« JCJ大賞に「教育と愛国」 斉加尚代監督のドキュメンタリー映画 | トップページ | 乳児置き去り容疑で母親を逮捕後、釈放 「生活苦で育てられない」 »

2022/09/05

『安倍国葬』強行は民主主義の汚点!~メディアはさらに明らかにせよ!自民党・「旧統一教会」癒着の全貌~

 今日は、とにかく提稿3本。結構、時間がかかります。インタビュー②の内容の案をメールでおくるが、相手のメールの調子が悪く、急遽、ファクスで送る。対談①の設定のメールのやりとり。なかなか、すすまない。うまくいくかなあ。あとは、関連する資料を集める作業。コツコツ、コツコツ。

 昨日は、気になるドラマ『風よあらしよ』を見る。

9_20220905222101

 「伊藤野枝――命を懸けて、自由を求める。あふれんばかりの情熱をただ一つの武器にして」とある。村山由佳さんの小説のドラマ化。小説買ってあったなあ。3回のドラマだから、進行がすごく早い。ちょっと早すぎて、いろいろなことが描き切れない感じはする。だけど、テーマはストレートでいろいろ考えさせられる。稲垣の役は、一つの典型だなあ。そのことも考えさせられるけど。一昔前なら、あまり、いろいろ論じられることもなかっただろうけど、興味深い人物。もっと、知りたくなる。

 今日の夜は「『安倍国葬』強行は民主主義の汚点!~メディアはさらに明らかにせよ!自民党・「旧統一教会」癒着の全貌~」をオンラインで聴く。NHK とメディアの今を考える会が主催。【パネラー】は、金平茂紀さんと有田芳生さんと山口 広さんと豪華メンバー。

20220905

 さすがの三人で、とても面白かった。どのように、そして、なぜ、反社会的な活動が展開されるのか?からはじまり、その教義、政治となぜむすびつくのかなどなど縦横無尽に語る語る。経済活動を違法に展開する統一協会への、警察の取り締まりを政治の力でとめていく過程の有田さんの話がすさまじい。自民党と一体化する必然性も、協議からも、統一協会の活動方向からも明らかにされるし、それと依存関係にある自民党側の姿も。メディア論についても、痛烈。なぜ、こうした問題をメディアは、取り上げ続けなかったのか。韓国メディアの話も少し出てきたけれど、その違いも、ほんとうに考えさせられる。

 仕事しなくっちゃなあ。

« JCJ大賞に「教育と愛国」 斉加尚代監督のドキュメンタリー映画 | トップページ | 乳児置き去り容疑で母親を逮捕後、釈放 「生活苦で育てられない」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JCJ大賞に「教育と愛国」 斉加尚代監督のドキュメンタリー映画 | トップページ | 乳児置き去り容疑で母親を逮捕後、釈放 「生活苦で育てられない」 »

無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29