« 「アベノミクス批判するのか」安倍氏怒りの電話 許せなかった言葉 | トップページ | 「ヒトラーVSチャップリン 終わりなき闘い」 »

2022/06/05

「迷える女性たちの家」

 今日は日曜日だから掃除デー。だけど、仕事がどさっとあるので、掃除は簡単に。洗濯機も2回だけ。それでも、最低限の掃除はやる。

 仕事の方は、まずは、インタビュー①原稿づくり、がんばってすすめて、何となく形にはなってきたかな。明日はインタビュー②の取材もあるし、とにかく、あと2日ぐらいで完成させたい。そして、インタビュー②の資料読みもすすめる。

 ほんとうは、今日は取材のが入るはずだった。昨日もそうなんだけど、申し込んだはずなのに、ちゃんと申し込んだことになっていなかったようで……。何か、そんなことが重なると、ここでもちょっと自信をなくすなあ。

 夕方、買い物参加と、ビラ撒き460枚。

39607 39608 39606 39605 39604

 アジサイは満開だな。

 

 昨日のETV特集は、「迷える女性たちの家」。

3_20220605213001
夫のDV、父親の虐待、性暴力…困難を抱える女性たち。家を出ても、収入も住まいも失うことが多い。1人暮らしの成人女性の3人に1人が貧困状態と言われる今、命の瀬戸際で女性を支えるNPO“女性の居場所Jikka(実家)”の日々を追う。夫から息子へ、DVの連鎖から逃れた女性。子ども5人のシングルマザー。リストカットを繰り返す女性。それぞれの人生に付き添い、自立した暮らしを目指して一日一日を積み重ねていく。

 恥ずかしながら、この支援組織の存在は知らなかった。DVや虐待、性暴力……。やっと、女性支援法ができた。この話もその線上にある。やっぱり、とりくまないと。

 困難は複雑で、複層で……。その思いは切なくて。自立と介入というか、とても難しくて、いろいろな議論もあるのかもしれないけど、その複雑さから見れば、ほんとうに、たくさんの支援が必要困難を抱えている女性たちがいる。ほんとうにうまくいかなくって、どうしょうもなくて、その要因は深いだけに、粘り強く支援が必要。いまの社会のなかでは、そんな状況にある人は、たくさんいるのだろうと感じることが多いだけに、いろいろ考えさせられる。解決は難しいなあ。それでも、「生きていてよかった」と誰もが思える、そういう社会に。

« 「アベノミクス批判するのか」安倍氏怒りの電話 許せなかった言葉 | トップページ | 「ヒトラーVSチャップリン 終わりなき闘い」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アベノミクス批判するのか」安倍氏怒りの電話 許せなかった言葉 | トップページ | 「ヒトラーVSチャップリン 終わりなき闘い」 »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30