« 「9・10歳の節を子どもと生きる」 | トップページ | 「松本清張と帝銀事件」 »

2022/12/30

那須・栃木の両特別支援学校の寄宿舎めぐり大揺れの1年

 いよいよ今年も終わりだなあ。たくさん働いた1年。でもなあ、後悔も、落ち込むこともあった1年。つらかったかなあ。

 今年はどんな年だったのか!

那須・栃木の両特別支援学校の寄宿舎めぐり大揺れの1年(朝日新聞)
 那須(那須塩原市)、栃木(栃木市)の両特別支援学校の寄宿舎の存廃をめぐり、大きく揺れた1年だった。来年3月での廃止を決めた県教育委員会に対し、保護者たちは存続を求めて署名活動を展開。県教委は今月初めに廃止の延期を表明した。取材で印象に残った場面をふりかえりたい。……

 ひょんなことから、いろいろ関わりももつようになった栃木のこの問題。いろいろ情報を知らせてくれる人もいて、たくさんのことを学ばせてもらった1年だった。教育とは何か、子どものこと、親のこと、発達援助者のこと。たくさん学んだことを生かして、考え続けたいと思う。

 

 昨日今日は孫たちのすごした。孫①も5歳。いまだなんでも、「自分でやる!」。3歳の孫②も成長が著しい。口もたっしゃに。ちょっと見ないうちにどんどん成長している。発達の姿をいろいろ関心持って、見たり。……

20221229_145011

 

« 「9・10歳の節を子どもと生きる」 | トップページ | 「松本清張と帝銀事件」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「9・10歳の節を子どもと生きる」 | トップページ | 「松本清張と帝銀事件」 »

無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29