« 沖縄知事、辺野古確定判決を批判 国が上、地方が下と言わんばかり | トップページ | 防衛省、世論工作の研究に着手 AI活用、SNSで誘導 »

2022/12/09

安保3文書の骨子案、敵基地攻撃能力の保有明記 「最小限度の自衛」

 今日もインタビュー②の原稿づくり。だいたい形にはなってきた。あと1日でできるかも。遅れは取り戻せる??? かなりがんばってるなあ。今日は会議もあったけど。節目を越えて変化があるかなとは思ったけど、状況は、すぐに大きく変わるわけではない。いまは、コツコツ、自分のやれることを、しっかりやるしかない。主体的力の小ささという事実の前で、できることをすべてやるしかないなあ。負けないよ、あきらめないよ。

20221209_08134320221209_100333

 どんどん、いろいろなことが起こるなあ。

安保3文書の骨子案、敵基地攻撃能力の保有明記 「最小限度の自衛」(朝日新聞)

 政府が年内に改定する安全保障関連3文書の骨子案が9日、わかった。敵のミサイル発射拠点などを攻撃する「敵基地攻撃能力(反撃能力)」の保有を明記。「やむを得ない必要最小限度の自衛の措置として、相手の領域において、我が国が有効な反撃を加える」などとした。中国の動向については「これまでにない最大の戦略的な挑戦」と位置づけた。……

 敵基地攻撃が、やむ得ない最小限の自衛措置? 言っていることがよくわからない。そもそも、専守防衛とは何かで、言っていたことをすべて否定するような憲法解釈の変更でもある。際限のない、壊憲が続く。だけど、それは、安保法制下、集団的自衛権のもとでのそれである。ほんとうに、どこまでいくのだろうか。しかも、三文書では、中国について、「我が国と国際社会の深刻な懸念事項であり(中略)これまでにない最大の戦略的な挑戦」とまで書き込むと報道されている。かなり、踏み込んだ表現である。これでは外交の道が閉ざされなけないという挑発であり、愚行ではないのか? そして、大軍拡は、国民生活を……。

 いうまでもなく、これは日本にとって大きな岐路であると思う。そうとうがんばんなきゃなあ。いろいろ学ぶ。

« 沖縄知事、辺野古確定判決を批判 国が上、地方が下と言わんばかり | トップページ | 防衛省、世論工作の研究に着手 AI活用、SNSで誘導 »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄知事、辺野古確定判決を批判 国が上、地方が下と言わんばかり | トップページ | 防衛省、世論工作の研究に着手 AI活用、SNSで誘導 »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30