« 政策活動費の廃止・公開求める野党に否定的な岸田首相 二階氏の50億円も「確認するまでもない」 | トップページ | 11月の生活保護申請 前年同月比2.5%増 11か月連続前年上回る »

2024/02/06

「田中角栄 列島改造の夢と転落」

 やっぱり結構、積もっていて、朝、食事、弁当、洗濯、掃除などバタバタと家事をやったあと、ゴミを捨てに行って、そのまま、雪かきに突入。管理組合のシャベルなどを出さなくっちゃいけないけど、どこにあるのか? 教えてくれる人がいたので、鍵をもっていったけど、開かない!!! など、うまくできず。結局、かなり固くって、開け方が悪いみたいで、あとで、ほかの人が空けてくれた。たっぷり、1時間半から2時間の労働で、団地まわりはきれいになりました。明日は? 明後日は? 筋肉痛かなあ。

20240206_104240

 いろいろ管理組合事務所の窓口の人と引継ぎをしてから、職場に向かう。窓口の人に、「シャベルが乾いたら倉庫になおしといて」と言ったら、きょとんとされて、「しまっておけばいいんですね」と確認された。関西でも「なおす」は「片付ける」です(苦笑)。

 

 仕事は、明日のインタビュー②の準備が中心。少しずつ、気持ちと頭をそちらに。がんばります。

 夕方、友人から、入院しているというメール。自分もそういう年齢だなあと思うと同時に、いろいろ心配。

 

 国会中継などを見つつ、本気で、政権は、「政治とカネ」の問題を改善する気が見えない。政治活動の自由とのバランスということをくり返し言う。バランスではなく、何が政治を歪めるのかの問題。歪めるお金は、政治活動の自由を阻害するのだから。また、企業も権利があるという。問題は参政権にかかわること、ここも答えない。ほんとうに、やる気はなく、とにかくかわすことを目的とした答弁が続く。ほんとうにこれでのり切るつもりか。それとも、どこかで……。朝日のスクープ、盛山問題も重大な問題。

 

 昨日のバタフライエフェクトは、「田中角栄 列島改造の夢と転落」

 

Photo_20240206221401

「目白御殿」と呼ばれた田中角栄の自宅に、公共事業の誘致を求めて、全国から自治体や企業の担当者が陳情に押しかける映像が残っている。民主政治とは陳情政治。高邁な理想よりも目の前の現実。新潟の農家に生まれ、高等小学校卒、土建会社出身の田中角栄は、何もかも本音むき出しだった。地方と都市の格差解消の手段が道路と新幹線だった。開発を見越して地価は高騰、住民は地域発展を夢見た。田中角栄は日本に何を残したのか。

 あらためて田中角栄という政治家がでてきたことのおもしろさは、興味をひかれるんだけど、番組そのものはうすっぺらい。なぜ、田中の夢はでてきたのか? 経済界の思惑と国民の意識、そのなかでどのように国土政策が掲載されてきたのか。そして、それがなぜ破綻したのか。批判的な分析がないというか……。自民党にとっても大きな転機となった田中内閣。同時に、そこから自民党はどのように巻き返していくのか。結局、田中内閣というものが、日本の政治に何をもたらしたのか。おもしろいテーマだけに、もっともっと掘り下げたいところなんだけれどもなあ。

 

« 政策活動費の廃止・公開求める野党に否定的な岸田首相 二階氏の50億円も「確認するまでもない」 | トップページ | 11月の生活保護申請 前年同月比2.5%増 11か月連続前年上回る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政策活動費の廃止・公開求める野党に否定的な岸田首相 二階氏の50億円も「確認するまでもない」 | トップページ | 11月の生活保護申請 前年同月比2.5%増 11か月連続前年上回る »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30