« 12月号もできています | トップページ | 女性による女性のための相談会の報告と政策提言の院内集会 »

2022/11/06

内原郷土史義勇軍資料館

 昨日の空いている時間、そして今日も、インタビュー①原稿づくり。明日と明後日で仕上げ切るぞ!

 こんなところにも行ってみた。

20221106_113450 20221106_122542 20221106_122434

 

 

 満蒙開拓青少年義勇軍の訓練施設のあったところ、その宿泊施設は日輪兵舎と呼ばれていた。1つの舎に、60人から75人ほど住んでいたそうだ。義勇軍にしろ、開拓団にしても、農村の余剰人口解消をもくてきにすすめられたが、そんなにはうまくいかず、むしろ、途中からは過重な負担となって、動員されていく。満洲の地は、もともとは当地の人たちの農地であったところ。開拓と言っての、そんないいところは残っているはずもなく。むしろ極寒の地の農業は、どんなに訓練をうけて行ったとしても、通用するはずもなく、むしろ、追い出した現地の人たちを使っての農業となっていく。ほんとうに、植民地支配というものの典型。

 満洲については、それほど語られるわけではない。ボクもNHKの「大地の子」だとか、「開拓者」たちだとか、「遥かなる絆」とかが印象深い。でも知っておくべき歴史でもある。阿智村にもやっぱりいてみたいと思った。

« 12月号もできています | トップページ | 女性による女性のための相談会の報告と政策提言の院内集会 »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月号もできています | トップページ | 女性による女性のための相談会の報告と政策提言の院内集会 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31