« 未来に伝えるため行動ぜひ | トップページ | ガザの事態を憂慮し、即時停戦と人道支援を訴える中東研究者のアピール »

2023/10/17

「砂漠の英雄と百年の悲劇」

 今日もいい天気。

20231017_085135 20231017_080235

 今日は、朝からインタビュー①の起こし・原稿づくり作業。とにかくもうスピードでやらないと。今月のいろいろ原稿の着地の段取りをつけ、〆切をのばすものはのばしたり。会議と実務もあり、あわただしく時間がすぎていく。

 いろいろ、うまくこなせていない。悩んだりするのも、傷ついたりするのも結局、どんどんこぼれていくのだろうと。それでも、できること、やるべきことをよく考えて、やっていくしかないのだろうけど……。

 

 今朝の新聞を読みながら、清末さんの訴えに心をかきむしられる。「軍事封鎖の中で逃げ場がない。無差別攻撃を受けている」「ガザ地区の人口の40%が子ども。子どもがどんどん殺されている」……。想像を超えるような、深刻な事態がすすんでいる。もっと、人道を基礎に置いた議論がすすめられるべきだ。

 昨日は、映像の世紀 バタフライエフェクトを見た。「砂漠の英雄と百年の悲劇」

12_20231017221501

古来パレスチナは、アラブ人とユダヤ人が共存して暮らす場所だった。そこに対立の火種を持ち込んだのは、イギリスだった。両民族に独立国家建設を約束したのだ。イギリスの情報将校ロレンスは、第一次世界大戦中にオスマン帝国に潜入、アラブ民族独立をあおり、オスマン帝国打倒をもちかけた。しかし一方でイギリスはユダヤ人にも同じ約束をしていた。百年前のひとりの英雄の裏切りから始まる、憎しみの連鎖の物語である。

 この問題の根源には、ヨーロッパにおけるユダヤ人排撃と、そして中東でのヨーロッパによる植民地支配があることははっきりしている。つまり中東の問題というより、ヨーロッパ・アメリカの問題であり、日本の問題でもある。それらの国はまずその責任をはたすべきだ。番組は、その歴史についてはよくわかる内容になっていて、よくできた映像資料だけれど、それでも、ユダヤ人の直面した困難に比して、パレスチナのそれは深め方がよわいように思える。イスラエルによる暴力よりも、パレスチナのテロによる抵抗が印象に残り、やはり、フェアではないようにも思える。それは番組というよりも、社会での認識がいまだにそういうことなのだろうと思う。全体としては、大事なことを言っている。ロレンスの後悔と苦悩は、胸に迫る。バンクシーをはじめとした美術家たちのとりくみは希望か? ならば政治はどうなのだろうか……。

 歴史もうそうだけど、同時に、イスラエル/パレスチナの議論の流れと到達点、そして、いまの入り組んだこの地域をめぐる政治の状況をどう考えるのか、だな。

 事態は、ほんとうに深刻な方向に向かっている。今まで直面したことのない危険かもしれない。何とか企画をとは思うが、なかなか難しい。いろいろなものを読んでいる最中。なにができるだろうか?

« 未来に伝えるため行動ぜひ | トップページ | ガザの事態を憂慮し、即時停戦と人道支援を訴える中東研究者のアピール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未来に伝えるため行動ぜひ | トップページ | ガザの事態を憂慮し、即時停戦と人道支援を訴える中東研究者のアピール »

無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29