« 自民「議員の任期延長できる改憲が最優先」、立民は反論「国民投票のCM規制議論を」 衆院憲法審 | トップページ | 「若者に大流行!“常時接続SNS” デジタル社会の近未来は?」 »

2022/03/18

「立憲民主党泉代表と会談。 以下の点を合意しました。」――志位さん

 今日は、朝から雨。雨はいやだなあ。

 今日は提稿2本。あとは、来月インタビュー①の原稿づくりをはじめる。それから、来月原稿の、リマインドメールで、いろいろミスを発見などのトラブルも。ほかにもミスが3つぐらい。これだけのミス続きも年齢か? うーん、厳しいなあ。

20220315_083305

 投票日が7月10日だとすると、もう4カ月を切っている。というか公示日までも3カ月しかないじゃん。もう待ったなしの事態なのに、いろいろ厳しいなあ。

 志位さんが、「立憲民主党泉代表と会談。 以下の点を合意しました。『現政権に厳しい審判を下すために 、参院選1人区での候補者調整の協議を開始する。協議は幹事長、書記局長と 両選対委員長で行う』重要な一歩前進です。」とツイート。中央段階でもとりくみがはじまったのはいいことだけど……。会談後の会見で志位さんは、「わが党は、衆院選のさいの20項目の共通政策、政権協力の合意を土台に発展させていきたいと考えている。同時に、先方から見直しの提起があれば、協議の中で話し合い、前向きの一致点を見出すべく努力したい。選挙協力については、対等平等、相互尊重を原則に具体化をはかりたい。」とも。それはそうだけど。立民は筋を通してがんばってほしいところだなあ。国民が、参院でも予算に賛成する。そういう事態の中ではたして、どう捌くのか? 大事なの世論であり、世論からの声をどうつくっていくのかだけどなあ。いずれにしても、政治的に重要な時期になっていきます。緊張感もってがんばらないとね。

« 自民「議員の任期延長できる改憲が最優先」、立民は反論「国民投票のCM規制議論を」 衆院憲法審 | トップページ | 「若者に大流行!“常時接続SNS” デジタル社会の近未来は?」 »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自民「議員の任期延長できる改憲が最優先」、立民は反論「国民投票のCM規制議論を」 衆院憲法審 | トップページ | 「若者に大流行!“常時接続SNS” デジタル社会の近未来は?」 »

無料ブログはココログ
2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31