« 8月号ができました! 「県議会委員会の非公開審査内容明らかに 寄宿舎廃止問題」 | トップページ | 『獄中メモは問う 作文教育が罪にされた時代』 »

2023/07/08

身体拘束「なぜ心が痛むの?」「地域で見守る?あんた、できんの?」精神科病院協会・山崎学会長に直撃したら…

 疲れはかなりピーク。暑さ負けか、ストレスか? 胃がムカムカ。しんどいなあ。おまけに、早朝仕事は、雨模様。なんだかねえ。今日は、とにかく、インタビュー②原稿づくりをすすめる。大きな形をつくり、いろいろ形を整える作業。これを明日中にできれば、週明けには仕上げにかかれるかなあ。机に向っての作業は、早朝仕事スタートには結構つらいなあ。

 午前に少しと、夜には、団地の仕事。とにかく、一つひとつこなしていきましょうね。

20230708_054400

 これについても、いろいろ対応をすすめないと。

 

 だけど、うまく、休息や、気分転換をはさなまいと、続かないなあ。うーん。

 

 昨日から、Hさんが、釧路に。映画「教育と愛国」釧路上映会は大盛況だったようで。ほんとによかったです。ほんとは、ボクも、釧路に応援に行くはずだったのに。なかなかそれを許さない事情がそこいらに。さみしいなあ。いろんなことを許さない、厳しい事情がある状況になっています。楽しい時間を過ごしたいなあ(苦笑)。大きなお風呂にもゆっくり入りたいなあ。まあ、経済的な事情も、年金生活者としては……。とともに、そこで時間をとられると、その後がしんどいということもあったりするのだけど(大苦笑)。

 

身体拘束「なぜ心が痛むの?」「地域で見守る?あんた、できんの?」精神科病院協会・山崎学会長に直撃したら…(東京新聞)

 世界で最も身体拘束が行われている日本の精神科病院。厚生労働省では現在、拘束要件の見直しが不透明なまま進むが、精神科病院を束ねるドン・日本精神科病院協会(日精協)の山崎学会長(82)はどうとらえているのか。「こちら特報部」の単独インタビューに応じた山崎氏の言葉を詳報する。……

 おどろくべき開き直りと、恫喝。藤井さんの言うように、こういう人を日精協の会長にしている、日本社会というものが問われている。そのことをといつつ、だけど、いちばんの根底には、精神医療をこのような状況に追い込んでいる、日本の精神医療政策の構造的な問題があることを考えざるをえない。

 日本の絶望をあげればきりがない。問題は、ここから何をどうはじめるかなのだけれども。

« 8月号ができました! 「県議会委員会の非公開審査内容明らかに 寄宿舎廃止問題」 | トップページ | 『獄中メモは問う 作文教育が罪にされた時代』 »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月号ができました! 「県議会委員会の非公開審査内容明らかに 寄宿舎廃止問題」 | トップページ | 『獄中メモは問う 作文教育が罪にされた時代』 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31