« 内原郷土史義勇軍資料館 | トップページ | 「世界を変えた“愚か者”フラーとジョブズ」 »

2022/11/07

女性による女性のための相談会の報告と政策提言の院内集会

 何か、精神的には最悪? というかずいぶん後ろ向き。なかなか、前向きになりにくいなあ(苦笑)。なかなか、難しいお年頃ということだんだろうけどね。これからの生き方、仕事?の仕方というのが、ほんとうに難しい。

 今日は、とにかく、インタビュー①の仕上げ。夕方には発信。来月以降の企画の準備をもう少しつよめなくてはなりません。ただ、足腰の状況もあまりよくはなく、あちらが痛い、こちらが痛いというお年頃。生活の送り方も難しいなあ。

 夕方には、自宅からちょっと離れた、2つほど離れた駅の前の病院で、インフルエンザの予防接種。

45896

 病院のある地域も、外国人が多く、国際色豊か。いろいろなことを知りたいものだ。

 

 夜は、女性による女性のための相談会の報告と政策提言の院内集会を、オンラインで聴く。

Fftnxnuaaimseh_20221107215201

 今年、4月号で座談会をやったのが、今年担当した企画のなかで印象的なものの一つとなった。すごいとりくみだと思う。今日は、7月にとりくまれた相談会の結果を中心にまとめたもの。提言の資料は、拡散しろということなので、主催者が、SNS等でアップしたらのっけるね。

 いっそうさまざまな困難が重なり合う。シングルマザー困難はもちろん、DVなどほんとうに心が痛くなる話がつづく、中高齢女性のとりわけ労働や介護の問題とともに、相談件数は少ないが、高齢者女性の問題が重視をして報告されていた。高齢者になればなるほど、格差もひどくなるから、年金が深刻で、高齢女性の困難は、ほんとうに軽視ができないと思っていたので。孤立化もすすんでいそうだ。

 女性たちが安心して相談できるように、さまざまな工夫がされている。そこに連帯というか、つながりというものを感じさせてくれる。それでも、圧倒的に多くの女性たちが、困難をかかえつつ、ここにはつながっていない。そういう状況を政治はつくりだしている。そのぶん、運動も、政治も、われわれもがんばらないといけないと痛感した。

« 内原郷土史義勇軍資料館 | トップページ | 「世界を変えた“愚か者”フラーとジョブズ」 »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内原郷土史義勇軍資料館 | トップページ | 「世界を変えた“愚か者”フラーとジョブズ」 »

無料ブログはココログ
2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31