« 「フェミ科研費裁判が問うてきたもの」 | トップページ | 激しく、慌ただしい日 管理組合総会、8年ぶりの再会など »

2023/05/27

「大軍拡阻止と歴史の教訓、憲法の原点と平和外交を進めるために」

 早朝仕事スタート。いまの体調ではかなりきつい。季節はアジサイに。

20230527_053238 20230527_055548 20230527_062309

 仕事は、引き続き。いろいろ揃えたり、読んだり、メールのやり取りをしたり。読む量が少ない、少ない、少ない。ここの限界をどう突破するのかが、鍵。あとは、作業をもっとスピードアップ(うーん)。インタビューは少しずつ決まるが、原稿の発注がなかなかねえ。これも、難しいだわ。

 団地の管理組合の総会が明日。その準備にも忙殺される。みんな高齢化しているから、準備にも時間がかかる。難題ばかりの管理組合。うまく、みんなの知恵と力を集めながら、いい解決方法をつくりだせればいいんだけど。

 午後に、敬愛する山田朗さんの講演を聞く。ズバッと切り込む山田さんの話を無性に聞きたくなる。題して「大軍拡阻止と歴史の教訓、憲法の原点と平和外交を進めるために」。
 話は、日本の歴史のなかで軍拡がすすんだのはどういう時期か、その背景にあった軍事同盟という話からはじまる。そして、その軍拡がどのようにすすめられ、どのような結果をつくり出したか。そこから歴史の教訓は明確だ。では、いまの安保三文書のもとでの軍拡はどうなのか。軍事突出、中国仮想敵の日米同盟強化、そのもとでのGDP2%のトリック。軍拡でなにをしようとしているのか。抑止力と対処力の強化は、他国に脅威を与える装備の強化、それが何を意味するのか。日本の行く末を考えさせられる。勉強になりました!

 いろいろあるけど、基本、がまんの日々だなあ。仕事からということでもなかろうが、いろいろな面で、がまんの日々が続きますねえ。生活のしんどさ、いろいろな面での困難。なかなか、難しいですし、いろいろ模索をしなくてはいけません。この歳になると、どうしても孤立しますが、しっかり、しましょうね。

 

« 「フェミ科研費裁判が問うてきたもの」 | トップページ | 激しく、慌ただしい日 管理組合総会、8年ぶりの再会など »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「フェミ科研費裁判が問うてきたもの」 | トップページ | 激しく、慌ただしい日 管理組合総会、8年ぶりの再会など »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31