« 「埼玉県で子育てしたくない」? 子どもだけの外出・留守番は「虐待」とする自民の条例改正案に保護者反発 | トップページ | 「老いる日本の“住まい” 第2回マンションに迫る2つの“老い”」 »

2023/10/07

Z世代の約7割が日本社会の未来に「希望を感じていない」…理由2位「少子高齢化」を超えた1位は?

 今日もとにかく対談①起こし。進行は起こしを完了し、明日から本格的原稿づくり。まだまだ、先は長いが、その中身に、いろいろ考える。ふむ。一日中、集中しての仕事。降りしきる仕事に、やっぱり覚悟を決めて仕事をしないとなあ、と。心を決めてのメールもね。

 夕食は、初鍋(苦笑)。

 そして、今夜は地元の花火大会。子どもたちの声が響いていた。あんまり見ないけど、チラ見。

20231007_180415

 

Z世代の約7割が日本社会の未来に「希望を感じていない」…理由2位「少子高齢化」を超えた1位は?(まいどなニュース)
 Z世代の7割強が「日本社会の未来に希望を感じていない」と回答――ビッグローブ株式会社(東京都品川区)が運営するインターネットサービスプロバイダーの『BIGLOBE』は、オウンドメディア『あしたメディア by BIGLOBE』上にてそんな調査結果を発表しました。また、希望を感じない理由としては、「政治に期待が持てない」「少子高齢化が進んでいる」などに回答が集まったそうです。……

 自分の子どもよりさらに若いℤ世代。その世代の思いはやはり知りたいところ。この「政治に期待が持てない」というのをどう受けとめるべきあのかを真剣に考えないといけないと思う。

 「関心のある社会問題」を複数回答で答えてもらったところ、「地球温暖化」(56.9%)が最多となったほか、「高齢化社会」「経済格差」(いずれも56.6%)、「止まらない円安」(55.1%)などが上位。「日本の社会は不公平だと感じますか」と聞いたところ、74.0%が「不公平だと感じる」(感じる33.1%・やや感じる40.9%)と回答したそうだ。「不公平だと感じる」と回答した259人に対して、「日本の社会で不公平だと感じること」を複数回答で答えてもらったところ、「経済格差」(64.1%)、「社会的な地位による格差」(49.4%)、「ジェンダーギャップ(性別による格差)」(37.5%)が上位。「年上の世代に対しての不満」は、具体的には「前時代的な価値観の押し付け」が圧倒的で、「経済成長の停滞」「政治の停滞」「人権意識の低い社会構築」「少子化による人口減」など。うーん、心したいところ。

« 「埼玉県で子育てしたくない」? 子どもだけの外出・留守番は「虐待」とする自民の条例改正案に保護者反発 | トップページ | 「老いる日本の“住まい” 第2回マンションに迫る2つの“老い”」 »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「埼玉県で子育てしたくない」? 子どもだけの外出・留守番は「虐待」とする自民の条例改正案に保護者反発 | トップページ | 「老いる日本の“住まい” 第2回マンションに迫る2つの“老い”」 »

無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29