« 吉郎さんの『人生の伴走者』 | トップページ | 安倍元首相と旧統一教会の“協力関係” 事務所関係者が語る「第二次政権誕生に力が必要だった」 »

2022/10/07

フェミ科研裁判の控訴審

 今日は朝から寒い日。雨の中、郵便局に行って、今後の人生の支えの手続き書類の発送。その足で西へ。明日がインタビュー①の収録。

 昨日までの仕事と全然違い分野なので、いろいろ詠みながら頭の切り替え。

 大阪に着いたら、今日はここへ。

E59fca64d1a44fb3afe8d7b9c908263aB8ca61c49aea4b17917a5557719dbdae C6140de9e2b64bc2a76d9b8b58921140

 フェミ科研の控訴審。ボクが企画でずっと追っかけている裁判は、これと、生活保護と、福島と沖縄かな。件数の多い生保や福島はそこそこ、まともな判決が出ることもあるけれど。しかし、最近の負ける裁判の判決の酷さは目に余る。フェミ科研もそう。あまりにも政治的な判決。今日の牟田さんの陳述を聞いていて、その政治的判決のお粗末な論理にとどまらない、政治的な矛盾を痛感させられた。捏造は政府見解と違うということと、いったけど、その政府見解と判決が違う!控訴審はこうしたことにどうこたえるのか?

 宿は大浴場つき。気持ちよく入りました。ゆっくり寝るぞ!!

« 吉郎さんの『人生の伴走者』 | トップページ | 安倍元首相と旧統一教会の“協力関係” 事務所関係者が語る「第二次政権誕生に力が必要だった」 »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉郎さんの『人生の伴走者』 | トップページ | 安倍元首相と旧統一教会の“協力関係” 事務所関係者が語る「第二次政権誕生に力が必要だった」 »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30