世界

2020/09/17

ワイルドサイドをほっつき歩け --ハマータウンのおっさんたち

 今日は、朝から提稿実務。4本。メールで原稿の催促。だんだんと、追い込みに入っていきます。工場の4連休があるので、もう実質直前ですけどね。座談会を除くと、あと5本という段階。

 熊に追いかけられる、変な夢を見て、体はぐったり。政局、選挙日程は霧の中で、ますます追い込まれますねえ。

 『ワイルドサイドをほっつき歩け --ハマータウンのおっさんたち』を読み終える。ブレイディみかこさん、相変わらず面白いなあ。

13

 話はおっさんたち。わびしさとものがなしさを漂わせながら、それでもたくましく、したたかに生きる。その文化にとどまらない、政治的な背景がものすごくおもしろいのだ。労働党をめぐる問題、緊縮をめぐる問題。そう単純ではないけど、だけど太い線も残っている。若い人の話も挟まっていて、いまの社会と人の姿が多面的に映し出される。「ハマータウン」の話は、若者の話だから、その世代のおっさんとともに、いまの若者をきりとった話もおもしろいのだ。だけど、日本の共通点とともに、大きな違いもたくさん感じるよね。おっさんたちの世代は年齢的には、ボクの世代で、わびしさなどはそうなんだけど、その政治的なありようは、だいぶ違う。むしろ団塊に比されるだろうけど、なぜ日本は上の世代なのか。いわば政治文化の分厚さの違いということとも関係があるのだろうかねえ。イギリスもなかなか大変な状況にあるわけだけど、日本の未来はちがった意味で混沌としている。その違いを一つ一つ考える材料もくれるなあ。勉強の意欲はわくんだよなあ。はい。だけど、このおっさんたちの人生のもろもろやその後も、同世代として、個人的には知りたかったりね。

 昨日は、取材。

20585

 歴史的な日だったけど、それとは直接関係なく。毎週行っているけど、角度が違う。

 

2020/08/27

大坂なおみ選手が大会棄権 黒人男性銃撃に抗議、NBAでも

 1週間突貫工事の大座談会原稿を仕上げて、無事、工場籠城終了。今月は、3分の2近くを担当していたので、ちょっと、たいへんでした。疲れました。おまけに、暑くって、熱中症になりかけって感じの状態にも。

19804

 さて、今日は、エアコンの修理に業者に来てもらったけど、結局、なおらず……。エアコンの内部に、小さなヒビなり、すきまがある感じで。だけど、いまのエアコンは、いろいろな装置がつけられている関係で、なおらない。最低限の手当てをしていただいたけど、全開で運転すると、水漏れがやはり起こる……。まあ、普通に使っている分には、なんとかなりそうだな。

19864

 かなり、精神的にも追い込まれていて、いろいろなトラブルにうまく対処もできず、落ち込む。無心、ちょっと違う。私心なく。一心に。うーん。純粋に? 雑念なく? ピッたしこない。いろいろあれこれ考えずに、大事なことを。まあ、そんな感じが必要なのだけど。もっと修行が必要だね。一人で、もう少し、しっかりがんばらないと。反省反省。

 うまくできていないことを、どうすればうまくできるのかね。まあ、コツコツ。

大坂なおみ選手が大会棄権 黒人男性銃撃に抗議、NBAでも(共同通信)

 米ウィスコンシン州ケノーシャで23日に黒人男性が警官に背後から銃撃された事件に関し、同国スポーツ界で26日、抗議行動が一気に広がった。女子テニスの大坂なおみ選手はツイッターで「私はアスリートである前に黒人女性。私のテニスを見るより、もっと注意を向ける多くの重要なことがある」と抗議に賛同する声明を発表。その後マネジメント会社が、出場中の大会を棄権すると明らかにした。

 NBAでは、リーグと選手会が26日のプレーオフ3試合の延期を発表した。

 大リーグでは3試合の延期が決定。大リーグ機構は「選手の決定を尊重する」との声明を発表した。

 大阪さんたちの行動の重みに、いろいろ考える。終わらない差別に、人としてどう行動するのか。スポーツ界そのものが、かつてのように処分するのではなく、選手の行動を尊重するようになったもの、大きな変化。日本は決して、他人事ではないはずだけどね。

 ビリー・ホリデイの「奇妙な果実」を聞く。

2020/08/17

原子の力を解放せよ~戦争に翻弄された核物理学者たち~

 インタビュー①を仕上げて、発信。インタビュー②も仕上げの局面まですすめる。明日発信だな。

 提稿作業を4本など、なかなかの緊張感。明日の、特集企画取材のうちあわせも。どんどん、仕事は続きます。相方は、それは性分だから仕方がないというのだけどなあ。

 しかし、暑いですね。夜になっても30度から下がりません。

19524 

 昨日の、BS1スペシャルは、「原子の力を解放せよ~戦争に翻弄された核物理学者たち~」。太平洋戦争末期、京大でおこなわれていたF研。荒勝研究室の姿を追う。

5_20200817230301

 日本の「原爆開発」では、やはり仁科さんの、二号研究があまりにも有名。日本の開発を疑った、アメリカは戦後直後、日本で調査をおこなう、このF研に注目する。 そもそも彼らの専門は原子核物理学、物質の本質に迫る基礎研究だ。その彼らが、様々な理由から原爆研究をすすめる。それは、若い研究者の命を守るためでもあったわけだが。

 しかし彼らは、広島・長崎への原子爆弾投下で、爆心地で調査を行い、原子の力が生んだ膨大なエネルギーが破壊した世界を目撃する。科学技術が持つ光と陰をまざまざと体験する。そこから学んだことは、やはり、軍事とつながりのある研究は、ぜったいにすすめてはいけないということではないのか?そんなことを強く考えさせられるのだけど。

 戦後の、荒勝の思い、清水榮の思い、仁科の思い、湯川の思い、坂田の思い。いろんな思いが、ものすごくよぎる番組でもあった。

 

2020/08/10

優生思想と向き合う 戦時ドイツと現代の日本(1)

 今日の朝顔です。

20200810_081100

 さて今日は、超久しぶりのプライベートの日。いつからだ?

 暑い夏、どこに行くわけでもなく、食事と、近くの公園と。

Mago

 夜は、提稿作業と家事、そして、ハートネットTV

4_20200810220701

 この夏、旧優生保護法で不妊手術を強制された視覚障害のある女性が国に賠償を求める裁判を起こした。命の価値に優劣をつけ選別する“優生思想”に、私たちはどう向き合えばよいのか…。2015年にドイツを訪ねて戦時中の障害者迫害についての証言を集めた藤井克徳さん(日本障害者協議会代表)とともに、2回連続で考える。第1回は「断種法」(強制不妊手術)や「T4作戦」(大量殺りく)などの障害者迫害をたどる。

 日本における優生思想の根深さというのは、ほんとうによく向き合わければならないと、最近、とても思う。血統にかかわるような、優生思想というものが、やくにたたないものは排除するという能力主義と分かちがたく、むすびついて、展開している感じだな。

 ETVでは、この藤井さんの、ドイツの旅をくり返し放映しているけど、いろいろな事情があるにしても、それは必要で、大事なことでもるように思える。繰り返し、繰り返し考えなくてはいけないし、もっともっと深めなければいけない。この夏の1つの課題でもあるなあ。

2020/07/18

『アメリカ白人が少数派になる日』にひき続き、『白人ナショナリズム』を読み進める

 今日は、朝から講演原稿を必要なところまですすめて、そのあと、追加取材の内容を考えて、メールを発信。

 その後は、来月はじめに予定している対談の資料を読む。来週には、対談の内容を固めたいところ。来月のインタビューの交渉の電話をかけるがつかまらない。そうこうしているうちに、原稿は2本ほどやってくる。順調そうに見えるけど、実は、なかなか厳しい。その自覚をもって、発注のメールなども送る。9月〆切、10月〆切の企画がなかなかつまっていかないことに焦りを感じる。選挙があるかなあと思っていだけど、だんだんとコロナがそれどころじゃなくなりつつあるし、どういう状況を想定して企画を練り直すかという局面でもあるのだけど。思考がついていかない感。

 ほんとにとっても難しい。自分がどんな生活をしていけばいいのか、それもよくわからない。みんなはどのように考えているのだろうか?

 

 『アメリカ白人が少数派になる日』にひき続き、『白人ナショナリズム』を読み進める。

818hmosqnal_ac_ul320_ 61lmjolktnl_ac_ul320_

 前者はジャーナリストの手によるもの、後者は学者さん。それぞれの持ち味。前者は歴史を踏まえながら、現実のアメリカをリポート、白人至上主義の根強さ、その暴力の非道を告発する。奴隷解放後の黒人リンチ、「奇妙な果実」の話に苦しくなる。いま、トランプのもとで、そうした勢力の勢いがましていく。ただ、アメリカのしたたかさは、それに対し、ブラック・ライヴズ・マターBlack Lives Matterという動きが広がることだ。アメリカ社会そのもの多様化し、アメリカの民主主義は、しっかりトランプを克服しそうだ。世界にひろがるように見える白人氏s上主義もそうなだろうと思う。では、日本の民族差別はどうなのだろうか。一方、後者は、イデオロギッシュさらにおもしろそう。いま読書中なので、感想は後日、機会があれば。
 日本での報道はすくなくなっているけど、アメリカでは、まだまだ広がりは続いていそうだ。

 日本で、こうした問題について、なぜ、議論がすすまないのか? ボクの住んでいる地域でも、外国人は多い。今日も買い物に行く途中に、中国の方、アフリカ系の方とすれ違う。しかし、ほんとうに、きちんとした関係が培えているのか。しっかり、考えていきたいもの。そのために、いまアメリカで起きていることは、大統領選挙の帰趨を含め、いろいろ注目したいもの。

 

2020/07/13

国連の報告書、COVID-19が貧困、医療、教育に関する数十年の前進を後戻りさせていることを明らかに

 暑くって、体がバテている。かなりのダメージ。眠れないけど、起きられないという最悪のパターン。ちょっと、がんばらないと。なかなかどうすればいいのかわからないのだけど。

 今日は鼎談原稿の仕上げにかかる。でもって、まずは主催者に発信。うーん。

 さて、今日は、数日前に発表されたSDGsのレポートに注目。英語版しかないんだけど。

Photo_20200713231201

国連の報告書、COVID-19が貧困、医療、教育に関する数十年の前進を後戻りさせていることを明らかに(国連広報センタープレスリリース)

 最も脆弱な立場に置かれた人々がパンデミックで甚大な影響を受け、さらに取り残される

 ニューヨーク、7月7日―2030年までに17の持続可能な開発目標(SDGs)を達成し世界各地の人々の生活を改善するための15年にわたるグローバルな取り組みは、2019年末時点で、すでに目標達成の軌道からはずれていました。そして、国連経済社会局(DESA)が本日発表した新たな報告書によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)はほんのわずかな期間のうちに、未曽有の危機を生むとともに、SDGsの達成に向けた前進にさらに混乱をもたらし、世界の最も貧しい人々と最も脆弱な立場に置かれた人々に最も深刻な影響を及ぼしています。

 『持続可能な開発目標(SDGs)報告2020』によると、世界はこれまで、その進捗が一様ではなく、SDGsの達成には十分でなかったにせよ、妊産婦および子どもの健康促進、電力へのアクセス拡大、女性の政府への参画増大などの分野で、前進を遂げていました。しかし、こうした前進でさえ、食料不安の拡大や自然環境の悪化、幅広く根強い不平等など、その他の面で相殺されていました。

 現在、COVID-19のパンデミックは瞬く間に、私たちが生きている間で最悪の人的・経済的危機に発展して、あらゆる国に広がり、全世界での死者数は50万人、報告された感染者数は1,000万人をそれぞれ超える事態となっています。

 「昨年9月に開かれたSDGサミットで加盟国も認識したとおり、グローバルな取り組みはこれまで、私たちが必要とする変革の実現に十分な水準に達しておらず、現在と将来の世代に対するアジェンダの約束の実現が危険にさらされていました」アントニオ・グテーレス国連事務総長は、このように語っています。「そして今、COVID-19による未曽有の保健・経済・社会危機によって、人々の生活と暮らしは脅威にさらされ、SDGsの達成をさらに困難なものにしています」

 事務総長は、COVID-19が誰にでも同じ影響を与えているわけではないことを強調しています。「新型コロナウイルスはいかなる人にも、いかなるコミュニティーにも影響を与えているものの、その影響は平等ではありません。むしろ、すでにあった不平等や不正義を明るみに出し、さらに悪化させています」

 SDGsの17の目標全体に関する進捗状況を取りまとめる今年の報告書は、最新のデータと推計に基づき、COVID-19のパンデミックにより最も大きな打撃を受けているのが、子どもや高齢者、障害者、移民、難民をはじめとする最も貧しい人々や最も脆弱な立場に置かれた人々であることを示しています。女性もまた、パンデミックの極めて大きなしわ寄せを受けています。

 「COVID-19による未曽有の保健・経済・社会危機によって、人々の生活と暮らしは脅威にさらされ、SDGsの達成をさらに困難なものにしています」という指摘は重いねえ。

  • 2020年には、およそ7,100万人が極度の貧困に陥るものとみられています。世界で貧困が増加するのは、1998年以来初めてのことです。所得の喪失や限られた社会的保護、物価の高騰が相まって、これまで安定した生活を営んでいた人々さえも、貧困や飢餓に陥るおそれがあります。
  • この危機による不完全雇用や失業により、インフォーマル経済ですでに脆弱な立場にある労働者およそ16億人(全世界の労働人口の半数)は、危機当初の1カ月で所得が60%も落ち込んだとみられ、深刻な影響を受けていると考えられます。
  • 全世界で10億人を超えるスラム居住者は、適切な住居がなく、自宅に水道もなく、トイレを共有し、廃棄物管理システムをほとんど、またはまったく利用できず、公共交通手段は過密で、正規の医療施設へのアクセスも限られています。したがって、COVID-19によって大きな影響を受けるリスクが極めて高くなっています。
  • パンデミックによって最も大きなしわ寄せを受ける人々には、女性と子どもも含まれています。医療や予防接種サービスが混乱し、食事・栄養サービスへのアクセスも限られていることで、2020年には、5歳未満の幼児の死者が十万人単位で、また妊産婦の死者が数万人単位で、それぞれ増えるおそれがあります。女性や子どもに対する家庭内暴力の急増が報告されている国も多くあります。
  • 学校閉鎖によって、全世界の学生の90%(15億7,000万人)が通学できなくなったほか、頼りにしていた給食を食べられなくなった子どもも3億7,000万人を超えています。自宅でコンピューターやインターネットを利用できないために、遠隔学習が不可能な子どもも多くいます。2020年3月から4月にかけて、およそ70か国では子どもの予防接種に深刻な混乱が生じたり、全面的な中断を余儀なくされたりしています。
  • 極度の貧困に陥る家庭が増える中で、貧しく不利な立場にあるコミュニティーの子どもたちにとっては、児童労働や児童婚、人身取引のリスクも大幅に高まっています。事実、全世界の児童労働削減で見られた前進は、20年ぶりに後戻りしてしまう可能性が高くなっています。

 われわれが、ポストコロナでめざすべきは持続可能な社会であるはず。しかし、これが、いま世界が直面している課題だと、報告書はいう。そのなかで、この国の行く末、あり方を考えないと。このテーマで、だれか書いてくれないかなあ。

2020/07/12

“原発事故避難者” セーフティネットの非正規・外部委託化 コロナ禍追いつめられるシリア難民

 今日は、変な夢からスタート。国際政治の最前線で、北朝鮮と交渉している??? 変な夢だけど、疲れる。

 朝から、簡単に掃除、洗濯をすませ、鼎談原稿にとっかかる。

 途中、「明日へ つなげよう『分断の果てに “原発事故避難者”は問いかける』」をチラチラとみる。原発の自主避難者を追う。

3820162

原発事故から9年。今もなおさまざまな困難に直面し苦悩する避難者の実態が、支援団体による調査で明らかになった。経済的に困窮する女性、仕事や行き場を失った男性。いじめが原因でうつ病に苦しむ青年。そして賠償金を巡る争い…。見えてきたのは、偏見や差別により分断され孤立を深める人々の姿だ。調査チームは「避難者の窮状もコロナ危機の被害も、社会的構造の問題だ」と指摘。いま“原発事故避難者”が問いかけるものとは?

 猪俣弁護士や、辻内さんが出ていた。避難者の苦難と、うけた精神的なダメージについて正面から。NHKで、よくやった!

 鼎談原稿をすすめながら、オンライン集会「コロナ禍とセーフティネットの非正規・外部委託化 ~いのちの砦・生活保護ケースワークの危機」。2つも、3つもしなきゃなあ。生活保護の現場で、ここまで、ある意味法律の規定をふみにじってまで、非正規化・外部委託化がすすんでいるのかと、おどろいた。それがコロナ禍のもとで、現場に、いのちの砦に何がおこっているのか。こういう点でも、ちょっと絶望的になる。

 正直、コロナ禍で、世界がどうなるのか? たしかに、自分のまわりには直接的には変化はない。だけど、困難はじわじわと広がっている。BSなどで世界のニュースを見ていると、そうだが、日本でも、困難はいちばん弱い場から広がっていく。もう少し、それを可視化できないか。共有すべき問題として、認識を一致させていけないか。いま、そのことを考えないと大変になるのではないか。

 そこに、BS1スペシャル「レバノンからのSOS―コロナ禍追いつめられるシリア難民―」だ。

Photo_20200712223001

レバノンのシリア難民がコロナ感染拡大で窮地に。売春や臓器売買が広がっていたが、3月15日の非常事態宣言後、難民キャンプが襲撃され、自殺者まで出た。衝撃のルポ。

 レバノンに避難する120万ものシリア難民。経済的に困窮し、売春や臓器売買が広がっていた。番組が売春組織を取材中の3月15日、新型コロナウイルスの感染拡大で、レバノン政府が非常事態を宣言。しかし、難民たちは、マスクも買えず、消毒液も不足、支援団体の援助も十分ではなかった。差別が拡大、難民キャンプへの襲撃も起こり、DVが急増、自殺者も現れた。コロナ禍のシリア難民の窮状に4か月間、密着した衝撃のルポ。

 コロナ禍で、レバノンの貧困層で深刻な事態が広がっていることは、ニュースでも見ていたが。これは……。思わず、昔見た、梁石日原作・
阪本順治監督の「闇の子供たち」を思い出す。

 大竹しのぶの静かな語りが胸を揺さぶる。レバノン自体にある貧困。難民への差別がさらに、問題を深刻にする。
 後半は、女性たちの話。日本では、いま「風俗に福祉が負ける」という言葉がネットに流れているのだが……。さらに輪をかけて、人身売買が広がる。売られた女性たちは犯罪者として扱われる。シリア難民にふりかかるさまざまな苦しみは、女性たちへの暴力に転化していく。弱いものにどんどん蓄積していく。そ
こに、コロナ禍なのだ。

 今日は、ちょっとつらすぎた。次の世界への希望をはたして、どう描けるのだろうか。それでも前を向く女性はすごかった。ボクらは無力ではあってはいけないのだと心に誓う。たとえ微力であったとしても、と。

 

 

2020/05/04

国際協力のゆくえ

 今日も、結局、仕事をしていた。トホホ。割合と、決まった時間に起き、決まったパターンで仕事をしている感じ。ちょっと変化がなくって、飽きるなあ。せめてものということで、夕方の歩きは、少し場所を変える。

16470

 この川の近くで、こちらに引っ越してきたとき、アパートを探した。だけど、最初に申し込んだアパートは、審査でふるい落とされて借りれなかったという悲しい思い出がある。住宅にかかわっては、いろいろな差別がまだまだ根強くあるのだと思う。

 このコロナ騒ぎで、住宅をめぐってはどのようなことがおこっているのだろうか。地方にある大学は自宅外生が多く、寮生も多い。下宿の解約をめぐる事件も報道されていたし、すでにやってきている学生の生活もたいへんだろうなあ。

 さて、コロナで、国際的な動きをすこし調べてみた。たしかに女性機構だとか子どもの権利委員会などが提言を出したりはしている。だけど、割合と、文書になった動きは少ない感じがする。感染症対策の国際連携の取り組みの歴史を考えると、このコロナは、どこでも国内対応が中心になっているのか。ヨーロッパレベルはどうなっているのか? 多分、米中対立が影をおとしているし、トランプの米国第一主義が影響しているのか。国連事務総長や、安保理の動きも弱い感じがするのだけど。いよいよ、国際協力がためされているだけに、少なくとも出されている文献はどうにかして読みたいものでもあるけどなあ。

 アレクサを購入。いろいろ理由はあるが、息子家族とのホットライン??かな。 いまは、音楽を聴いている。なかなかいい音だな。これはいい。

 今日の夕食は、鮭のちゃんちゃん焼き、肉じゃが、みそ汁。毎日、いろいろ取り組み中。

2020/04/27

国際協力という課題は?

 編集実務をすすめる。いろいろ時間がかかる。資料がおおかったので、いろいろ指定に時間がかかる。その後は、資料読み。

16152

 あかべこは、感染症との関係が深いそうだ。天然痘と関係があるとか。これは、たぶん長男が小6の修学旅行でつくってきたものではないかなあ。

 新型コロナ対策の報道をみていて、ふと思ったことは、世界のニュースが少ないこと、とりわけ、国際協力という観点が非常に弱いということ。今後の、ウイルスの変異を考えても、国際協力というのは、かなり大きなテーマである。しかし、トランプはWHOにお金を払わないと言ってるし。ここはもっと深めるべきテーマ。これまでもバラ色でなかった(HIVの薬の問題はよく知られている)し、今後も大きな課題はあろうそうだし。米中の問題は深刻だし、アフリカについては、視野から欠落しているし。

16153

 今日は、雨。あまり歩けなかった。

16154

 でも、歩いていると、ハナミズキの季節になってきたという感じ。うちの団地は、桜の次は、ハナミズキとツツジ。「うーす紅色の…」と口ずさむ。

 夕食は、鮭のハーブ焼、ごぼうサラダ、かぼちゃ煮、きゅうりの糠漬け、わかめスープ。

 

 これまで、いっぱいいっしょに仕事をさせていただいて、いろいろお世話になった、もっとも敬愛する先生の訃報が入り、大きな衝撃。思い出がいっぱいありすぎるし、ものすごく勉強もさせていただいた。入院する直線に電話をいただいたが、留守で、電話に出れなかった。メールの最後の言葉は「無念」だった。悲しすぎる。意志を引き継いで、ボクにだって果たすべき役割がきっとある。

 

2020/02/02

幸福な監視国家・中国

Photo_20200202214401

 中国のIT技術の進行は、格段のものがある。この本の主題ではないが、とりわけ軍事の面ではそうだと思う。

 そのIT技術を駆使した監視社会をどうみるか。そこで作られるビッグデータ。それは安定した秩序ある社会をつくるというわけで。なるほどなあ。しかし、そこには、「公」と「私」の関係の問題があるという。その関係の中で、民が、権力を通じた介入を望むという。そのなかで、民主主義がどう位置づくのか。ボクは著者たちの言うほど単純じゃないとは思っているのだけど。

 暴走ということとともに、それだけにもとどまらない課題はあまりにも大きい。そのことは、ちゃんと見ないとなあ。いろいろ考えがえさせられる本だな。

 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30