« 旧優生保護法で不妊手術強制 初めて国に賠償命令 大阪高裁 | トップページ | 粗野で、露骨な、領土の野望、支配の野望/家族と家庭へ過大な役割を課すのはなぜなのか »

2022/02/23

ゆっくり目のスタートで、ゆっくりと仕事

 今日は、誰かさんの誕生日。象徴と言うその地位は、国民の総意にもとづくというわけだけど、意見は聞かれたことはない。これはあくまで個人の意見だけど。まあ、政治利用さえされなければ、直面する政治的な対決点ではなさそうだけど。そんなこともあり、今日もお仕事。さすがに籠城明けで、かなりの疲労度なので、ゆっくり目のスタートで、ゆっくりと仕事。とりあえずインタビュー②の資料に目を通し始めている、映像なども確認などなどの作業をすすめる。その先の企画の手打ちもすすめていかなければいけないので、その相談メールをおくったり、調べ物をしたりもしはじめる。

 夕方にはかなりたっぷり歩く。散歩っていうのは、やっぱり年寄りっぽい?

36071 36075 36073 36072

 風が強く、結構、気温も低く寒いけど、それでも風景は春めいている。

« 旧優生保護法で不妊手術強制 初めて国に賠償命令 大阪高裁 | トップページ | 粗野で、露骨な、領土の野望、支配の野望/家族と家庭へ過大な役割を課すのはなぜなのか »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧優生保護法で不妊手術強制 初めて国に賠償命令 大阪高裁 | トップページ | 粗野で、露骨な、領土の野望、支配の野望/家族と家庭へ過大な役割を課すのはなぜなのか »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30