« 寄宿舎 廃止計画停止求める陳情、継続審査に 県議会文教警察委員会 | トップページ | 『還らざる日の丸〜復帰50年 沖縄と祖国〜』 »

2022/10/01

キーワードは、自己教育

 朝から早朝仕事。夜中に目座覚めて、眠れなかったので早めのスタート。

20221001_055911


 今日も鼎談①の原稿づくり。天気がいいから布団を干して、シーツも洗い。

20221001_090328 20221001_090332 20221001_090339

 

 

 ピンク!

 昨日の相談で、一つのキーワードは、自己教育だったかなあ。どこかの組織は「自己改革」ということをさかんに言っているけど、自己改革とは何であり、どうすればできるのだろうか。歳をとると、社会との接点は弱まる。社会で起こっていること、社会や知的世界の変化、その接点での模索や苦悩からは遠くなる。そういう老齢期独自の問題と、そもそも普遍的に求められることとが相まって、自己教育への自覚的なとりくみがあってこそ、自己変革はなしとげられる。社会と向き合うことを考えると、自分の専門性や経験などはごく一部の小さなもの。だからこそ、自己教育は、自分は素人で知らないという自覚も必要が。裏返せばリスペクトということか。でもそれを支えるのは、自覚的な知的関心。ここに働きかけるのが、自分の仕事だよなあ。そんなことを考えた。

 ちょっと思いついて、美術展に向かう。9月は日程が厳しかったので行けなかった。ラスト2日、しかし、今日も当日券は完売。明日も難しいかなあ。

308752338_5583470348380331_6226072366362

 現代美術に知識があるわけではない。ビルケナウを描いて、リフターは自由になったというが、共感できるところと、わからないところと。だからほんとうは、その場に行ってみたかったなあ。しかたがないなあ。ある意味でも、ナチス・ポルノ?への批判なのか?? そういう倫理的な問いかけにたじろぐ。

 来ている人は若い人が多い。ナチスについての関心があるのだろうな。だけど、それが日本の戦前のそれとはむすびつかないのか。というか、日本の政治とは、あえて距離をおくのだろうか。そんあことも聞いてみたい感じがする。

 いろんなことをあいまいにせず、ちゃんと考えきりたいし、続けたいなあ。

« 寄宿舎 廃止計画停止求める陳情、継続審査に 県議会文教警察委員会 | トップページ | 『還らざる日の丸〜復帰50年 沖縄と祖国〜』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄宿舎 廃止計画停止求める陳情、継続審査に 県議会文教警察委員会 | トップページ | 『還らざる日の丸〜復帰50年 沖縄と祖国〜』 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31