日記

2020/03/07

青山散策 (週の半ば)

84322568_2886451318082261_15546943620450

 言わずと知れたジョン・ウェスレ―像。今週なかば、青学に行く用事があり、そして、その後、青山を少し歩いた。昔、20代、30代のころまでは、たまには来ていたのだろうけど、最近は、ほとんど来ない。まず、青山ブックセンターに。ここには、政治のコーナーがない。社会的な問題に関心が薄いかと言えば、ジェンダー平等など人権の問題には強い関心がある。その人権にみごとに、新自由主義がかぶってくるそういう印象。だから、接近は狭い。いかにも、いかにも。

 青山はそれなりの人盛り。だけどなあ、全然、世界が違う感じがするなあ。着ているもの、着ているものへの意識が全然違うのだ。そもそも、生活が違うから、意識も違う。そんな世界の差を感じてしまい、居心地が悪いなあ。街はあいかわらず、おしゃれだけど。やっかみもあるけど、この差はとってもやっかいな問題だなあとも思ってしまうのだ。

2020/02/10

しばしの…… 北の地へ

142321423414233142441424520200208_135741

 

 ちょっと、危ない感じだったので、先週の後半は、東京から脱出した。正月三が日からはじめてのオフ。ほんとうに働きづめだったので……。とりあえず冬の釧路湿原の散策。タンチョウヅルやオオワシと出会ったり。癒しの空間である。

 翌日は一転して、囚人労働ツアー。釧路には、集治監というところがあって、ここに囚人たちが集められ、強制労働がおこなわれていた。硫黄山があり、そこでの採掘も囚人がおこなっていた。安田財閥の安田善次郎がつくった硫黄運び出しの鉄道もそうだし、この地域の道路などもそうだ。安田善次郎といえば、富山である。うちの相方の育った家のあった場所の近くには安田公園があり、安田の生家があった場所。そんなつながりも発見。さらに言えば、集治監はその後、網走監獄に吸収されるのだけれど、そのあとには軍馬の育成所となり、戦後は、そこに、満洲から戻った開拓団の人たちが、移植することなる。極寒の地での開拓は、ほとんど成功はしないのだろう。ほとんど、跡形もないようなのだけれども。いずれにしろ、北海道には、朝鮮人などの強制労働の裏側に、こういう歴史がある。

2020/01/26

一筋縄ではいかない

 家族のことを思う。孫が生まれ孫のことを思う。いまも、子どもたちのことを思う。だけど、子どもとはそれなりの葛藤もある。

 いろいろ苦しいのは、父や母との関係か。やっぱり、つらい、悲しい思いをした。だけど、父とも母とも和解する機会はなかった。自分はとても、情けない息子で、そういう負い目も抱え続けた。

 介護があった。だけど、介護のための支援を得るのはなかなか難しかった。自分自身も、家族にもギリギリだったと思う。

 そういう家族への思いは、単純ではない。一筋なわではいかないのだ。それは、父や母に対しても同じ、子どもに対しても同じ。いろんな思いを抱えながら、なお家族を思う。

 家族に対してそうなのだから、社会に対してはなおさらだ。人にかかわることである限り、答えはそう簡単じゃない。一筋縄ではいかない。いろいろな論争も、だからあるのだろうなあ。そんな、議論は、いろいろ考えさせられる。

 答えの見つからないなかで、最善の判断をする。そのために、さまざまなことを知る。学ぶ。

2020/01/11

もっと議論をしたいなあ

 インタビュー②をかなりすすめる。連休中には仕上げたい。連休明けには次のテーマだ。正月明けから飛ばしすぎ。いつまでもつかはちょっと心配。だけど、作業は一人ですのがほとんど。作業の最中は誰とも話さないなあ。

 企画も考える。いろいろ取材に出かけられていないのも心配の種。やっぱり話を聞いて、いろいろ議論しないと。議論してこそ、刺激が強まり、意欲も、構想も膨らむ。議論する機会も、相手も少なくなったなあ。職場のなかでも、外でも。もっと議論がしたいなあ。

2020/01/02

無心に遊ぶ

20200102_151742  朝から、食事の準備をしたり。今日は、ひたすら孫と遊ぶ一日。「あそぶの」って言ってやってきた孫は、だいぶ、わが家にも慣れてきた。思いっきり赤ちゃん返りをしていて、たいへんなお父さん、お母さんを開放する時間。クタクタになるまで、遊んで、夜は、お腹いっぱい食べて、いまは熟睡中。この無心さは、すごいなあ。いいなあと、いっしょになって遊びながら思うところ。いろいろ、心配があるんだろうな。子どもは子どもで。そんな子どもの時間も、気持ちも、体も大事にできればいいのだけど。  

2018/03/10

ブログを再開

 2月の最初に、ブログをお休みしてから1カ月以上たった。仕事が忙しかったし、なにより体がしんどかったということもあるけど。還暦をすぎると、さすがにいろんなことが体にこたえるから。だけど、いろいろ先進的にしんどいことがあったから。大きな政治の物語のうけとめから、まわりの人間関係のうけとめにいたるまで。いろいろ支えられたり、励まされたりはしているけど、何をどのようにうけとまえらいいのかが、よくわからないことがすっかり多くなったのもそうだとなあ。だけど、できるだけ、そのときに考えたことは記録しておいた方がいいよなあと、ある人のコメントで、ちょっと考えた。そもそもわすれちゃうし。考えることが、ボクの仕事だしねえ。ということで、まあ、あまり、無理なく、再開しようかな。ちょっとしっかり、考えるものにしなくっちゃねえ。

2018/01/03

ミステリーツアー

20180103_163714_resized20180103_123219_resized20180103_112800_resized20180103_121822_resized20180103_112619_resized20180103_111654_resized 今日は、不思議なミステリーツアー。ふーん、不思議。考えることは多すぎ。明日から仕事の元気!


2018/01/02

新しい彼女に会いに

26165591_1647244948669577_897790875 今日は、息子夫婦の家に、新しい彼女に会いに行ってきました。抱っこして、寝顔を見ていると、いやー、たまらないなあ。不思議な感じだなあ。予期していなかった、還暦のお祝いもあり、ちょっとウルウル。なかなか、子どもとの関係は難しいからなあ。それだけに、嬉しかったです。自分にご褒美は苦手なもので。今年もがんばろうとは思いますよ。さて、少しずつ、仕事モードも比重を増やしてね。


2017/12/31

大掃除

 今日は、大掃除。いつもお正月は、自宅にいることがない生活をしてきたので、年末の大掃除なんて、ほんとに久しぶり。なんか、結構、人間らしい生活だな。忙しくって、日頃は掃除ができていないから、1日でできるのは、ほんとにちょっとだけどねえ。それまで、まあ。掃除道具を買って、新年の準備の買い物をして、超出費だな。新年って、金がかかるなあ。

2017/12/30

聖林寺

26239059_1643092479084824_781718887 一昨日は母の法要で、奈良に。長男のお勤めを果たす。昨日は母の実家にご挨拶。帰りに近くの聖林寺に。絶景です。国宝十一面観音とお超久しぶりに再会。実家にはほんとうに不義理ばかりで。だけど、今後も墓の問題とか、一人でいるきょうだいのこととか、いろいろある。難しいなあ。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30