« 「学術の終わりの始まり懸念」梶田隆章氏ら学術会議の歴代会長が声明 | トップページ | 障害者の受験を受け入れる大学が減少 全国障害学生支援センター調査 »

2024/06/11

国民にカンパ強制 業界団体に献金要請 金権腐敗起こす根源 山添氏 自民のゆがんだ収入告発 参院決算委

 昨日よりはよく眠れたけど、暑いなあ。今日は、朝から暑い。

20240611_092334

 腰が痛くって……。だんだんと梅雨が近づいているからか、いやな季節が近づいてくる。電車で座っていきたくて、少し遅く電車に乗ったが、全然ダメだった。お昼にならないと座るのは難しいか。

 今日は、朝からインタビュー②の起こし作業。お昼には、会議。いろいろ取材したりしたことを、伝えるようにはしているが……。新聞の活字の記事だけではわからないことを伝えるが、なかなかね。そもそも、政治の動きはほとんど理解できないような状態になっているから、しかたがない。ほんとに酷い状況だし。

 いろいろ問題意識は深まる。いろいろ突き詰めて考えたいことが、うかんでくる。頭のなかにしまっていたことがあらためて気になってくる。ちゃんとメモをつくって、どこまでわかっているのか、どう突き詰めて考えていくのか、明確にした方がいいのかなあ。もう、出来る仕事は限られているだけにね。テーマはたくさんあるけど、人権と民主主義なんだろうな。人権ということも、どうも、まだ、ちゃんと共有されていない感じなんだよな。

 

国民にカンパ強制 業界団体に献金要請 金権腐敗起こす根源 山添氏 自民のゆがんだ収入告発 参院決算委(しんぶん赤旗)
 「自民党の収入は、国民にカンパを強制する政党助成金と、賄賂性の高い企業・団体献金の2本柱だ」―。日本共産党の山添拓議員は10日の参院決算委員会で、自民党のゆがんだ収入構造の実態を告発し、金権腐敗の原因となっている企業・団体献金の禁止などを求めました。

 自民党の裏金事件を受けた政治資金規正法改正の審議が始まる中、企業・団体献金の禁止に背を向ける岸田文雄首相は“企業・団体にも政治献金の自由がある”などと言い、自民党への献金は「自発的なもの」だと繰り返しています。

 実態はどうか―日本建設業界連合会(日建連)加盟企業から自民党の政治資金団体「国民政治協会」(国政協)への献金は10年間で20億円を超えています。山添氏は「しんぶん赤旗」日曜版が入手した日建連の内部資料で、自民党側が献金の「要請額」を示し、日建連がそれに基づき会員企業に「政治寄付の目安額」を示し、割り振りしていることが明らかになっていると指摘。国政協が請求する4億7100万円の献金「要請額」に見合うように6段階の金額で各社に割り振りがされているなど、「どこが自発的か」「献金のあっせんにほかならない」と批判しました。

 山添氏は、日建連が2021年11月に大型工事に関わる予算の別枠計上など求める要望書を出した際には、その通りの予算編成の仕組みが実現し、年末には日建連会長が感謝のコメントまで出していると指摘。日建連会員企業が10年間で受注した公共事業額は27兆円を超えており、「それでも献金とは無関係としらを切るのか」と迫りました。……

 この質問が話題に。日建連のこのシステムはもう20年も前から上脇さんと赤旗が告発し続けていることで、ここ昨年も、新しい資料のスクープと告発があったばかり。5月号の上脇インタビューではスペースの関係で削ったけど、ほんとうに企業団体献金をなぜ禁止しなければいけないのかの証左である。まだまだ、追い詰めないとね。ぜったいに、自公維案を認めてはいけない!

« 「学術の終わりの始まり懸念」梶田隆章氏ら学術会議の歴代会長が声明 | トップページ | 障害者の受験を受け入れる大学が減少 全国障害学生支援センター調査 »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「学術の終わりの始まり懸念」梶田隆章氏ら学術会議の歴代会長が声明 | トップページ | 障害者の受験を受け入れる大学が減少 全国障害学生支援センター調査 »

無料ブログはココログ
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31