« 「ふたりのウルトラマン」 | トップページ | 市民連合「参議院選挙勝利に向けた5.9シンポジウム」を開催/「政策要望書」に賛同、政策合意、「参院選一人区」の一本化へ »

2022/05/06

『教科書と「慰安婦」問題 子どもたちに歴史の事実を教え続ける』をふたたび

 今日は、とにかく資料読みと心に決めて過ごす。一つのテーマでいろいろ読み、資料を探す。途中、もう一つのテーマで、相談のやりとり。その方向性も決めていく。まだ、前に進んだわけではないが、その準備作業。いろいろ苦労はあるのです、一つのものをつくるのは。

 ちょっと、思うことがあり、平井さんの、『教科書と「慰安婦」問題 子どもたちに歴史の事実を教え続ける』をふたたび、しっかり読む。

21o22xvr8il_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_

 戦後教科書の歴史をたどりながら、教科書への攻撃と現在どこまできたのかを明らかにする。現場感覚で、教科書への攻撃を見る視点が具体的。それが自身にかけられた攻撃と重なり、政治による不当な支配の実態をうきぼりにする。こどもとの関係を考えるうえでも、教科書の記述を植民地主義、そして「慰安婦」授業との関連で考えるのは、ほんとうに、教育の自由の持つ意味の大きさと、その政治介入の問題性をあざやかにうきぼりにする。攻撃はここまできているということにしっかり自覚的でありたい。と、同時に、教育を教育たることがどれだけ、子どもたちにとって大切なのかも考えたい。そのせめぎ合いと葛藤の歴史からも、いま、自分たちがどうあるべきかも考えたいと思った。あらためて。

« 「ふたりのウルトラマン」 | トップページ | 市民連合「参議院選挙勝利に向けた5.9シンポジウム」を開催/「政策要望書」に賛同、政策合意、「参院選一人区」の一本化へ »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ふたりのウルトラマン」 | トップページ | 市民連合「参議院選挙勝利に向けた5.9シンポジウム」を開催/「政策要望書」に賛同、政策合意、「参院選一人区」の一本化へ »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31