« トランスジェンダー性別変更、生殖不能の手術要件は「違憲」 最高裁 | トップページ | 辺野古新基地建設に関して代執行を求める提訴を直ちに取り下げ、対話による解決を岸田自公政権に求める憲法研究者有志の緊急声明 »

2023/10/26

ヤマト運輸、パート社員の「契約終了」方針を撤回し謝罪 茨城、神奈川、静岡で労働組合が確認

 うーん。今日も明日の来月インタビュー①の準備。それから、実務と、来月原稿の連絡などなど。先の原稿のヒントになりそうな、資料の収集。まだまだだなあ。

 今日も、まだまだ暑さも残る、変な天気だ。

 駅前で一番早く色づく、イチョウは、少し色づいてきた。

20231026_100411

 しかし、まもなく11月だよなあ。少しずつ元気を復活させないと。残り少ない、仕事の時間も大切にしなくっちゃいけないし。しっかり過ごさないといけない。

 パレスチナ/イスラエルをめぐる問題は、その国際社会の動向は錯綜し、いろいろな力が行き交っている感じ。少しの期待もないわけではないけれども、それでも、パレスチナの死者は6000人を超えたという報道が出ている。そうとうな数になっているのに、報道も、国際社会の動向も、それに見合う形になっていないのがつらいところ。ガザにおけるジェノサイドはこれからの話ではなく、すでに目の前にある問題という認識が……。

 事務総長の発言に、イスラエルは徹底した攻撃を集中させている。先行きは不透明。これまで、国際社会が不問にしたり、十分に、つっこでんできなかったことのつけなのだろうか。そういう意味では、まだまだ歴史的経過の共有がなされてない、政治対立のなかにあるということ。それだけに、この問題の根源に責任ある国々、日本をふくめての役割が大きいはずなのに……。

 

 日本でも暗いニュースが多い。GDPが4位になって、日本経済はどこへ行くということが話題に、そのなかで大事なヒント。

ヤマト運輸、パート社員の「契約終了」方針を撤回し謝罪 茨城、神奈川、静岡で労働組合が確認(東京新聞)
 一部の配達事業を日本郵政に委託することを巡り、ヤマト運輸がメール便の業務に携わるパート社員に通知していた「契約終了」との方針を撤回し、謝罪していることが分かった。パート社員を支援していた労働組合が少なくとも3県(茨城、神奈川、静岡)で撤回を確認しており、労組側は「闘いの成果だ」と話している。……

 あらためて、労働組合の役割に、光があたればいいなあ。

« トランスジェンダー性別変更、生殖不能の手術要件は「違憲」 最高裁 | トップページ | 辺野古新基地建設に関して代執行を求める提訴を直ちに取り下げ、対話による解決を岸田自公政権に求める憲法研究者有志の緊急声明 »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランスジェンダー性別変更、生殖不能の手術要件は「違憲」 最高裁 | トップページ | 辺野古新基地建設に関して代執行を求める提訴を直ちに取り下げ、対話による解決を岸田自公政権に求める憲法研究者有志の緊急声明 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31