« 23年ノーベル経済学賞、歴史から見る男女間格差 ゴールディン氏が女性経済学者初の単独受賞 | トップページ | 岸田内閣支持率25% 過去最低で横ばい 毎日新聞世論調査 »

2023/10/14

「チロンヌㇷ゚カムイ イオマンテ」

 昨日は、かなりしっかり眠れた感じがするのだけど、だけど、早朝仕事スタートだったので、やっぱり睡眠不足。おまけに、つらい夢を見たのか、朝から心が重い。若いころの夢なんだろうけど何なんだろう? 覚えているのはおしっこで困っていたぐらいなんだけど(苦笑)。

 早朝仕事の時間はまだまだ暗くなっている。朝日が昇る。

20231014_060945

 さっそく、インタビュー②原稿づくりからスタート。とりあえず、今日は形にして、さらに手をいれはじめているけど、まだ、構成に悩むなあ。とにかく、明日には、仕上げの方向まで見えるようにしないといけない。うーん、大丈夫か。若いころと違って、原稿をつくったり、仕上げたりするうえでも、悩んだり、葛藤したりする過程が、いまはとてもつらいんだよなあ。年なわけだけど、そこはがんばるしかないのかなあ。

 朝から、植栽の作業を少し。ここ数カ月の取り組みで、やっとだいたい現状と問題点が見えてきた感じ。その解決策をさぐるのはこれからで、こらはなかなか難しいとは思うんだけど。伐採の合意なんて、団地で形成するはそうとうやっかいだけど、同時に、この木々過多の現状も共有しなければならないところ。みなさんにがんばってもらいましょう。

 ベランダの朝顔は今日は復活、まだまだだなあ。

20231014_082755

 団地のきんもくせいはことしは臭いも結構。うむ。

20231014_162421

 仕事も団地仕事も家事も、先送りばかり。さぼっているわけでは全然ないのになあ。もっと、外にふろうとは思って、やっているけど、なかなかうまくいかない。とりあえず、明日の日曜は、いろいろ先送りしてきた借金をどこまで返せるかだなあ。

 

 実は、この前、釧路にいったとき、屈斜路湖の近くで、「チロンヌㇷ゚カムイ イオマンテ」という映画を見た。キツネのイヨマンテのドキュメント映画だ。30分バージョンの縮小版だったけど、それだけでも、生々しく息をのんだ。アイヌの生命との向き合い方のすごさ、すさまじさを生々しく見た、つまり、それはアイヌが生きることそのもなんだよなあ。そのことは、深く考えたいテーマでもある。長いバージョンのDVDをて見入れようか、わりかし真剣に、悩み中。

 この地域の、文化だとか、生活だと、いろいろ考えさせられるものはある。一方では、切り捨てられている地域でもあるなかで。たぶん、しばらく、釧路で過ごす時間を増やしていこうとは思っている。

640-1_20231014215601

« 23年ノーベル経済学賞、歴史から見る男女間格差 ゴールディン氏が女性経済学者初の単独受賞 | トップページ | 岸田内閣支持率25% 過去最低で横ばい 毎日新聞世論調査 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 23年ノーベル経済学賞、歴史から見る男女間格差 ゴールディン氏が女性経済学者初の単独受賞 | トップページ | 岸田内閣支持率25% 過去最低で横ばい 毎日新聞世論調査 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31