« 一気に解散の流れに……。 | トップページ | 自殺の動機「奨学金の返済苦」、22年は10人 氷山の一角との声も »

2023/06/15

トホホな一日だった

 今日は、午後から、対談の収録なので、その準備。昨日につづき、今日も、朝から解散風がふきまくっていた。

 午前中は、資料を読んだり、調べたり。そして午後から。

20230615_143107

 この浮足立ったバタバタしたなかで、無事できるのかと思ったけど、結果的に、いろいろいっぱいいろんなことが起こり続けた。とても、無事、収録できたという感じではない。いろいろ振り回されて……。いやあ、原稿づくりは相当たいへんだ。

 もう完全に、解散に向かうという雰囲気が支配的という感じだったけど、なんと、解散見送りが岸田さんの口から。ほんとうに解散をもてあそぶ人。ものすごく解散ということが軽く、国会に対する敬意もない。民主主義を大事にするという政治哲学が感じられない。

 いろいろ、見たり、聞いたりしている感じでは、一度は解散のほうに気持ちは傾いたのだろうとは思う。だけど、説得されたのか、ふみきれなかったのかは知らないが……。ここまで、首相みずからが煽ったのだから、この結末は、首相の求心力にどう影響するのだろうか。これも、対抗馬がいないゆえの、一種の暴走か? ますます、政治というものが国民から、市民から遠のいていくとしか思えない。

 ボク自身は、ほとほと疲れた。と同時に、たいへんな原稿づくりにむかわないと。トホホな一日だった。

« 一気に解散の流れに……。 | トップページ | 自殺の動機「奨学金の返済苦」、22年は10人 氷山の一角との声も »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一気に解散の流れに……。 | トップページ | 自殺の動機「奨学金の返済苦」、22年は10人 氷山の一角との声も »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31