« 市職員研修に教育勅語 広島市長が引用 専門家「不適切」 | トップページ | 「膨大な量。本当に心が折れそうでした」自民党の裏金疑惑を刑事告発、上脇博之教授が語った『正月返上の収支報告書チェック』きょう国会閉会、捜査の行方は »

2023/12/13

「人生かけ闘い無駄でなかった」 五ノ井さん、加害者有罪に

 今日は一点、いい天気だね。朝から提稿作業を2本。残りあと5本だけど、ボリュームとしては5分の1ほど。見通しは見えてきた?? ただただ、しっかりがんばるのみだね。職業人生も残りも少ないのだから、誇りをもってやらないとねえ。

 国会が終わった。最後は国立大学法人法改悪。うーん。いろいろなことを考えなきゃっていうことをつきつけられた国会ではあったけど、なかなかその作業がすすまないのが苦しいところ。心身とも無理はきかないけど、もう少しがんばらないといけないのも事実だし。自信をなくすることが多いのも事実なんだけどね。一つひとつ、不断に考え続ける、読み続けるしかないというところだな。山積みになっている公私とものさまざまな課題、こなす前に忘れてしまうこともちょっとつらいところなのだけどなあ。

20231014_101751


 さて。

「人生かけ闘い無駄でなかった」 五ノ井さん、加害者有罪に(共同通信)

 元陸上自衛官の五ノ井里奈さん(24)への強制わいせつ罪に問われた元上司の男3人を有罪とした福島地裁判決から一夜明けた13日、五ノ井さんが東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見した。「約2年間、人生をかけて闘ってきた。被害の経験は必要なかったが、この闘いは無駄でなかった」と述べた。
 五ノ井さんは実名での被害告発後、誹謗中傷にさらされたといい、一度は謝罪した被告3人の無罪主張にも直面したが、「人生を強く鍛えてくれる糧になった。私にとっては全てが学びだった」と振り返った。「訴えてきたことが裁判所で全面的に認められ、すごくほっとした」という。

 声をあげることの意味、意義、凄さを痛感させられる。こういうことの重みもしっかり受けとめて、考えなければいけないと思う。やっぱり、学べ、学べ、学べだ。

« 市職員研修に教育勅語 広島市長が引用 専門家「不適切」 | トップページ | 「膨大な量。本当に心が折れそうでした」自民党の裏金疑惑を刑事告発、上脇博之教授が語った『正月返上の収支報告書チェック』きょう国会閉会、捜査の行方は »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 市職員研修に教育勅語 広島市長が引用 専門家「不適切」 | トップページ | 「膨大な量。本当に心が折れそうでした」自民党の裏金疑惑を刑事告発、上脇博之教授が語った『正月返上の収支報告書チェック』きょう国会閉会、捜査の行方は »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31