« シンポジウム『長時間労働解消のたしかな道すじ Part2』給特法の改正を求める | トップページ | 『歴史の紛争化の背景を考える―「屑拾い」としての歴史学―』 »

2023/01/23

いま、リアリズムとは何か-安保3文書を議論する

 明日から工場で、今日は一日中バタバタと忙しかった。動かすゲラの数が多いので、目が回る。そして、なかなか仕事が終わらない。帰る時間も、遅め。帰って、食事をつくり、食べ、片づけまで、だいぶ終わったなあ。ああ、団地の仕事をちょっとしなくっちゃいけない。

 帰りの電車のなかで、先日、聞けなかった、『いま、リアリズムとは何か-安保3文書を議論する』を聞く。

Globaljustice67

 志田陽子さんが、3文書のいう敵基地攻撃能力保有のどこが違憲なのかを。布施祐仁さんが、軍事的な面から今回の決定がいかに誤りかを解き明かす。望月衣塑子さんが、決定をめぐる政治動向とメディアの問題を。最後に、三牧聖子さんが、アメリカの戦略やかかえる矛盾、一方でアジアの動向の紹介も。当然、ボクの仕事も最大のテーマがこの問題だから、自分の考えていることを確認しながら聞くという感じになる。うんうんと。

 さて、聞いたことをヒントに次の企画も考えないといけない。シンポのテーマのリアリズムということを、どう引き取るかなあ。

 

 近くのビルを見上げながら、この社会の格差をまざまざと感じる。そして、それが、いまこの社会を強く規定しようとしていることも考えさせられる。

20230120_184045

« シンポジウム『長時間労働解消のたしかな道すじ Part2』給特法の改正を求める | トップページ | 『歴史の紛争化の背景を考える―「屑拾い」としての歴史学―』 »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンポジウム『長時間労働解消のたしかな道すじ Part2』給特法の改正を求める | トップページ | 『歴史の紛争化の背景を考える―「屑拾い」としての歴史学―』 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31