« 生活保護費引き下げで国に賠償命令 名古屋高裁 全国初 | トップページ | 「新しい資本主義」論と経済安保体制の危険性――岐路に立つ世界・日本・地域 »

2023/12/01

安倍派、8億円前後収入か 裏金含め、記載は6億円超

 今日もモンモン、モヤモヤの仕事だな。いまのようにたくさんの原稿をかかえる日々を送っていると、なかなかインプットができない。ていねいにいろいろなものに目を通すと言うこともできないでいる。いまの局面はめずらしく、インプットの作業をたっぷりとできる局面。新聞を整理をしたり、資料を読んだりします。ただ、最初はぼやーっとしたところからはじまる。そこから、企画として形をつくるというか、テーマを絞り込んで、並行して執筆者、取材対象者も絞り込んでいく。その人の著作を探して読み込んでいく。そういう過程のまだ、出発点でうろうろしているのがいま。今日はそこからはなかなかすすまなかった。

 

 午後にインフルエンザワクチン。この歳になると、住んでいる行政で助成されるから、職場の互助会からも、住んでいるところで打ってくださいと言ってくる。近所のクリニックでワクチン打ってくれる曜日は限られるから、なかなか面倒な仕事である。

 

 少しは団地の風景もきれいになってきたかな。

20231201_134658 20231201_144942

 

 モンモン、モヤモヤの仕事の一日は、朝の大きなニュースから。

安倍派、8億円前後収入か 裏金含め、記載は6億円超(共同通信)
 自民党派閥の政治団体による政治資金パーティーを巡る問題で、安倍派(清和政策研究会)の政治資金収支報告書に記載されたパーティー収入は、2022年までの5年間で計約6億6千万円だったことが1日、分かった。パーティー券の販売ノルマを超えて所属議員が集めた分について、議員側に還流させるキックバックが続いてきたとされ、その分は裏金になった疑いがある。5年間で1億円以上に上るとみられ、実際のパーティー収入は少なくとも8億円前後に膨らむ可能性がある。……

 赤旗のスクープからはじまった、自民党のパーティー券疑惑は、本格的な裏金疑惑の様相に。しかも、慣例化されていたという話もあり、自民党をまるごと包み込む、政治腐敗問題にすすんでいく様相も見える。この種の問題がおこると、一部メディアはこれで、政治の大事な問題が国会で議論されなくなるというけれども、政治の歪みをつくっていること。それは政治のあり方の根幹にかかわるということ。総じて、いま日本の民主主義が壊れかかっているだけに、しっかり、議論しつくさないといけない。

 

 ガザの空爆は再開され、すでに50人以上の死者が出たという……。つらい、きびしい世界が目の前にある。

« 生活保護費引き下げで国に賠償命令 名古屋高裁 全国初 | トップページ | 「新しい資本主義」論と経済安保体制の危険性――岐路に立つ世界・日本・地域 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活保護費引き下げで国に賠償命令 名古屋高裁 全国初 | トップページ | 「新しい資本主義」論と経済安保体制の危険性――岐路に立つ世界・日本・地域 »

無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29