« 補給拠点 沖縄市に検討 陸自 弾薬など備蓄想定 | トップページ | コロナ禍の分断を越える参加と共同を-アメリカの教員組合運動に学ぶ- »

2022/12/24

安保3文書改定で自衛隊との一体化進む海上保安庁 「軍隊」としての行動は禁止のはずだが…

 今日は、早朝仕事スタート。寒いからつらいなあ。

20221224_052425 20221224_060756

 今日も、まっくらな棟がいくつか。団地の年齢構成もあがっているから、不夜城ではなくなっているのだなあと。

 さてさて、夜明けは来るのだろうか?

 

 今日も、講演①の原稿づくり。長い原稿だけど、半分ぐらいはできたかな。進行としては4分の1ぐらいだろうけど。

 今日のニュースから。

安保3文書改定で自衛隊との一体化進む海上保安庁 「軍隊」としての行動は禁止のはずだが…(東京新聞)
 「海の警察」と呼ばれる海上保安庁と、自衛隊の連携強化が、安全保障関連3文書改定で明記された。先の大戦の反省から「軍隊」としての行動を禁じる規定を持つ海保だが、近年は共同訓練などで自衛隊との一体化が進む。今後は、有事に防衛相の指揮命令下に入る際の「統制要領」が制定される見通しだ。非軍事の警察力で、戦争へのエスカレートを防ぐ海保の役割は変わるのか。……

 もともと、憲法学の世界でも、海上保安庁が、違憲かどうかという点でも、論争があるわけだ。実際の、近年の、海保の実態を見れば、うーん、これはやっかいな問題と考えざるをえない、現実がある。そのことを、国会、あらためて考えさせられてしまう。うーん。

 たくさん、考えることがふってくるなあ。とくに、この大軍拡にかかわっては。がんばろ。

« 補給拠点 沖縄市に検討 陸自 弾薬など備蓄想定 | トップページ | コロナ禍の分断を越える参加と共同を-アメリカの教員組合運動に学ぶ- »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 補給拠点 沖縄市に検討 陸自 弾薬など備蓄想定 | トップページ | コロナ禍の分断を越える参加と共同を-アメリカの教員組合運動に学ぶ- »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31