« 入管法の改正案 “技能実習制度存続させる”弁護士団体が反対 | トップページ | 岸田内閣支持率17%、2カ月連続20%割れ 毎日新聞世論調査 »

2024/03/16

(書評)『ケアの倫理 フェミニズムの政治思想』 岡野八代〈著〉

 ふー。早朝仕事スタート。風が強かったこともあり、いつもより20分ほど時間がかかった。疲れた!!

20240316_061354 20240316_063454 20240316_065823

 風景は爽やかなんだけど……。

 

 午前中パソコンのトラブルとその対応で2時間。これも疲れました!!!

 団地の総会も近くなって、その準備のためのお仕事もたくさん。仕事の方は、先の課題の調べ物が中心。これがまた、やっかいで……。企画のための調べ物というのは、やっている本人が必ずしも専門知識があるわけではなく、それで企画化するわけで、必死で調べて勉強しなくってはいけないので、ものすごく大変で担当分野が多岐にわたるともうパニックです。

 

 夜は団地の会議。2時間半コースで、今日もヘトヘト。お疲れさま自分。

 

(書評)『ケアの倫理 フェミニズムの政治思想』 岡野八代〈著〉(朝日新聞)
■歴史に位置づけ新しい社会展望

 介護サービスを受けられない「介護難民」の増加が危惧されている。一方で、働く母親たちは子育てがしにくいと嘆く。ケアをめぐる問題が関心を集めている。

 そんな今、「ケアの倫理」をテーマとする新書が出版された。ケアの倫理は人間社会の存続に不可欠なケアを中心とする判断の在り方である。著者は日本でこの分野の研究をリードしてきた。他書と比べた本書の特徴は、副題にあるようにケアの倫理がフェミニスト思想であることを明示し、その歴史に位置づけ、ケアに満ちた新しい政治や社会を展望する点にある。……

 朝日の書評。なかなか読ませる書評。うーん、自分はまだまだ読みこなせていないから、もっとしっかり読みこなさないとなあ。勉強勉強勉強がしたいなあ。ふー

« 入管法の改正案 “技能実習制度存続させる”弁護士団体が反対 | トップページ | 岸田内閣支持率17%、2カ月連続20%割れ 毎日新聞世論調査 »

日記」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入管法の改正案 “技能実習制度存続させる”弁護士団体が反対 | トップページ | 岸田内閣支持率17%、2カ月連続20%割れ 毎日新聞世論調査 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31