« 夫婦別姓に賛成、過去最高6割 同性婚容認も75.6%―家庭動向調査( | トップページ | 私たちの夢を奪わないで…外国籍の子どもへの在留特別許可、「対象外」の子どもたちが悲痛な訴え »

2023/08/25

辺野古「不承認」訴訟、沖縄県の敗訴確定へ 工事再開へ動き加速か

 ほんとにほんとに朝から暑いけど、朝から外回り。もう、ヘトヘトだな。

20230825_103812

 だんだんと雲が増えていく。少し、不安定な空模様。

20230825_111354

 夕方になると、日暮れがずいぶん早くなっているのに、気づく。暑くても、少しずつ、季節は変わっているのはたしかだなあ。

 今日は、とにかく、来月インタビューなどの資料の収集とか、読み込み。気分を変えて、次に向かわないと、淡々とね。

 

 昨日は、弱気の書き込みをしていたけど、朝から、頭をガツンとやられる。

辺野古「不承認」訴訟、沖縄県の敗訴確定へ 工事再開へ動き加速か(朝日新聞)
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、防衛省が申請した設計変更を玉城デニー知事が不承認にした後、国がこの不承認処分を取り消したのは違法だなどとして、県が国を訴えた二つの訴訟の上告審で、県の敗訴が確定する見通しになった。

 最高裁第一小法廷(岡正晶裁判長)が24日、1件の判決期日を9月4日に指定。高裁判決を変えるのに必要な弁論を開かないため、県の敗訴とした福岡高裁那覇支部の結論が維持される見通しだ。もう1件についてはこの日に県の上告を退け、県敗訴が確定した。

 訴訟は、辺野古沖の海底で見つかった軟弱地盤の対策をめぐるもの。知事の不承認で現在は埋め立て工事が止まっているが、判決が確定すれば知事には申請承認の義務が生じ、埋め立て工事の再開に向けて事態は大きく動くことになる。……

 実は、朝日は酷い記事。県は、追い込まれているということしか書かない。沖縄タイムスは徳田さんに、徹底して、最高裁の態度の批判を語らせる。県の道理ある主張は一顧だにしないと。琉球新報は、国に、代理執行の制度があるのだから、県は最高裁の判断に従うのでなく、独自の判断をすべきだと、本多さんに語らせる。総じて、状況は変化しているだから、県民の意見を集めて、県はあらためてしっかり判断すべきだということが地元紙の主張。うん、本土のメディアもひどいから、うだうだ言わずに、ボクらは声をあげなければいけない。権力がそうがかりで、民意をつぶすというのなら、覚悟をもって、主張しないといけない。そう、朝から思った一日。

 

« 夫婦別姓に賛成、過去最高6割 同性婚容認も75.6%―家庭動向調査( | トップページ | 私たちの夢を奪わないで…外国籍の子どもへの在留特別許可、「対象外」の子どもたちが悲痛な訴え »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夫婦別姓に賛成、過去最高6割 同性婚容認も75.6%―家庭動向調査( | トップページ | 私たちの夢を奪わないで…外国籍の子どもへの在留特別許可、「対象外」の子どもたちが悲痛な訴え »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31