« 日米「指揮統制」の連携強化を批判 立憲デモクラシーの会が声明 | トップページ | 釧路へ »

2024/04/20

「子どもたちが乗った船が沈む」 現職教員らが記者会見で訴え

 頭が働かない状態ピーク??? ここから少しはよくなると信じています。そんなわけで、いろいろ試行錯誤しながらの仕事。団地の打ち合わせ、団地の作業、仕事、団地の会議という順番。

20240420_154043

 ほんとに驚くほどたくさんの仕事をやってきたけど、たくさんのことができていないなあ。そういう意味では悔いもかかえながら、これからやっていかないといけないのだろうね。

「子どもたちが乗った船が沈む」 現職教員らが記者会見で訴え(毎日新聞)
 「このままでは教師や子どもたちが乗った船が沈んでしまう」。教員不足や長時間労働の解消に向け、文部科学相の諮問機関・中央教育審議会(中教審)の特別部会で19日、残業代の代わりに支給する現行の「教職調整額」の拡充を柱とする素案が示された。これに対し、現職の教員らは記者会見で「『定額働かせ放題』と言われていた問題が解決しない」と訴えた。……

 うーん、なんで教育現場を元気に、よくなっていくような方向に「改革」がすすまないのだろうか??? 「定額働かせ」という表現がいいのかは別として、だから、記者会見の人たちの主張と、同じがどうかは別としても、こんな方向では、それこそいっそう大変になるという思いは変わらない。ほんとうに、なかなかよくならない。

 教科書で、竹田教科書が検定をとおったニュースだとか、教育の行方が心配されるようなことは少なくない。この国のイデオロギー状況というか、そこまでのことではなくても、なぜ、国民・市民意識が混沌としていることもふくめ、この国を覆うものの正体をなにかしら、なるほどって思えるような解明をしたいものなのだけれども……。

« 日米「指揮統制」の連携強化を批判 立憲デモクラシーの会が声明 | トップページ | 釧路へ »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日米「指揮統制」の連携強化を批判 立憲デモクラシーの会が声明 | トップページ | 釧路へ »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31