« 「​辺野古裁判と誇りある沖縄の自治─裁判の今とこれから─」 | トップページ | 虹色の旗を手に「全ての人が誇りを」 渋谷でLGBTQパレード »

2023/04/23

入管法政府案「立法事実」への疑問 同一難民審査参与員が2年間で2000件審査

 日曜日は、仕事をもった主夫にとっては掃除デー。朝から3回洗濯機を回すと同時に、それなりしっかりと掃除。おまけに団地の草取り。結構、朝から疲れる。低木の剪定もちょっとやったりしたから、腕が……。

51838

 そのあと、おしゃべりしながら、いま、団地をめぐってもいろいろな意見があるのだなあと再認識。

 

 それから、インタビュー①の資料読み。うーん。眠い。あまり疲れがとれていない感じ。うまくできなくても、コツコツだな。

 とにかく国会は、悪法が推進される。連休前にも衆院通過が狙われるのが、入管法改悪。あまりにもひどい。

 敬愛するというか、娘のような存在でもある、安田菜津紀さんが、改悪の立法事実に疑問を呈している。

入管法政府案「立法事実」への疑問 同一難民審査参与員が2年間で2000件審査(安田 菜津紀取材レポート)

「私に言わせればこれは拷問です。入管は拷問する教育を行っているのでしょうか? 私たちは拷問をされるために入管に収容されるのでしょうか?」

 トルコ国籍のクルド人であるデニズさんは4月20日、記者団にまっすぐこう、投げかけた。

 会見で判決について語るデニズさん(左から二番目)。右から二番目が本記事後半で話を伺う大橋弁護士。

 デニズさんは、迫害を逃れ2007年に来日した。これまで複数回難民申請をしており、現在も申請中だ。東日本入国管理センター収容中に職員から暴行を受けたなどとして、デニズさんが損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁はこの日、職員の行為の一部を違法と認め、国に22万円の支払いを命じた。……

 国際社会から、何度も問題を指摘しているのは、学術会議の問題と同じ。それでも、改悪への意志の意志の強さはどこからくるのか。そこにも、この国の闇というか、病理があるのかもしれない。

 

 選挙の結果がそろそろ出てくる。ものすごく悩ましい。あるひとは、選挙に向けて、「踏みとどまれ」といった。それはつまり、いまはものすごく難しい問題があるということ。その難しさに、しっかり、向き合わなければいけないのだと思う。

« 「​辺野古裁判と誇りある沖縄の自治─裁判の今とこれから─」 | トップページ | 虹色の旗を手に「全ての人が誇りを」 渋谷でLGBTQパレード »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「​辺野古裁判と誇りある沖縄の自治─裁判の今とこれから─」 | トップページ | 虹色の旗を手に「全ての人が誇りを」 渋谷でLGBTQパレード »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31