平和

2021/03/08

『日米安保と砂川事件の黒い霧―最高裁長官の情報漏洩を訴える国賠訴訟』

 今日は、午前中は会議。今日は時差通勤なしで出勤したけど、電車は混み混みだなあ。昼からは、インタビュー①原稿。9割かなあ。明日には完成しよう。

 しかし、まあ、ネットと付き合うのはしんどいなあ。とくに有名な人は、あんな普通の発言でも、あそこまで叩かれるのかと、唖然と来る。リベラルな発言は、徹底して叩く対象というしかけがつくられている感じだなあ。一つひとつつきあうのは、相当しんどい。ネットが大きな比重をすめる社会のなかで、いかに生きるかは、あらためて相当しんどいことなのだと、あらためて考えるし、どのように生きていくのは、ほんとうに考えなきゃいけないと思う。うーん。

 さて、本の感想を1つ。吉田敏浩さんの『日米安保と砂川事件の黒い霧―最高裁長官の情報漏洩を訴える国賠訴訟』

51ggaihvql_sx338_bo1204203200_

 1959年、米軍基地拡張に反対した砂川闘争をめぐる事件の裁判では、最高裁長官が、判決前に米国大使に情報を漏洩するなどの不公正があったことが米解禁秘密文書で明らかになっている。政府はその一部をみとめたものの、いまだ全容は隠ぺいし続けている。たたかいは砂川事件の被告による国賠訴訟へと引きづがれている。

 この砂川事件の最高裁判決は、その後、統治行為論として、基地をめぐる裁判に大きな影響をもち、安保法体系を不可侵なものとしてきた。さらには、集団的自衛権の行使容認の際には、合憲の根拠にも悪用されたのは記憶に新しい。この判決は、いまなお安保と密約によって成り立つ対米従属・基地国家の根本を問ううえでポイントになっているだ。本書は、その急所をついて、生き生きと描き出した良書だと思う。絶対推薦します!

2021/03/02

 「遺骨が残る土砂を埋め立てに…絶対間違っている」ガマフヤー具志堅さんがハンストに込めた思い

 今日も、インタビュー①原稿の作業。ただ、朝から、次号以降の企画を考えたり、調べたり、その打ち合わせに行ったり、メールしたり、会議をしたりで、作業そのものにはあまり集中できず。ちょっと、明日あたりからはそうとう集中しないとなあ。ただ、疲れが取れていないからなあ。だけど、だからといって、あまり精神主義に陥らないように注意しないとね。

 今日は、時折、嵐のような強風が吹き、なかなかたいへんな一日でもあった。職場で作業していても、風の音が大きく聞こえる日だった。

 今日は沖縄のことが気になる日。

 「遺骨が残る土砂を埋め立てに…絶対間違っている」ガマフヤー具志堅さんがハンストに込めた思い(沖縄タイムス) 名護市辺野古の新基地建設を巡る本島南部からの土砂採取断念を求めている沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さん(67)らが1日、那覇市の県民広場でハンガーストライキを始めた。6日まで抗議の意志を示し、沖縄防衛局に計画断念を求めるほか、開発届けを出した業者への中止命令を玉城デニー知事が出すよう訴え続ける。

 具志堅さんは「沖縄戦戦没者の遺骨が残る土砂を埋め立てに使うのは絶対間違っている。基地に反対か賛成か以前の、人道上の問題だ」と指摘。県内外の人々や遺族に伝えるため決断したとし「家庭で1食だけでも抜き、戦没者の遺骨を守るという共感の意思を示してほしい」と呼び掛けた。

 本島南部は76年前の沖縄戦で軍民混在となり多くの人々が命を落とした激戦地で、未収集の遺骨も多い。防衛局は新基地建設の埋め立てで県内土砂調達可能量の約7割、約3200万立方メートルを糸満市と八重瀬町から採取することを計画している。……

 全国で、高齢の方が連帯のハンストをしていた。みなさんご無理のないように。ほんとうに沖縄の思いをふみにじる政治への怒りは募る。こんなことをしてまで、新基地が必要なのか。たまらない気持ちになるなあ。

 たまたまアナザストーリーの再放送で、「その時 沖縄は沸騰した~日米地位協定の波紋~」をやっていた。

4_20210302234201

 去年、この番組を見て、沖縄の連載を、県民大会25年にむけて、やってみた。ちょっと事情が重なり、予定通りにすすまなかったし(コロナは沖縄企画では痛かった)、さらなる事情もあり、ちょっと中断したが、そろそろ仕上げにかからないと。沖縄の思い、番組をみたときに考えたこともちょっと思い出した次第。

 いろいろ考える日でもある。

2021/02/26

「震災時以外にも起きていた朝鮮人虐殺―岩手矢作事件( 1932 年)を中心に」

 今日は、午前中から会議、そして、職場内部の学習会。いろいろ勉強する一日。それから、実務をやって、メールをいっぱい送る。思ったほどは、仕事はすすまないなあ。ふー。明日から、もうちょっと、がんばってみよう。

 夜は、藤野裕子さんの「震災時以外にも起きていた朝鮮人虐殺―岩手矢作事件( 1932 年)を中心に」を視聴。『民衆暴力』はすごくおもしろかったから、期待していた。

25069

 しかし、なかなか、オンラインにつながらない?? おかしいなあと思ったら、どうも発信元でトラブルがあったみたいで、20分以上遅れて、やっと入ることができて、それからはじまった。講演のなかみは超おもしろかった。岩手矢作事件というのは、あまりしられていない事件だけし、ボクもよく知らなかった。場所は、現在の陸前高田市。朝鮮人3人が虐殺され、19人がけがをしたという事件で、これが日本人と朝鮮人のあいだでおこった乱闘とされていたが、調査がすすむなかで、日本人による虐殺であったことがあきらかになったもの。その後の、調査研究をふまえて、この事件の意味することを考える。
 明るみになった事件の事実。日本人が朝鮮人飯場を襲撃。襲撃がどのように準備されたのか、どのようにおこなわれたのかもかなりわかっている。労働運動という面での要求に対して、民族的な報復ということがおこなわれた。強姦もおこなわれるなど、性暴力もあきらかに存在したのだけど、資料はあまり残っていない。そのことの意味も問いかける。講演では、企業、警察、地域社会の対応が紹介される。ここまでわかってきたのかと、驚かされる。それがなぜ乱闘とされ、襲撃・虐殺が隠されていったのか? この時代の位置とともに、明治以来の根深い植民地主義についても言及され、それに抗っていくためにも、資料を積み重ねる歴史研究の意義も話された。いやあ、満足満足の講演。できれば、こういう人と、いっしょに仕事したいなあとも、あらためて思ったけどねえ。いつか、実現できればいいなあ。


 

2021/02/24

虚構の新冷戦 日米軍事一体化と敵基地攻撃論

 籠城2日目。まあ、順調に進行し、無事(かどうかはわからないけど)終了。さあ、気持ちを切り替えて、次の準備。猛烈に前を向かないとなあ。やっぱり、やばい状態だしねえ。がんばりましょう。まずは、いっぱい、資料を読みこなすぞ。はい!!!

 春は近いしね。いや、ほんとは寒いけど、目にするのは。

2497425007 

 いろいろ追及する中身が偏らないように、読む本も、もっと広げないと!

 とりあえず、ざっと目を通す。東アジア共同体研究所琉球・沖縄センター編『虚構の新冷戦 日米軍事一体化と敵基地攻撃論』。

 前首相が、次期政権に異例の申し送りをした敵基地攻撃能力保有。菅政権は、この言葉をたくみに避けつつも、実質的に装備面、能力面でそれを実現する方向性を決定し、軍事力強化に前のめりの姿勢をあらわにしているわけで、その問題を分析する。
 この本は、米中「新冷戦」の名のもとに、敵基地攻撃能力保有の危険を提示、この米中の軍事対決をあおる思考が、相互依存がすすむ国際社会においては誤っていることを明らかにする。また、米軍の中距離ミサイル配備や南西諸島ですすむ自衛隊の配備などの近年の動向を、事実とデータで明らかにし、日本ですすむ軍事化の危険性を訴える。鳩山友紀夫元首相をはじめ幅広い著者の主張は、戦争の危機を回避するのは軍事対決ではなく国際間の対話であるという点にあるのだ。

 ここ数日で、新書をけっこう買う。ここのところ新書は、中公が一人勝ちの感じがするなあ。なかなかの本がならぶ。 

 籠城はやっぱり疲れる。校正作業そのものもそうだけど、ほかにもいろいろ気を遣うし、傷つく。だけど、どうしても自分のしんどさが先に立つ。俗っぽく、ほんとうに自分は失敗ばかりなのに嫌な感情を持つ。まあ、それは仕方がないことなんだろうけど、できることならば、もっと私心なく、無心に過ごすことができればいいのになあ。こんな時代に、穏やかで、かつ、心豊かに生きるとはどういうことなんだろうねえ。

 

2021/02/20

近代の日本は朝鮮で何をしたのか―日本市民の歴史認識を考える

 今日は早朝仕事スタート。早朝仕事後、なかなか二度寝はできない。だけど、睡眠時間が短いから、眠くって、だるくって、ダメージ大。なかなかやっかい。今日はそんなけだるい一日。残りの原稿の提稿作業と、著者校戻りの転記、そしてゲラ読みが中心。なかなか、あまりすすまない。
20210220_063600
 昼からは、2020度文化センター・アリラン連続講座<オンライン開催>現代韓日・朝日関係の「棘」―日韓基本条約(1965)の歴史的・現在的考察の第8回め、中塚明さんの
「近代の日本は朝鮮で何をしたのか―日本市民の歴史認識を考える」を聞く。

日清戦争・日露戦争で日本は勝ち、大国の列に加わる望みをとげた。世界の少数の侵略的帝国主義諸国のグループに日本は新たに加わった。日本の勃興は、片や朝鮮の没落を意味した。╶╴この事実を知らないのか、書かないのか。韓国・朝鮮への偏見が一面に広がる日本の "市民社会"の歴史認識を考える。

20210220-1

 御年91歳、今年92になる。すごいなあ。見事な講演。まずは、日本人の歴史観を問いかける。半藤一利さんのそれを、司馬遼太郎と共通する、明治観、アジア観を手厳しく批判する。最初から、なかなかしびれさせてくれる。ほんとうに根深いのだよなあ。世界の大きな変化にもふれながら、日本の植民地主義について語る。そのシャープさがすごいのだ。
 そして、十八番の東学農民革命の歴史的な意義について。それが韓国にとってもどんな意味があるのかを。
 勇気をもらった講演会。
 司会は愼ちゃんうさん。久しぶりにお話を聞いたけど、この人もシャープ!

 

2021/02/11

オンラインでの2・11集会

 結構、朝起きれない。やっぱり少々、お疲れモード。なぜか、夜うなされています。なんか怖い虫に襲われる夢とか???

 まあ、そんな中でも、今日はとにかくインタビュー①原稿を進行させる。これは一気にすすめないと。最新の政策動向への批判だけど、まだ、そんなに議論がなされているわけではないので苦労するところ。よくよく考えないといけないです。

 午後は、毎年なら、基本は日本橋公会堂での2・11集会に参加のところ。でも、今年はコロナで、WEBでの開催。なんか変。いつも会っている人に会えないのは寂しいなあ。30前後のころは、主催者だった集会だし、付き合いは長い。

 お、今年は佐々木啓くん(茨城大学)の司会か。というか、ここんところWEBでは、よくお顔を見ている。だけど、ちょっと会えていないなあ。


20210211-2 20210211-6 20210211-5
 まずは木畑洋一さんが「植民地主義を問い直す」。講演の内容は詳しく紹介されている方もいるので、ここでは感想だけ。まずBLM運動やオーストラリア国歌歌詞の変更、セシル・ローズ、エドワード・コルストン、ロバート・リーの銅像撤去、「慰安婦」や徴用工など過去の行為の謝罪や補償を求める運動・訴訟などから話をはじめる。コロナ禍のワクチンデバイド問題など、過去の植民地支配・植民地主義と現在の世界を重ね合わせながらの問題提起。植民地支配がもたらしたものから、帝国解体下の「脱植民地化」の現状、いまだある植民地的支配の指摘など、木畑さんならではの話に、ひさしぶりに刺激をうける。「植民地主義を不断に問い直しを」、ああそうだなあ。去年の韓国シリーズでひと段落なんてしている場合じゃないなあ。気合い入れて、勉強して、企画化しなくっちゃと、参考文献をおもわずチェック。

 つづいて小森陽さん。テーマは、憲法改悪と日本学術会議会員任命拒否問題。この二つの問題は、もちろん、理論的にも、現実の問題としても重なり合っている。久しぶりに切れ味いい話は、その経過に目を向けて批判する。集団的自衛権行使容認と安保法制。そこで市民と野党の共闘の意味が問われるのだ!
 リレートークでは、「原発事故賠償問題」、「核兵器禁止条約の発効」、「コロナ禍での朝鮮学校の現状」。
 でも、やっぱり、生の集会がいいなあ。
 引きこもっていても鬱々するだけなので、少し、お散歩。夕方の風景もいいなあ。だけど、子どもたちが卒業した中学のところで、こんなスローガン。「えっ」て感じ。いつからだろう、こんな言葉が使われるようになったのは。子どもがあまりにも……、と驚いた。
24628 20210211_165727_0

2021/02/05

「コロナ禍で進む辺野古新基地建設の現状—これまでの裁判と今後の展望にふれながら」 あと、保育園のこと

 今日も、座談会①をすすめる。あまり、思い通りにすすまないなあ。まだまだ時間が相当、かかりそう。土日勝負だな。がんばらないと! 今日は、会議もあるし、さぼっていた実務のね。郵便局にもいったりね。やっぱり追い込まれるなあ。大丈夫か、今月。めどもくそもない、来月、再来月……。
 夜には、ZOOMで、ND(新外交イニシアティブ)のオンラインイベント「コロナ禍で進む辺野古新基地建設の現状—これまでの裁判と今後の展望にふれながら」を聞く。

24435 24436 24437

 元山さんと加藤弁護士の報告とトーク。やっぱり、悔しいよね。この国の政府は、民意も、地方自治も、ルールも好き勝手にして、基地をおしつける。ともすれば、裁判の論点なんか、ボクの年ではすぐ忘れてしまうけど、あらためて、これまでおこなわれてきた裁判、いまおこなわれている裁判の論点をおさらいし、口惜しさと怒りできもちが高ぶる。悲しくなり、絶望的にもなる。それでも、たたかう沖縄にリスペクト。裁判所がこのようなひどい判決を出すのは、世論がそれを許しているからだ。そういうことを、ある老弁護士が言っていた。だからこそ、裁判所の外のたたかいで世論を変えることが大事だと。いま、ボクらにはそのことが問われている。そのことに役に立つ仕事をしないといけないなあ。そんなことを強く決意。

 FBで、上間さんが保育園のことを書いていて、子どもの保育園時代を思い出す。うちは、途中から、相方の転職と引っ越しの都合でさくらんぼ系列の保育園にうつった。さくらんぼの保育は独特の難しさがある。もちろん良さもある。その中身にふれないけど、保育士さんの思いと、父母の思いの間にたって、父母会の役員として、ずいぶん苦労した保育園時代だった。だけど、友だちもできたし、楽しい思い出もたくさんある。個別に、延長をはじめ、つっこんだ話しあいを何度もしたなあ。そのぶん、保育士さんの思いもうけとめようとずいぶん勉強もした。行政への働きかけや、財政活動も相当とりくんだなあ。前進座公演は3回ぐらいやったなあ。
 正直言って、子育てというのは後悔や申し訳なさのほうが先に立ってしまう。だから、保育園のことも後悔のほうが大きいのかもしれない。だけど、孫は2人とも、息子のいっていた保育園ではないが、さくらんぼ系列の園にかよっていて、親子でリズムをしている(笑い)。それは、息子が選んだことでもある。

2021/01/30

アウシュビッツの案内人の中谷剛さんの講演 と 原発の本

 今日は、午前中は、明日の大型座談会の準備作業。かならずしもよくわかっていることばかりではないので、なかなか、準備はたいへん。この間、そういう作業がほんとうに多い。試練の日々だな。今日は天気はよかったけど、風が強かったので、寒さを感じた。

20210130_144631

 さて、そういう試練の一つとして、この間、原発関連の本をいろいろ読んでいる。それが、写真の本などだけどね。原発事故の被害とはどういうものか、森松さんの本は、何度も泣きながら読んでいる。福島で暮らす人たちの思いもそうだ。その救済とは、包括的なものでないとだめという公害のたたかいの教訓から学んだこと。そして、再生こそ救済だ。こんなたたかいなのだとあらためて学んでいる。同時に、原発をとめるたたかいからもいろいろ学んだ。裁判もさまざまな局面はあるのだけど、一つ一つ成果を積み重ね、裁判所も変化もある。3・11がもたらしたもの、それはそう簡単に風化するものでは決してない。などなど。

2_20210130211501 51x6ye8s9l_sx351_bo1204203200_ 3_20210130211501 4_20210130211501 5_20210130211501

 夕方には、アウシュビッツの案内人の中谷剛さんの講演を聞いた。水谷尚子さんは「彼の話は相変わらず多方面に配慮した慎重さで、欧州で生活することの『たいへんさ』がにじみ出るものだった」と書いているけど、彼の慎重さには、よく考えているという思考の厚さを感じたりする。さまざまな歴史や文化などが重なり合うヨーロッパだからこその厚みかもしれないし、それが文化なのかもしれないと感じる。いまこの国に求められているのは、そういう物事をよく考えるという厚みなのかなあとも。
 話は、まず核兵器禁止条約から。アインシュタインと日本とのかかわりから、この歴史的条約にういて語る。そして、ドイツはすぐに向き合えなかった、だけど、少しずつ向き合うようになった。そして、いまアウシュビッツで熱心に見学するのはドイツ人だと言う。だけど、日本はどうなのか?いまだ、向き合う場さえつくれないでいる。そのことがものすごく苦しすぎる。その苦しさも、感じさせられる講演だった。

Nakatani

 アウシュビッツは行ってみたいけど、たぶん行くことはないだろうなあ。お金もないし、時間もないし、あったとしても、自分が行くより、若い人が行った方が、これからの社会に役に立ちそうだしねえ。ちょっと、悔しいけど。

 あまりにもしんどいこと、だけど、考えなければならないことが多い。ボクの考えていることが何らかの意味をもつかは別として。

2021/01/20

北朝鮮への“帰国事業”知られざる外交戦

 いい天気だなあ。ほんとはゆっくりできればいいのになあ。正月三が日明けからまた、働き続けているから、ちょっとたまっています(苦笑)。空を見上げて、気分転換だ。

23912

 相方のところもいい天気だが朝からマイナス17度!!

 でこんな写真が送られてきた。

27460

 なかなか、きれいなんだけど。

 さて、講演改造①を仕上げて、発信。長い原稿を2本読んで、短い原稿を1本。そして、その作業。合間に、来月準備の資料を読んだり、座談会の日程調整作業。あっという間に、時間が過ぎていく。少しは余裕ができるかなあと思ったけど、全然全然。歩いて買い物に行く余裕もなし。なかなかたいへんな局面。

 もくもくと仕事をしていると、鬱々としてくるなあ。コロナ禍の生活や精神的にも結構つらいなあ。気分転換、気分転換。酒量も注意して、セーブしないとねえ。

 数日前に、BS1スペシャルの「北朝鮮への“帰国事業”知られざる外交戦」を見た。かつて放映されたときには見たのか、見なかったのか?

Safe_image
 今から60年前に始まった北朝鮮への“帰国事業”。世界各国の機密資料からその舞台裏で日朝のみならず、米ソ・韓国がし烈な外交戦を展開していたことが明らかになった。

 1959年、北朝鮮への帰国事業はどのように始まったのか。世界各国の機密文書が開示され、舞台裏で、日朝両政府だけでなく、冷戦下の米ソ、韓国がし烈な外交戦を繰り広げていたことが明らかになった。いま、脱北した在日コリアンや日本人妻が重い口を開き始めている。これまで「つらい状況にあった」と語られてきた北朝鮮での生活が時の政策や国際情勢に翻弄され続けてきた事実が浮かび上がってきた。帰国事業の真相に迫る。

 まず、「焼肉ドラゴン」のことを思った。生野の風景を思った。差別にさらされた「在日」、日本からのやっかいばらいとしての事業。北朝鮮、米ソ、韓国の思惑が錯綜する。結局、政治をになったものたちは、だれも「在日」の人権などは視野になかった。そのもとで翻弄された人々。そして、その後の悲劇。その歴史における責任というもを問いかける。そのことが胸につきささる。この問題はいまも続いているのだ。いつだって、横にあるというその事実。いつだって考え続けていけないといけない。かの国とこの国とのこと。その人々のこと。

2021/01/08

踏み越える専守防衛―急浮上した敵基地攻撃と第5次アーミテージ・ナイ報告書を読み解く

 コロナ禍で緊急事態宣言となっても、まだ出勤風景は変わりません。

23538

 どうなるのかなあ、と落ち着きません。今日は、朝からメールのやり取りで、今月のインタビュー①の日程を決める。そのほか、メールのやりとり、会議、打ち合わせといろいろあります。合間に資料読み。

 夜、NDオンラインイベント「踏み越える専守防衛―急浮上した敵基地攻撃と第5次アーミテージ・ナイ報告書を読み解く」を聞く。半田さんが前者、猿田さんが後者。半田さんの話は時間が短かった分、コンパクトで、ズバッと本質をついたもの。今回の閣議決定のスタンド・オフ・ミサイルに代表されるような実態として専守防衛を超える軍事力をそなえつつある自衛隊の現状と、一方、しかしその自衛隊もさまざまな面があるということと、政治主導の爆買い軍拡というかみ合わない形で進む現状を報告。猿田さんは、今回は注目されなかった、アーミテージ・ナイ・レポートにこだわりつつ、今回の特徴をうきぼりにする。対等な関係をどう読むのか。ボクなら、対中圧力を念頭に、日本がその主体となるべきということなのだと読むのだけど。だけど、総じて、政治というものが、日本もアメリカも、あまり論理的な行動をしなくなり、きわめて少数の利害を代弁するようなものに変質してしまったもとで、なかなか読み解くのが難しい。米中対立、日中対立も、現実の依存関係を考えると、なかなか難しい面もあるのも事実。さまざまな側面、さまざまなプレイヤーの動きをよく見ろということなのかなあ。猿田さんの議論は、ここまでなら、良識的保守は合意するのかという参考にもなるし。といろいろ考えることはできるんだよなあとも思った。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31