« 今日、考えたこと。 | トップページ | 連続講座 「憲法研究者と市民運動家が安保3文書を読み解く」の三回目 »

2023/03/04

帝銀事件発生75年講演会「帝銀事件第二十次再審請求の進捗状況」

 早朝仕事スタート。

20230304_055038

 明けない夜はない。ほんとうかなあ。気持ちを強くもたないと。

 結局、午前中はあまり役に立たず。疲れ? 花粉症の薬のせい?なかなか、難しいね。

 それでも、がんばって、来月インタビュー②の資料読み。並行して、いくつもの企画。あたまが混乱する。お年寄りにはストレスフルな毎日(笑笑)。

 資料を読んでいて、小泉内閣以降の構造改革がもたらしたものの大きさにおろどく。この2、30年の現代史の歩みは、やはりきちんと考えるべきだと思う。

 

 そして、登戸研究所資料館の、それよりも前の、帝銀事件発生75年講演会「帝銀事件第二十次再審請求の進捗状況」を聞く。おもしろかった。今日の主題は2つ。一つは、証人の証言の信ぴょう性。証言というものが非常に危うい証拠であることは、心理学の立場から、ずっと主張されていること。なるほどである。もう一つは、薬物(毒物)にかかわる問題。即効性の青酸ナトリウムなどではなく、アセトンシアノヒドリンではないかという疑念も含め、さまざまな検証が現在もされている、そんな話。裁判所の壁は厚いが、権力犯罪にかかわるだけに、しっかりみていかないといけない。企画にしたいなあ。だけど、事件とは無関係なところで、難しい問題もありそう。どうするか?


 南海トラフ。未来への想像力と関心が必要。そのためにも若い人の感性。自分たちの感覚で考えてはいけないこと、自分たちの経験や核心が、次世代の思いとうまくつながればいいのだけど。ボクらの世代の役割をしっかり考えるべきだろうなあ。

« 今日、考えたこと。 | トップページ | 連続講座 「憲法研究者と市民運動家が安保3文書を読み解く」の三回目 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日、考えたこと。 | トップページ | 連続講座 「憲法研究者と市民運動家が安保3文書を読み解く」の三回目 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31