« 生活保護基準額の引き下げ、取り消し認める判決 宮崎地裁 | トップページ | 「時代に翻弄された歌 イムジン河」 »

2023/02/11

私の中のかけらたち〜虐待を生きる22歳〜

 今日は一転、いい天気。天気がいいと、元気が出るよね! さっそく、インタビュー原稿②の原稿づくり。がんばっています!

 午前中には、「第37回民教協スペシャル 私の中のかけらたち〜虐待を生きる22歳〜」を見る。

18_20230211220501

 とってもつらいドキュメント。だけど、虐待をした親を毒親と描くのではなく、その本質にあるものをさぐる。PTSDの厳しさ、それでも何が、「回復」につながるのか。そこを模索する若者の姿にも共感。それは自分のなかにあるものを考えるから。自分はどう感じていたか、それは自分の子どもの世代にどうかかわっているのか?

 午後は、仕事をしながら、「2023建国記念の日に反対する沖縄県集会」を視聴。今日は2・11集会。例年なら、東京の集会だけど、今日は沖縄の集会。便利だね、オンライン。テーマは「島田叡・「沖縄の島守」像の検証する―何が問われるべきなのか」。面白かった。元琉球新報の野里さんが、取材で接した、泉知事と、島田知事の実像にせまる。汚名をかぶさえられ泉と、英雄視された島田。川満さんが、資料から、この2つの知事の実像にせまる。泉の判断は正しく、島田は多くの犠牲を実は強いたと。そして、山口さんが、そういう経験を、若者・子どもどのように伝えていくかの実践について。そう、ウクライナ戦争以降、戦争が身近にある時代だからこそ、沖縄戦の経験はよく考えるべきだと。

 夕方、買い物の時間。

20230211_162830

 夜は、夫婦で、オンラインでいろいろおしゃべり。現実と原理、なやんだり、模索したり。いいパートナーだと思いますよ、ほんとに。

 栃木の話題は明日にしよう。

 

« 生活保護基準額の引き下げ、取り消し認める判決 宮崎地裁 | トップページ | 「時代に翻弄された歌 イムジン河」 »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活保護基準額の引き下げ、取り消し認める判決 宮崎地裁 | トップページ | 「時代に翻弄された歌 イムジン河」 »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30