« 18歳意識調査「第62回 –国や社会に対する意識(6カ国調査)–」報告書 | トップページ | 5月号ができました »

2024/04/05

大学生の生活費「1日653円」の計算に…首都圏私立大に2023年度入学した自宅外通学生 東京私大教連

 やっと自粛を解禁。桜の下を出かけます。

20240405_092424 20240405_092718

 桜の木も老朽化し、思い切った剪定がすすんだため、枝ぶりに迫力がないのが寂しいところです。

 今日はとにかくインタビュー①の起こし作業をすすめます。新しい分野で、知らないことも多く、いろいろ整理していくのがたいへんで、やはり時間はかかりそうです。

 途中に会議もありました。

 

大学生の生活費「1日653円」の計算に…首都圏私立大に2023年度入学した自宅外通学生 東京私大教連(東京新聞)
 昨年4月に首都圏の私大に入った新入生のうち、自宅外通学者の生活費は月平均1万9600円だったことが、私大などの教職員組合でつくる東京私大教連(委員長・濱岡剛中央大教授)の調査で分かった。仕送りから家賃を引いた額で、1日653円で暮らしている計算になる。
◆仕送り↓ & 家賃↑ 「長時間バイトせざるを得ない」
 仕送りの減額と家賃の高騰を受けた。教連の田中雅敏中央執行委員(東洋大教員)は「多くの学生は生活のため長時間アルバイトせざるを得ない」とし、学費や奨学金返済の負担軽減、私学助成の増額などを国会に求める署名を集める。
 1985年度から毎年調査。39回目の今回は昨年5~7月、東京、神奈川、埼玉、栃木の1都3県の13大学・短大の新入生の保護者に調査票を配り、3905件の有効回答を得た。

 自宅外通学者(1383人)の仕送りは、出費が落ち着く6月以降の平均で月8万9300円。前年度比700円増で、ピークだった1994年度の12万4900円より3割近く減った。家賃は平均6万9700円で過去最高だった。……

「自宅外通学者が受験から入学までにかかる費用は、230万2181円と過去最高。家具やパソコンなど生活用品費が36万3800円で特に上がり、前年度比14%増。仕送りなども加えた、入学年にかかる総費用は312万7281円で、世帯の税込み平均年収952万円の32.9%を占める。」 「自由回答欄には「学資保険などで1000万円を準備したが足りず、奨学金を借りた」「子供2人の学費280万円、パソコン購入や定期代など300万円超。年収500万円未満の家庭ではあり得ない」「政府の子育て支援は小さな子だけでなく、いちばんお金がかかる大学生にも」などの声があった。」

 それでも、だまって、ほんとうに親も子も苦しいギリギリの生活をやって、お金をかりて乗り切るのだろうか。これだけでも、広く声があがっていくと、かわるのだけれども。

 これがその調査結果

« 18歳意識調査「第62回 –国や社会に対する意識(6カ国調査)–」報告書 | トップページ | 5月号ができました »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 18歳意識調査「第62回 –国や社会に対する意識(6カ国調査)–」報告書 | トップページ | 5月号ができました »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31