« 大阪・関西万博からメキシコなど約5か国が撤退の意向 | トップページ | 「個人的な大江健三郎」 »

2023/11/11

「今は何をやっても裏目」内閣支持率10ポイント以上急落の衝撃 JNN世論調査解説

 早朝仕事スタート。

 朝。

20231111_060354

 今日は、朝から緊急インタビュー②の設定の作業をすすめる。何とか日程を決め、内容の相談のためのいろいろな準備作業をすすめる。合間に団地の仕事。ぜんぜん違う内容の話だけど、それぞれ結構、難しい話なので、頭の中がこんがらがっている。なかなか大変。それぞれが胃にも負担。

 

「今は何をやっても裏目」内閣支持率10ポイント以上急落の衝撃 JNN世論調査解説(TBS NEWS)
 JNNが行った最新の世論調査で岸田内閣の支持率が先月の調査から10ポイント以上、下落。政権発足後、初めて30%を切り、過去最低となった。
 11月2日に経済対策をとりまとめた直後の調査なだけに永田町では「相当な危険水域」だと衝撃が走っている。なぜ支持率はここまで急落したのか。
 11月4日、5日に実施したJNN世論調査で岸田内閣を「支持する」と答えた人は前回の調査から10.5ポイント下落し、29.1%と過去最大の下落で、政権発足後過去最低となった。「支持できない」という人も68.4%で過去最高だった。
 JNN世論調査は2018年10月から調査方法を変更したため単純に比較できないが、30%を切ったのは、2012年12月に自民党が政権に復帰して以降、最低である。……

 「最近30%を切った例は、2012年11月の民主党・野田政権の末期で25.2%、自民党政権では世界金融危機の対応などで支持を落とした2008年12月の麻生内閣(23.9%)まで遡る。今回はおよそ15年ぶりの低水準となった」ということだそうだ。野田政権も、麻生政権も、それぞれ、政権交代の直前の内閣である。そういう事態にある。

 だけど、政局にはならない。対抗馬がいない、対抗的なビジョンが国民のところに届かない。それを揺り動かす運動がない。それをつくりだしているのはメディアだなどなど、これまで当たり前のように、くり返し、くり返し、言われていることを考えるのだが……。この調査でも、「すぐに交代して欲しい」と答えた人は全体で28% と、世論も倒閣に向かっているわけではない。岸田さんの経済対策所得税3万円と住民税1万円の定額減税などを「評価しない」人が6割以上、「経済対策」全体を「期待しない」人は7割以上に及んでいる。ちなみに、求める「デフレに後戻りしないための一時的措置」は「消費税の減税」がもっとも多く41%、岸田さんは「いまは考えていない」と繰り返し述べているのだが……。腰をしっかり落ち着けて、対抗的な運動を考えないと、議論を考えないと!

« 大阪・関西万博からメキシコなど約5か国が撤退の意向 | トップページ | 「個人的な大江健三郎」 »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪・関西万博からメキシコなど約5か国が撤退の意向 | トップページ | 「個人的な大江健三郎」 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31