« 11月号ができています。なかなか、気持ちの切り替えが難しい | トップページ | フェミ科研裁判の控訴審 »

2022/10/06

吉郎さんの『人生の伴走者』

 今日は、鼎談①を仕上げて、午後には発信。続いて、インタビュー①の資料読みで、頭を切り替える。小さな字に閉口したが、頭は切り替わりつつある。そうだそうだ!!! インタビュー②の質問内容の案も考える。

 いろいろつらいニュースが今日も続く。

 吉郎さんの遺作の『人生の伴走者』を読む。

20221006_231632

 やっぱり、寂しい。言葉を通して、ともに考える伴走者ってことか。人間的な関心の広さ、深さを痛感させられる。いつも刺激をもらい、宿題ももらい、その宿題はとてもすぐに解けない難しい問題で、つみ残したままのものが、多い。柔軟と原則、広い共同と、先進性。ああいう大きな人の足元にもおよばないが、自分も何か引き継ぐものがあればとおもう。「沖縄書評」も読む本の広さに驚かされる。知らなかった本、もっているけど読めていない本、読んだけど理解が足りなかった本。うん。

 今日は、寒い日だった。

20221006_202054

 

« 11月号ができています。なかなか、気持ちの切り替えが難しい | トップページ | フェミ科研裁判の控訴審 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月号ができています。なかなか、気持ちの切り替えが難しい | トップページ | フェミ科研裁判の控訴審 »

無料ブログはココログ
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31