日記

2017/03/03

凹むなあ

 今日は、あるその世界ではかなり権威のある方のお話を聞く。なかなか、実現しなかったのだけど、やっと。いろいろ話せて楽しかったけど、やっぱり凹むなあ。自分の考えていること、自分の土台にあるような思想の薄っぺらさというものをまざまざと感じてしまうし。自分の人間的な粗野さも感じてしまうしなあ。この年になると、到底自分は変われないなあなどともどうしても感じてしまうのでもあるのだけどなあ。

2017/01/06

京都へインタビュー

15873134_1286780218049387_90543562615873219_1286784748048934_44461982715894766_1286834898043919_57346676415940574_1286834914710584_71712390615940527_1286834931377249_85650628115823604_1286834964710579_82328413115894910_1286834991377243_840906960 京都へインタビュー。超久しぶり京大へ。なんとうか、カッコtきの「母校」。うーん。時計台のまわりにすっかりきれい。教育学部は古いまま補強されている。あんまりいい思い出ないなあ。勉強すればよかったという後悔もあるが、そういう学生生活は原点でもあるし。いま、いろいろ考えるのも、そういう学生生活があったからこそだしね。
 仕事のあと、ちょっとだけ、ぶらぶら。昔の下宿、共産党の事務所、ボクの最初の職場があった界隈。お寺がおおいなあ。やっぱり、東京より、こっちがいいけどね。マルシン飯店は、夜食をよく食べに来た。ムーシーロが好きだった。はやし食堂はまだあったがきれいになっている。すき焼き定食は健在なようだけど、なかみは??世間知らずのまま、今の仕事をはじめて、ハチャメチャで、失敗ばかりだけど、今でも生きていられるのは、多くの人たち友人たちのおかげか。やっぱり相方の存在は大きいか?などといろいろ考える。恥ずかしいほど、ハチャメチャだったし。


2017/01/02

年のはじめに

 いろいろ慌ただしく、年末年始をおくりました。介護や、送った人の後のこと、そして、いまにいる、これからの人たちのことへの対応など、正月にいろいろ話したり、働いたりしなければいけないのだけど、あまり心配ばかりすているのではなく、そろそろ、肩の荷を下ろして、もっと落ち着いて、おだやかに考えなければいけないよなあと、すこし考えました。いつも追い立てられて、失敗ばかりするのではなく、もう少し年相応の、知恵もしっかり発揮しなければねえ。とはいえ、正月も移動中は、ずっとパソコンとにらめっこして、講演を起こしたりですけどね。明日からは、残念ながら、仕事全開モードに入ることになりそうです。いつものような生活を、ことしは、少し、肩の力をぬいて、ですかね。

2016/11/06

防災訓練2016

14915422_1221607451233331_79925557614956499_1221562754571134_919033134 とってもいい天気。秋晴れ! 今日は、自主防災会の防災訓練! 毎年、いろいろ働きますが、今年もね。今年は寸劇までやったりねえ。とにかく、がんばりました。はい。


2016/10/10

芋煮会コンサート2016

Image_4f3ca8dImage_dcf8d62Image_f13e921 土曜日は、休みをとって、奥多摩の山奥へ。いつも、お世話になっている方主催のコンサートというか。天気は雨と言われていたけど、なんと晴天に。芋煮と、ぽていとさんをはじめとした面々のコンサート。ゆったりとした時間が流れる中での生活は久しぶりだなあ。そもそも、お出かけなんて、映画以外は、正月いや2月の北海道以来だもんねえ。ひさしぶりにリラックスした時間。いろいろな人と話をして、楽しかった。ちょっと、病み気味の日々を送っていたので、ありがたいおさそいでした!


2016/09/25

背中を押されて

 8月ぐらいからすごく精神的に低空飛行だった。なかなか、自信がもてないのはいつものことだけど、自分のやっていることがはがゆくて、自分がやりたいことも少しわからなくなっていた感じがするなあ。ずいぶん悩んだ感じがするけど、冷静になって、やっぱり自分のやり方を信じながら、自分のできることをもっと、決意をもってやんなきゃなあ。やっぱり強い決意をもってやんなきゃね。仕事も、生活も。
 たとえば企画を具体化するとき、なかなか進まないことがしょっちゅうある。自分の中で熟し切れなかったり。まあ、最後は決断なんだけどね。自分自身の。自分はいろいろ考えているつもりでも、強い思いを持った人はいて、背中を押されたりする。そうしてこそね。自分の仕事はすすむのかな。

2016/09/06

夏の終わり? (願望)

 今年の夏は、かなり疲れました……。選挙があり、そのなかでの雑誌作りは、やはり難しく。そのなかでも、8月号、9月号は相当がんばりました。そして10月号も、休みなく働いてつくりました。もともと、夏は苦手な人間です。汗をいっぱいかくし、それで疲れまくります。うーん、ほんとに疲れまくったのでしょう。あまり、自覚はなかったのですが、ここ1カ月ぐらい、「大丈夫?」って、声をかけられることも増えました。他の人がとった、自分の写真を見ても、ほんとうに疲れた、ヨボヨボの姿です。そして、この土日、ついに……。かなりの時間、寝続けました。もちろん、いろいろ最低限の仕事や用事はあるのですが、いろいろなことをキャンセルし。こんなに寝たの久しぶり!!!
 この9月の目標は、元気に復活ですね。少なくとも、毎日、元気でいられるような体調の管理でがんばります。そのためにも、このまま涼しくなってほしいなあ。最後は願望ですけどね。

2016/09/03

ボクの仕事……

 いつも、休むこともなく働き続けている?日々であるが、なかなかボクの仕事には、誤解がある。たぶん、インタビューをして、それを起こして、整理するという作業の大変さなどは、わかりやすいのだろうけれども。でも、いちばんしんどいのは、そういうこととともに、実は、企画をつくらなければならないということ、毎月236ページ分の企画をつくらなければならない。うちの雑誌は基本、広告がないから、分量的には結構多いんだけど。
 その企画を、ほんの数人でつくるわけ。ボクは、とくに専門的な勉強をしてきたわけではない。だから、その分、企画をつくるときは、膨大な本を読む。いろいろな学習会や講演会に行って話を聞く、直接、その分野の専門家としゃべってみる。いろいろな関係者の意見も聞く。などの作業を、1つひとつの企画でやっていくわけで、それは結構、膨大な時間がかかる。正直言って、いまそういう作業をして、企画をつくる人が少ないから、企画の量も増える。全然、好きで、日曜日いろいろ出かけているわけではないですから(苦笑)。遅くまで資料を見ているわけではないですから。
 こうした作業の仕方を伝えていくもの難しい。だけど、そういうやり方を見せながら、若い人に自分なりの仕事の仕方を見つけてもらうしかないからねえ。時間がかかるけど、とにかく、次の動きが生まれてくるまでは、しっかり、自分のできることをやらないといけないしねえ。

2016/09/02

健康で文化的な最低限度の生活(4)

09187810 頭を殴られた思いで読んだ漫画はもちろんこの本。4巻は、引き続き扶養照会なわえだけど、その中身が厳しく、つらく…。そうしたなかで、迷い、葛藤する主人公が初々しい。おりしも、高校生バッシングがあったばかり。いろいろ考えないとなあ。


2016/05/22

みさとこどもまつり2016

13238895_1087711707956240_25790426813267934_1087711724622905_32563139813254429_1087748931285851_283932805 今日は30回目のこどもまつり。晴天が続き、近隣の運動会が昨日、だいぶ終わったため、今日は久しぶりに子どもたちがたくさん参加した。子どもは300から400人ぐらい。とすると、親もふくめると、700人ぐらいかなあ? 公式発表1000人???
 手作りの遊びと、模擬店だけど、参加団体がだいぶへったけど、それでもこどもたちは遊びに夢中だった。楽しそうで、なごりおしそうな子どもたちの姿にびっくりだなあ。
 だけど、この年齢になると、体力的にも、モチベーション的にもきついなあ。もっと、長い未来を見つめながら、活力をもって動くにはどうすればいいのか。そのほか、自分の内面について、いろいろ思い悩んだりねえ。


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30