« 「アインシュタイン 科学者たちの罪と勇気」 | トップページ | 『校則に言いたい! ──中高生・親・教師 3000人の声』と「中国ゼロコロナ政策の行方?」 »

2022/04/14

「ヒトラー暗殺計画〜ワルキューレと栄光なき抵抗者たち〜」

 いよいよ山場にさしかかってきます。インタビュー③の起こし、原稿づくり作業をすすめつつ。インタビュー②の修正と、原稿1本の計2本の提稿作業。どんどん原稿がきていて、4本たまってます。自分としては、毎月全力投球ですが、GW前の工程くり上がりは厳しなかで、なかなかいい特集ができそうな感じと、この局面では思っている。

 家に帰って、ぼやーっとダークサイドミステリーを見る。「ヒトラー暗殺計画〜ワルキューレと栄光なき抵抗者たち〜」

7_20220414223601

ダークサイドミステリー・シーズン4!第1回は、戦争と虐殺で破滅へ暴走する自国の独裁者を止めようと、命がけで挑んだ人々の物語。無謀な抵抗を決意した苦悩と誇りとは?

 エルザーは「ヒトラー暗殺、13分の誤算」、シュタウフェンベルクは「ワルキューレ」という映画で知ったこと。ドイツの抵抗者の行動は、直接的。ダークサイドかあ。なるほど、こうした抵抗が、社会的に評価されるようになるには、戦後、30年とか、50年とかの月日を必要とする。そして「無謀な抵抗」と日本の番組ではとりあげらる?? 日本では、抵抗者への評価はほとんど語られることはない。ドイツの月日は、やはり、ナチス認識の進化と無関係ではないのだろう。日本では、やはり、天皇制への認識が、薄っぺらく思考停止っぽいところがあるのだろうか?

 

« 「アインシュタイン 科学者たちの罪と勇気」 | トップページ | 『校則に言いたい! ──中高生・親・教師 3000人の声』と「中国ゼロコロナ政策の行方?」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アインシュタイン 科学者たちの罪と勇気」 | トップページ | 『校則に言いたい! ──中高生・親・教師 3000人の声』と「中国ゼロコロナ政策の行方?」 »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30