« 立民・維新が共闘合意 疎遠一転、政権に対峙 | トップページ | 「闘い続ける」辺野古座り込み3000日 新基地阻止に向けて決意新たに 沖縄・名護市 »

2022/09/22

『聖職と労働のあいだー「教員の働き方改革」への法理論』

 工場籠城一日目。結構、しんどいなあ。とにかく、きちんと仕事ができない。しかたがないので、みなさんに協力してもらって、思いっきり迷惑をかけて、仕事を進める方法をとっています。まあ、先も長くはないし、なりふり構わず、仕事をすすめるしかないですし。

 そんなふうになんだかんだ、順調に仕事をすすませる。ふー。しかし、勉強が、考えることが追い付いていないのはいつものこと。残り少ないけど、できるだけ、成長しないとね。努力します。

 お昼に、大学の先輩とランチ。高校教員を退職後、いまは町議会議員をやっている。えらいなあ、頭が下がる。いろいろ話を聞きながら元気をもらう。

 だけど、仕事関連では、落ち込むことも多い。そんな気持ちの揺れ。

 夜は、高橋哲さんの『聖職と労働のあいだー「教員の働き方改革」への法理論』の読書会。

308625681_1777435405925606_8614391750061

 1回目は序論からのジャブ。だけど、読む視点としての論点はだいたい提示される。現場の先生の感覚からの出発は、この本を深める大きな経緯。いろいろ、次の企画化にむけて、ちょっと考える。これだけに専念して、特集させてくれるといいんだけど。無理かなあ(笑)。教育現場だけではなく、こちらの現場もシビアである。だけど、教員のしんどさとはやっぱり、質が違うかあ。

« 立民・維新が共闘合意 疎遠一転、政権に対峙 | トップページ | 「闘い続ける」辺野古座り込み3000日 新基地阻止に向けて決意新たに 沖縄・名護市 »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立民・維新が共闘合意 疎遠一転、政権に対峙 | トップページ | 「闘い続ける」辺野古座り込み3000日 新基地阻止に向けて決意新たに 沖縄・名護市 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31