とりあえず、ざっと目を通す。東アジア共同体研究所琉球・沖縄センター編『虚構の新冷戦 日米軍事一体化と敵基地攻撃論』。

 前首相が、次期政権に異例の申し送りをした敵基地攻撃能力保有。菅政権は、この言葉をたくみに避けつつも、実質的に装備面、能力面でそれを実現する方向性を決定し、軍事力強化に前のめりの姿勢をあらわにしているわけで、その問題を分析する。
 この本は、米中「新冷戦」の名のもとに、敵基地攻撃能力保有の危険を提示、この米中の軍事対決をあおる思考が、相互依存がすすむ国際社会においては誤っていることを明らかにする。また、米軍の中距離ミサイル配備や南西諸島ですすむ自衛隊の配備などの近年の動向を、事実とデータで明らかにし、日本ですすむ軍事化の危険性を訴える。鳩山友紀夫元首相をはじめ幅広い著者の主張は、戦争の危機を回避するのは軍事対決ではなく国際間の対話であるという点にあるのだ。

 ここ数日で、新書をけっこう買う。ここのところ新書は、中公が一人勝ちの感じがするなあ。なかなかの本がならぶ。 

 籠城はやっぱり疲れる。校正作業そのものもそうだけど、ほかにもいろいろ気を遣うし、傷つく。だけど、どうしても自分のしんどさが先に立つ。俗っぽく、ほんとうに自分は失敗ばかりなのに嫌な感情を持つ。まあ、それは仕方がないことなんだろうけど、できることならば、もっと私心なく、無心に過ごすことができればいいのになあ。こんな時代に、穏やかで、かつ、心豊かに生きるとはどういうことなんだろうねえ。

 

2021/02/13

1万歩、森差別発言、地震……

 今日は、インタビュー①を一気に仕上げて、発信。でもって、その後は、インタビュー②の準備。そんな一日。

 とりあえず、夕方は、週刊の新聞の配達を兼ねて、1万歩しっかり歩いた。かなり遠くまで。さすがに、足が痛い(苦笑)。

24692 24693 24694 

 配達先の近くに新しくできていた(もう、できてだいぶたつのかも)公園。これってホームレス対策かあ。

20210213_17182420210213_171851

 森さんの差別発言問題もあり、いろいろ本を読む。たとえば『よかれと思ってやったのに』とか、『足をどかせてくれませんか。』を読む。なるほど、どれほど理不尽なことが、女性の豊かな人生をふみつけているのか。そういう障害が会社にも、社会にも、構造的に存在しているということ。マクロな話だけではなく、ミクロな、細部にわたる理不尽がどれだけ蓄積しているかということ。そして、男性は、そのことについて、大枠、無自覚であるということ。

41c8kvdpjxl_sx347_bo1204203200_ 91ivmymxlxl_ac_ul320_

 地震揺れたなあ。3・11から10年。いろいろなことを思い出す。こわかった。3・11のこと、いろいろ考えているつもりだったけど、でもやっぱり、目の前の災害ということを実感すると、ちゃんと考えていたのかと問われている感じがする。被害がないように。

 

 

2021/02/04

よなばるまじくものがたり

 今日は、午前中はインタビュー①。いろいろ考えさせられるインタビューでした。この人、結構、ズバズバふみこんで政治的背景を腑分けしてみせる。よく考えているなあ。そのあとは、(大型)座談会①の原稿に向き合う。zoomでの収録だったのですが、一人だけ、通信環境が悪く、かなり途切れ途切れの発言を、いろいろこうだろうと考えもって、原稿をつくってみる。しかし、大事なことが凝縮されている発言が続く。

 ニュースを見ていると、ほんとにあきれるような事件が続く。森さんのことにしろ、首相の息子をめぐる事件にしろ、やっぱり官邸中心の政治の反映なんだろうなあとは思うけど、あまりにも、事件の内容がひどすぎる。政治はどうなっていくのか。だけど、正直言って、多くの人は、政治を引いてみている感じがする。もっと、政治を変える動きをつくらないといけないし、多くの人が政治について発言しようという気持ちになるような運動や議論をつくらないとなあ。ここをどうつくるのかが思案のしどころだな。

 思案という点では、議論のなかみということと、議論の形態ということの両面があるのだと思う。中身もほんとに考えなきゃというのは、痛感しすぎるほど悩んでいるけど、形態の問題も考えなきゃねえ。たとえば、動画。もっと、動画にしたしんでみようと思って、昼飯を食べた後、少し気分転換で、windowsについているビデオ作成ソフトがどんなもんなのかと、ちょっといじってみた。簡単にいろんなことができるんだなあと、びっくり。みんなyoutubeに走るわけだと納得。少し、動画作成に習熟してみたくなった。手身近にあった素材を、数分で組み合わせて、音楽をつけた動画をつくってみた(ただ、内容が孫①②のものなので、ここではアップできません)。ほんとうにいろいろ挑戦しなくっちゃ。

 夕方、とどいた絵本を読んだ。

1_20210204231301

 よなばるまじくとは、タイワンダイとよばれる鯛の仲間。金武湾や中城湾でとれる魚だそうだ。その魚と、聞得大君の悲しいものがたり。人のために生きる、虐げられた人の思いと、沖縄の海の美しさを感じさせるものがたり。与那原に伝わるお話だそうだ。孫①にはちょっと早いかな。そのうち、プレゼントするためにとっておこう。

2021/02/02

首相会見「予定の時間だから」49分で打ち切り 本紙7回連続で指名されず 緊急事態宣言の延長(東京新聞)

 今日は、会議準備からのスタート。いろいろ企画を考えたり、長い電話で相談したり。いまの菅内閣の行方をいろいろ意見交換。財界の動向とか、ブレーンのなさとか、いろいろと勉強になる。ただ、相手の携帯の電池切れで、ブチっと電話が切れた……。午後から、会議して、今後の企画の相談。いろいろ焦る事態。まだ、次の号の企画も決まり切っていないし、手を打たないとなあ。その後、研究会にも参加。その内容で、学んだことは後日書くことになるだろうけど。

 そこでも話題になったのは、斎藤幸平の『人新世の「資本論」』。これをほめる人がいるけど、ボクは読んでの感想をちょっとだけ書いておくと、あまりお勧めはしない。たしかに、グリーンニューデールだとか、SDGsの批判は切れがある。改良は改良にすぎず、社会全体の変革が必要だというのはそうだ。だけど、そこにいたる政治過程はまったく無視、ないし軽視しているのはいかがなものか。そもそも、脱成長というもののキーワードにして、そこにマルクスが晩年に転換したというのはちょっと無理がありそう。すくなくとも、きちんと議論しているとは思えない。よくいわれている物質代謝論にしても、日本ではかなり議論されてきたことだし、もっと言えば、マルクスそのものの理解が、かなり恣意的で、実証的ではない感じ。これまでのマルクス理解の積み重ねのうえにあるというより、自分の言いたいことがまずあって、そこにマルクスの個々の命題を押し込むというやり方はどうなのかなあというのが感想だけどなあ。最近、議論した、ある非マルクス主義哲学者の方も、斎藤さんのマルクス読みはいいとこどりと強調していたけど、同感。もちろん、彼自身の研究成果そのものは、評価されるべき面もあるんだろうけど、この人の議論は、きちんと、冷静にみたほうがいいような気がするのだけどね。あまり、英雄視しないでよね。まあ、素人の感想ということで。でもマルクスでいろいろ議論が巻き起こるのは歓迎だけどね。あまり、マルクス、マルクスというのが好きではないボクでもやはり嬉しいことではあるのだけど。

 さて、緊急事態宣言の延長。でも、ほんとうに、この首相は、まともに説明できない首相だ。

首相会見「予定の時間だから」49分で打ち切り 本紙7回連続で指名されず 緊急事態宣言の延長(東京新聞)
 菅首相は2日、首相官邸で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の期限を東京など10都府県で延長する理由を説明した。
 首相が「1か月後には、必ず事態を改善させる」と緊急事態宣言を発出した時の約束を裏切る形になり、質問を求める記者の手が上がっていたが「予定した時間」を理由に会見を49分で打ち切った。
 首相の会見は就任後7回目。本紙記者も手を挙げていたが、7回連続で指名されなかった。会見は首相が冒頭に発言し、幹事社が代表質問した後、司会が各社やフリーランスを指名した。

 政治とメディアの関係は、かつての夜討ち朝駆けで、番記者が役割をはたす時代から、記者会見というオープンな取材の時代になっているのが世界の流れ、日本でもそうあることが求められている。そのことを理解せず、気に入ったメディアを囲い、そして、気に入らないメディアを排除する形で記者会見がおこなわれる。だから、よけいに酷く、醜い姿を露呈する。

 いよいよ駅前のスーパーは閉店間近。

20210202_200402

2021/01/15

川村雅則ゼミナール『北海学園大学学生アルバイト白書2020』

 今日はインタビュー①。午前中はその準備をして、午後から、本番。とても、胸にささる内容、そして勉強になった。

 いろいろメールを送る。原稿をお願いしているみなさん、明日、明後日で仕上げるという返信が多かった。インタビュー①も講演改造①も、明日、明後日が勝負だな。

 川村雅則ゼミナール『北海学園大学学生アルバイト白書2020』がアップされていた。

139401446_3413485082083861_1528622636050

 コロナで、顕著にアルバイトが減少し、それが学生の生活を直撃している様子が手に取るようにわたる。オンライン授業で、課題が多くなっていることの大変さも。

 別の教員と話をしていると、いまの学生は予想以上にアルバイトで生活を支えているが、課題で、アルバイトとの両立が難しくなっているという話を聞いた。家にお金を入れている話も少なくないと。

 なかなか大変な実情がある。

 

2021/01/12

コロナ禍の東京を駆ける

 今日も電車は、かなり混んでいる、というかあまり変わっていない。よくよく考えたら、昨年春の緊急事態宣言のとき、かなり、リモートワークが広がったけど、終了後。だんだん戻ってきた。でも、リモートができるところは、そのまま、続けていたような気がする。だから、通常に戻った時も、以前と比べれば、やや、通勤電車の込み具合は減っていたのだと思う。そしていまは、それがそのまま続くているという感じ。つまり、これ以上は、そもそもリモートが難しい仕事や、相当な調整が必要な仕事なんだと思う。だけど、昨年のように大幅な休業もないわけだから、こうなっているのだと思う。なかなか難しいなあ。

 さてさて、今日は、仕事の調整をして、結局、インタビュー②は中止になって、急遽、講演改造①を設定。その講演原稿を起こす作業をバタバタと。いろいろ人生はうまくいかないのですよねえ。もう、ほんとにギリギリのところに来ている。

 さて、最近、読んだ『コロナ禍の東京を駆ける』の感想。これはおもしろかった。

34

 もちろん、ネットカフェから追い出された人たちの現状の厳しさも痛感する。福祉の貧困はもっと痛感する。それは、2つの面があって、従来からすすめられてきた水際作戦というのもあるけれども、同時に、携帯・スマホ時代になっての困難な人をとりまく状況の変化に福祉がまったく対応できていないということもある。つながりにいく若者(結局はいちばんの被害者になる)をどう見るかというのも学ぶところが多い。稲葉さんはクールだけど、そのパートナーの小林さんは熱いなあ! 佐々木さんの発想ととりくみはすごい!

 今日のひろしのぼっちキャンプ、むかし学童でいったキャンプ場だ。酒飲みのおっさんがおったところ。もう20年以上前だけど。
181001bochi2

2021/01/07

『ローザ・ルクセンブルク』

 わあ、という数字が今日も出ています。苦しいですね、これは、ほんとうに今年はどういう年になるのでしょうか? 厳しい材料しかありません。

 さて、今日は、メールで、今月追加の企画、来月企画の相談とお願いを各方面に。いろいろとやりとりをしてすすめている最中。そして、企画の資料読み。さて、これは、実を結ぶのかなあ。まあ、実を結ばないこともまた、いろいろな肥やしにはなるのですけどねえ。

 企画とはまったく無関係に、姫岡さんの『ローザ・ルクセンブルク』を読む。姫岡さんの本は、たぶん2冊目だけど。もっと読みたいとは思った。

33

 東ドイツやソ連の崩壊にもかかわらず、ドイツではいまでもローザ・ルクセンブルクは人気があるという。若いころ、映画を見たなあ。同じ監督と俳優の手で、ハンナ・アーレントがつくられているわけだけど。人気があるのは、大国や一部の政党の幹部の発言に追随するのではなく、あくまでも労働者の下からの声での革命と権力奪取をすすめようとしたことだというわけなのだと思う。ローザの考え方から見れば、いまのボクの立ち位置など、修正主義以外何物でもないなあなどと思いながら読み進める。まあ、もちろん、それはどんな歴史的な位置にあるのかで大きく変わるもので、そのような比較をしても意味はないのだけど、激しく熱烈で劇的な人生を送った彼女だけど、そして、今から見ると、その主張にはさまざまな矛盾が内包しているようにも見えるけれど、それがどのような時代のなかでなされ、その彼女の主張の核心にあるものとは何なのか、短い伝記なので、もう少し、この時代の政治と革命運動の歴史を学んでみたいと思った。女性であることをある意味で乗り越えようとしたローザではあるけど、それを女性史の研究者が描く、クラーラ・ツェトキンについて一節設けられているもの興味深い。

2021/01/06

隠された“戦争協力” 朝鮮戦争と日本人

 コロナ感染はさらに広がっています。思い切って、テレワークの量を増やそうかと、いろいろ考え込みます。編集の作業ですから、自宅でできることも少なくないのですから。取材のほか、さかざまな関係方面との連絡調整や、資料の収集など、調整がうまくつけることができれば、の話ですが、これができればそれにこしたことはありません。

 緊急事態宣言では、学校は休校にならないようです。ヨーロッパでもロックダウンで休校になる国と、学校は除外する国とに分かれているようです。最近の知見では、子どもは感染しにくく、させにくいとも言われていますが、確定的でないことも事実で、日本でも、不安を感じる人もいるでしょうし、最善の感染対策が求められます。いずれにしろ、きちんとした調査が求められますし、休校や活動制限が子どもに与える影響、家庭に与える負荷をきちんと調べて、そのうえでの議論と対策が求められるでしょう。オンライン授業にしても、どのような条件がさらにもとめられるのか、どのようにすすべればいいのか、対面との組み合わせをどう考えるのか、学年進行でどう考えるのか、しっかりした議論をしてほしいもの。そのためにも、中央だけで決めるのではなく、地方や学校に、いろいろな判断を任せていく状況をつくらなければいけないのは事実だと思います。

 そういうなかで、昨日も、またいやな夢を見たようで、朝から気持ちが重い感じでした。起きているときは、いろいろ忙しいですから、それにおわれるのですけど、寝ているときは、緊張と不安がどっと出るのかもしれませんね。結構、難しい問題です。

 今日は、電話での今月企画の調整と、あと、今月手打ちする企画のための本読みです。

 夜、「隠された“戦争協力” 朝鮮戦争と日本人」を見ることができました。たぶん、放映された一昨年の夏に、録画はしたんだろうけど、きちんと見なかったのかなあ。昨年、本にもなったこともあるけど、今日、再放送をやっていて、たまたまチャンネルを回していたらやっていたので、すぐに引き込まれてみた。

31 32


 「私は北朝鮮兵を殺した・・・。」1950年に勃発した朝鮮戦争の最前線で、戦争に関わっていた日本人の尋問記録が初めて発見された。歴史の闇に迫るドキュメンタリー。

「私は北朝鮮兵を殺しました・・・」。その極秘の尋問記録には、これまで隠されてきた日本人の“戦争協力”について告白が記されていた。1950年に勃発した朝鮮戦争。今回、米軍の支援に当たっていた日本人70人の尋問記録をアメリカで発見。朝鮮半島の最前線で、日本人が戦争に関わっていたという記録が初めて明らかになったのだ。尋問後、米軍は一切の口外を禁じ事実を封印していた。歴史の闇に迫るドキュメンタリー。

 掃海艇での参加と戦死というのは、国会での問題になり(質問主意書)有名だけど、最前線の話は衝撃的でもあった。後方支援や、米軍によりそう形での戦場に行き、最前線でたたかった日本人がいたのだ。戦闘に参加し北朝鮮兵を殺し、また、戦死した人までいた。その経緯はいろいろだが、米軍基地で働いていたことがきっかけなのだと。

 米軍との同盟関係で、戦争に協力すること、それがどんなことに導くのかがよくあらわれている。そして、米軍に軍属として、またともに戦場に赴いた人は、経済的な問題をかかえていて、そのために行ったということにも、今考える点があるのだと思う。この問題は、現在にも通じる問題で、9条はボクらが、実質化する努力なしには、その力を十分に発揮はしないということもよく考えるべきことだと痛感させられる。そんな番組だった。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31