« 自己責任論の現れ方 | トップページ | 校則シンポなど »

2022/04/29

忘れたころに本が届いた

 昨日は、めずらしく夜2時間以上のおしゃべり。ちょっと飲みすぎたかな。なわけで、だらだらと朝からの仕事。今日は、6月〆切の雑誌のための資料映像の視聴。2本で4時間強だから、結構、たいへん。この雑誌は、参議院選挙の投票日ごろに発売される雑誌というつくりが難しい雑誌。正面から選挙をやるわけにもいかないし……。

 お昼のは別の映像資料をチェック。いろいろ難しいことが多すぎ。

 というGWのはじまり。

 忘れたころに本が届いた。

Hon

 実は、執筆者の一人から、書きたいことを書けたから、読んでねって先日言われたところ。しかし、予約したのいつごろだろう? 専門書は高いし、今月は予定より多い本代の支出があって、さらにこの2冊と、さらにさらに森さんの遺稿もあるし、超オーバーでピンチ。どうしようという感じ。その分、しっかり読みこまないとなあ。それはそれで、楽しみ。

« 自己責任論の現れ方 | トップページ | 校則シンポなど »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自己責任論の現れ方 | トップページ | 校則シンポなど »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30