« 孫たちの保育園の運動会 | トップページ | 首相の所信、そして代表質問と国会論戦がはじまった »

2023/10/22

「緑豆の花」 再論

 昨日、深夜に足がつった。いつもよりひどくって、いつもの対処では、どうにもならず、結構、長い時間、のたうち回っていた。こんなの初めてだった。体に変化があるのかなあ。(;´д`)トホホ。

 で今日は、日曜日だから、掃除、洗濯を朝から、それになりしっかりと。職場のイベントもあるが、明日から工場籠城なので、その仕事に専念。基本ゲラ読みと、ゲラへの転記などなど。提稿1本で、あとは……。

 

 少し時間があったとき、「緑豆の花」を見る。何度か中断しながら見ているドラマだけど。やっと最後まで見た。

13_20231022221501

 やっぱり、驚きのドラマ。ここまで、きびしく、日本の侵略と植民地支配を正面に描きながら、その抵抗の、庚午農民戦争=東学農民戦争を描いているとは、これは予想以上だった。最後は、金九を登場させて、このたたかいと現代の韓国との連続性を強調する。憲法にもとづいた正当性だ。そういう韓国の認識に、日本はあまりにも無関心すぎる。無知すぎろ。朝鮮でのジェノサイドは、すでにこの時期からはじまっていたのだ!

 

 参院高知・徳島選挙の補選は、広田さんの勝利! まずはうれしい。

« 孫たちの保育園の運動会 | トップページ | 首相の所信、そして代表質問と国会論戦がはじまった »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孫たちの保育園の運動会 | トップページ | 首相の所信、そして代表質問と国会論戦がはじまった »

無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29