« 岸田首相 あす内閣改造へ 初入閣11人 女性の入閣5人は過去最多 | トップページ | 職業教育進学者、加盟国平均下回る OECDが報告書 »

2023/09/14

極右論者らの浸透許す自衛隊 「戦後憎悪」へ逃げ込むな=吉井理記(東京学芸部)

 何か今日は、もうスピードでインタビュー③の原稿化。とにかく大胆に編集して、何となく形が見えてきた感じはする。明日には、原稿化しきって、明後日に仕上げにかかれば、いろいろ忙しいほかの用事があっても、日曜日の早い時間には発信できそう。なかなかがんばっています。

 だけど、インタビュー②から休みなしで③に突入すると、やっぱり心身ともきついです。昨日までは、ずっと部屋にこもって原稿と向き合っていたので、よけいにね。この仕事は、やっぱりきついです。

 久しぶりにベランダの朝顔。まだまだにぎやかだなあ。

20230914_084910

 阪神の”あれ”が今日一日中の話題だった。85年のときは、東京に来たばかりだったけど、熱狂的な阪神ファンだった(大阪だし)。その年の甲子園は清原だった。2003年と2005年は、もう阪神ファンではなかったな。いまは、阪神の選手はほとんど名前も知らない。忙しくてあまり野球も見なくなった。”あれ”が話題になっているけど、”あれ”というと、ボクは緑豆の花の主人公のイガンを連想してしまう。だいぶちがうことだけど、言葉にできないことというものは、いろいろあるなあとは、考えたりする。

極右論者らの浸透許す自衛隊 「戦後憎悪」へ逃げ込むな=吉井理記(東京学芸部)(毎日新聞 記者の目)
 先日、未来の自衛隊のリーダーを育てる防衛大学校(神奈川県横須賀市)の等松春夫教授が、防大の教育の実態を毎日新聞デジタルや夕刊(8月7、14日)で告発した。

 詳しくはそちらをご覧いただきたいが、とりわけ防大や自衛隊の各教育機関で、極右論者らを講師として招いていることに驚いた読者が多かったようだ。だが、記事で触れたのは一例に過ぎない。実態はもっと深刻だ。

 というのも、中には現憲法や戦後日本を全否定するような論者もいるからだ。「戦後否定」や「戦後憎悪」と言ってもいいと思う。……

 それがすべてではないとしても、でも、自衛隊のなかで大きな影響力をもっていることが否定ができないことでもある。いろいろな人の話を聞いても、そのことはいえる。たとえば、自衛隊の基地は旧軍の基地をそのまま使用しているところが少なくない。そういうところの広報施設にいくと、地方にいくほど、実は、旧軍との連続性を感じさせる展示がすくなくない。鹿屋なども典型だけど、九州では、そうした連続性を誇りとしているものも少なくはないのだ。もしかしたら、憲法の規範性への意識が薄れ、近年ふたたび強まっているのかもしれないし、注意が必要なのかもしれない。いろいろ気になることが多いこのごろである。

« 岸田首相 あす内閣改造へ 初入閣11人 女性の入閣5人は過去最多 | トップページ | 職業教育進学者、加盟国平均下回る OECDが報告書 »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸田首相 あす内閣改造へ 初入閣11人 女性の入閣5人は過去最多 | トップページ | 職業教育進学者、加盟国平均下回る OECDが報告書 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31