日記

2020/01/11

もっと議論をしたいなあ

 インタビュー②をかなりすすめる。連休中には仕上げたい。連休明けには次のテーマだ。正月明けから飛ばしすぎ。いつまでもつかはちょっと心配。だけど、作業は一人ですのがほとんど。作業の最中は誰とも話さないなあ。

 企画も考える。いろいろ取材に出かけられていないのも心配の種。やっぱり話を聞いて、いろいろ議論しないと。議論してこそ、刺激が強まり、意欲も、構想も膨らむ。議論する機会も、相手も少なくなったなあ。職場のなかでも、外でも。もっと議論がしたいなあ。

2020/01/02

無心に遊ぶ

20200102_151742  朝から、食事の準備をしたり。今日は、ひたすら孫と遊ぶ一日。「あそぶの」って言ってやってきた孫は、だいぶ、わが家にも慣れてきた。思いっきり赤ちゃん返りをしていて、たいへんなお父さん、お母さんを開放する時間。クタクタになるまで、遊んで、夜は、お腹いっぱい食べて、いまは熟睡中。この無心さは、すごいなあ。いいなあと、いっしょになって遊びながら思うところ。いろいろ、心配があるんだろうな。子どもは子どもで。そんな子どもの時間も、気持ちも、体も大事にできればいいのだけど。  

2018/03/10

ブログを再開

 2月の最初に、ブログをお休みしてから1カ月以上たった。仕事が忙しかったし、なにより体がしんどかったということもあるけど。還暦をすぎると、さすがにいろんなことが体にこたえるから。だけど、いろいろ先進的にしんどいことがあったから。大きな政治の物語のうけとめから、まわりの人間関係のうけとめにいたるまで。いろいろ支えられたり、励まされたりはしているけど、何をどのようにうけとまえらいいのかが、よくわからないことがすっかり多くなったのもそうだとなあ。だけど、できるだけ、そのときに考えたことは記録しておいた方がいいよなあと、ある人のコメントで、ちょっと考えた。そもそもわすれちゃうし。考えることが、ボクの仕事だしねえ。ということで、まあ、あまり、無理なく、再開しようかな。ちょっとしっかり、考えるものにしなくっちゃねえ。

2018/01/03

ミステリーツアー

20180103_163714_resized20180103_123219_resized20180103_112800_resized20180103_121822_resized20180103_112619_resized20180103_111654_resized 今日は、不思議なミステリーツアー。ふーん、不思議。考えることは多すぎ。明日から仕事の元気!


2018/01/02

新しい彼女に会いに

26165591_1647244948669577_897790875 今日は、息子夫婦の家に、新しい彼女に会いに行ってきました。抱っこして、寝顔を見ていると、いやー、たまらないなあ。不思議な感じだなあ。予期していなかった、還暦のお祝いもあり、ちょっとウルウル。なかなか、子どもとの関係は難しいからなあ。それだけに、嬉しかったです。自分にご褒美は苦手なもので。今年もがんばろうとは思いますよ。さて、少しずつ、仕事モードも比重を増やしてね。


2017/12/31

大掃除

 今日は、大掃除。いつもお正月は、自宅にいることがない生活をしてきたので、年末の大掃除なんて、ほんとに久しぶり。なんか、結構、人間らしい生活だな。忙しくって、日頃は掃除ができていないから、1日でできるのは、ほんとにちょっとだけどねえ。それまで、まあ。掃除道具を買って、新年の準備の買い物をして、超出費だな。新年って、金がかかるなあ。

2017/12/30

聖林寺

26239059_1643092479084824_781718887 一昨日は母の法要で、奈良に。長男のお勤めを果たす。昨日は母の実家にご挨拶。帰りに近くの聖林寺に。絶景です。国宝十一面観音とお超久しぶりに再会。実家にはほんとうに不義理ばかりで。だけど、今後も墓の問題とか、一人でいるきょうだいのこととか、いろいろある。難しいなあ。

2017/10/31

自分の仕事のやり方

22894348_1585042138223192_329427252 やっぱり、いろいろ考え込んでしまうよなあ。仕事のやり方。休みなく、やりつづけるほうだから。よく、楽しくなくっちゃいけないと言われる。半分そうだと思う。だけど、現実の世界と向き合っていると、やっぱり楽しくないことのほうが多いよなあ。でも、少なくとも、受け身ではないし、仕事をするときは、いろいろな人間関係のなかで、その人間関係に充実感や、楽しさを感じながらやっているしねえ。今日も、大好きな人に会えて、楽しかったしね。
 手を抜きたくないし、不完全というか、納得した仕事はしたいよなあ。そのためにできることはしたい。だから、十分な準備がされていない仕事は、自分の仕事でも、他人の仕事でもいやだなあ。まあ、他人の仕事にはいろいろとやかく言える立場にはないけれど。だけど、めぐまれた条件も、権限もあって、それを生かしていないのは、ちょっと残念に思ってしまう。ボクらのような仕事は、やっぱり、できあがったもののでき、その面白さ、そして深さ、どこまで人の心に深くとどくかということあるからこそ、あれこれ悩むんだろうしなあ。
 次の世代にしっかり、つないでいくうえで、何をすべきか。そろそろ新しい転機をつくらないといけないよなあ。

2017/08/09

介護帰省

 昨年あたりから、母親のぐあいがだんだん悪くなってきて、1カ月から3カ月に1度のテンポで、実家に帰省している。なかなか、仕事が忙しく、間が空くこともある。まとまって、数日帰ることもあれば、昨日ははじめて日帰りで帰ってきた。さすがに、まもなく90歳になるわけだから、あちこちにいろいろ抵抗力が弱まって、ガタが来ている。昨日は病院に連れて行ったり。少しでも、主たる介護者の負担を分かちあえれればいいのだけど。8月は休みがとりづらく、9月にまとまって帰る予定だけど、いろいろな状況をしっかり把握したほうがいいということで、急きょ日帰りで。
 往復の交通費は、3万2000円強。さすがに高速バスは、こちらの体力的には無理だなあ。今月はもしかしたら、もう1回帰らなければいけないかも。そういうわけで、夏の特別な出費は今年もなしだな。お盆前後は一手に抱え込む、仕事で詰まっているので、いずれにしても、まずはそれを乗り越えないとなあ。

2017/07/15

隣町の図書館へ

20023890_1483621501698590_74047189119984043_1483625735031500_606031862 明日、告示の市議選。今日中にまかなければならないビラをまきに、急ぎ帰ったわけだけど。講演会では友人もいっぱいいて、飲みに行きたい思いを振り切って! 途中、今月の企画にかかわる重要な資料が隣町の図書館にあることがわかり、9時まで開館しているので急遽自転車で向かうことにした。真っ暗ないなか道、遠いし、とっても怖かった!!!
 結局、隣町の図書館は行き40分、帰り30分もかかった。子どもが小さかったころ、自転車に乗っけて、図書館の近くの流れるプールによく行った。そのときはそんなに遠く感じなかったのだけどねえ。あれから20年近くたつわけで…。道すがらの風景は変わったような、あまり変わっていないような。基本いなかだものね。途中にある小学校にはこの像がまだあったのだ。
 問題の資料は例の教育出版の道徳教科書のあの人の本ですよ。


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31