« 前衛5月号ができています(その1) | トップページ | 怒りを! ウィシュマさん死亡直前の映像入手 衰弱し指先が冷たくなり… と 栃木の寄宿舎問題 »

2023/04/06

「同志国」に防衛装備品提供へ ODA対象外の軍支援に踏み出す方針 あと 前衛5月号紹介(その2)

 花粉症の薬がちょっときついなあと感じる。眠気が半端ないなあ。だるいしなあ。そろそろ、薬をやめようかとも思うけど、そうすると、花粉症そのものがまだつらいのかなあ。さてさて。

 今日は、とにかくインタビュー①原稿を仕上げる。そして、発信。それから、提稿作業を1本。それを終えてから、明日のインタビュー②の準備。今日も、休みなく働いたなあ。出勤途中の道は……。

51214 51215 51216

 まだ、4月のはじめだけど。

 ムツゴロウさんが亡くなったというニュース。たぶん、畑さんとの出会いは、たぶん中学生のとき、図書館で『生きる アメーバから人まで』を読んだのが最初。もう内容は覚えていないけど、生物が好きになった。そういう生物の入門書だったと思う。そのころはまだ、ムツゴロウさんではなかったけどね。いろいろあった人生。合掌。

 

 さて、今日のニュース。

「同志国」に防衛装備品提供へ ODA対象外の軍支援に踏み出す方針(朝日新聞)
 政府は5日、外交目的などを共有する「同志国」の軍に防衛装備品などを提供する新たな枠組み「政府安全保障能力強化支援(OSA)」を導入することを決めた。同志国の安保能力を強化することで、日本にとって望ましい安保環境をつくるのがねらい。これまでの政府の途上国援助(ODA)では対象外だった軍の支援に踏み出す。……

 安保3文書は、着々と具体化されていくという感じ。ほんとうに、日本はどこにいく。軍事同盟や軍事的な結びつきを、対中を軸に強めていく。おそらく、対象となる国には、共同演習などにも進んでいく懸念もある。太平洋の国々はそうであるように。こんなことを、国会でも議論せず、閣議決定や、政府の決定としてきまっていくという不気味さ。ほんとうにどうなるのか?

 

 前衛5月号の紹介(その2)は、安保三文書などについての国会論戦に関する企画。赤嶺、宮本、山添座談会は、国会論戦をていねいに追う。そもそも、憲法問題としてとらえた質問は、共産党以外にはなく、この問題そのものの質問も、とても少なかった。そのなかで、共産党の役割がとても重要で、発揮された論戦だったことが、国会前半の大きな特徴であることがわかる。小泉さんの論文は、その国会論戦を、岸田さんの答弁のでたらめさという視点から批判していく。いかに、まともに返答せず、うそをならべてかわし続けるのか。この問題は、平和の問題という意味でも、民主主義の問題と言う意味でも、大きな憲法問題なのだ。

 学術会議の問題を、科学史の研究者の隠岐さんが論じている。独立した科学アカデミーに政府が介入することも異常性を、歴史を振り返りながら明らかにしている。これは説得的。火山研究者の浜田さんが、「日本学術会議会議法改正は民主主義の危機、と改めて強調。軍国主義化との指摘も、憲法9条をもつ平和国家・日本に微かな望みをかけている者としては重い」とtwitterで紹介してくれている。

« 前衛5月号ができています(その1) | トップページ | 怒りを! ウィシュマさん死亡直前の映像入手 衰弱し指先が冷たくなり… と 栃木の寄宿舎問題 »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前衛5月号ができています(その1) | トップページ | 怒りを! ウィシュマさん死亡直前の映像入手 衰弱し指先が冷たくなり… と 栃木の寄宿舎問題 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31