« 「おうちへ帰ろう 障害のある赤ちゃんの特別養子縁組」 | トップページ | 「経済的なゆとりと見通しが持てない」半数超 内閣府 世論調査 »

2022/03/30

映画「教育と愛国」の試写 と 今年度の教科書検定結果

 昨日から、ちょっとしたやぼ用で、北関東のほうへ。その内容はとても衝撃的でかつ、感動的だったので、いずれ時期がくれば、ここでも報告はしたいとは思うけど。ちょっと、日常的でない濃い日を送っていました。

 さて、映画「教育と愛国」の試写をみる。テレビ版から、大幅改定で、さらに重厚になっている。

3_20220330233101

ひとりの記者が見続けた“教育現場”に迫る危機
教科書で”いま”何が起きているのか?

いま、政治と教育の距離がどんどん近くなっている。

軍国主義へと流れた戦前の反省から、戦後の教育は政治と常に一線を画してきたが、昨今この流れは大きく変わりつつある。2006年に第一次安倍政権下で教育基本法が改変され、「愛国心」が戦後初めて盛り込まれた。

2014年。その基準が見直されて以降、「教育改革」「教育再生」の名の下、目に見えない力を増していく教科書検定制度。政治介入ともいえる状況の中で繰り広げられる出版社と執筆者の攻防はいま現在も続く。

本作は、歴史の記述をきっかけに倒産に追い込まれた大手教科書出版社の元編集者や、保守系の政治家が薦める教科書の執筆者などへのインタビュー、新しく採用が始まった教科書を使う学校や、慰安婦問題など加害の歴史を教える教師・研究する大学教授へのバッシング、さらには日本学術会議任命拒否問題など、⼤阪・毎⽇放送(MBS)で20年以上にわたって教育現場を取材してきた斉加尚代ディレクターが、「教育と政治」の関係を見つめながら最新の教育事情を記録した。

教科書は、教育はいったい誰のものなのか……。

 

 ほんとうに教科書をめぐってなにが起こっているのか。迫真の内容になっているし、その大きな流れを、ものすごく考えさせられた。

 Hさんかっこよかったなあ。だけど、それはまさに正論であり、だからこそ攻撃が通用しない主張であるからだろうなあ。そのことも大事な点。

 ちょうど、教科書検定の結果。

従軍慰安婦は慰安婦に 教科書検定、閣議決定で出版社が修正 「負の部分を薄める」現場から懸念(東京新聞)

 文部科学省が29日公表した高校教科書の検定結果では、戦前、戦中の日本による周辺諸国への加害をめぐり、国の見解に沿う内容が鮮明になった。検定基準が近現代史で政府見解がある場合はそれに基づく記述を求めるためだが、「従軍慰安婦」の用語などに関する昨年4月の閣議決定が拍車をかけた。学校現場には「特定の見解の押し付けだ」と、教育の多様性が損なわれることを心配する声もある。……

 ほんとうに重大な局面。

 夜の桜。

20220330_180220

« 「おうちへ帰ろう 障害のある赤ちゃんの特別養子縁組」 | トップページ | 「経済的なゆとりと見通しが持てない」半数超 内閣府 世論調査 »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「おうちへ帰ろう 障害のある赤ちゃんの特別養子縁組」 | トップページ | 「経済的なゆとりと見通しが持てない」半数超 内閣府 世論調査 »

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30