« やっぱり「むずかしいことはむずかしいままで」 | トップページ | 佐渡金山の推薦決定、韓国主張を撃破せよ 世界遺産登録へ「歴史戦チーム」復活 »

2022/01/29

「いま『戦争』を考える」と『戦後沖縄と復興の「異音」』

 今日は朝からインタビュー②の原稿化スタート。ちょっと、体が重いなあ。すぐに眠くなる。やっぱり疲れているのかなあ。少し健康に不安になる。

 午後には、社会学系コンソーシアムと学術会議の共催のシンポジウム「いま『戦争』を考える――社会学・社会福祉学の視座から」を聞く。「戦争とメディア・大衆文化」福間良明、「戦争とジェンダー・性暴力」佐藤文香、「戦争と階層・格差・不平等」渡邊勉、「戦争と障害者・動員・福祉」藤井渉とそうそうたるメンバー。いわゆる戦争社会学の議論。いまから10年ほど前には、上野さんが歴史学を批判して論争になったことがあったけど、いまや、歴史学と社会学の融合も進んでいるようには見える。だけど、一方で、まだまだ方法的には論争というのも聞いたりする。だけど、それぞれ、その着眼はなかなか興味深い。ただ、体調の悪さから、なかなか集中して聞けないところがつらい。しかし、勉強したいなあ、とは思う。読みたい本は増えるだけ。

 気を取り直して、原稿に向かう。

 夜には、沖縄歴史倶楽部の生配信、謝花直美『戦後沖縄と復興の「異音」』、話題の新刊本を徹底解説!を聞く。

51ss0uaczes_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_

 これもまたおもしろい。謝花さんの博論だけど、街に埋もれた、小さな歴史から戦後沖縄の姿に迫る。そのバックボーンにあるもの、どのようにすすめたのかをいろいろさぐるというもの。これも従来の歴史学とは違う、新しい探求、そういったものがいろいろあるなあ。

 いろいろ刺激だけは受けたなあ。やっぱり勉強したいなあ。

 

 最近、気になるのは入試問題。事件が続いた。40数年前、ボクの時代にも、入試競争の弊害は声高に叫ばれていた。しかし、変わらないのはなぜなのか。いま、コロナで、入試以外の違う尺度で、いろいろなことを考える場、場合よっては逃げ場に近いようなものなのかもしれないが、そういうものもなくなっていて、いっそう、追い立てられる層もいるのかもしれないなあ。

 明日は、仕事はすすむかなあ。どこかで、少しリフレッシュしたいなあ。

 

« やっぱり「むずかしいことはむずかしいままで」 | トップページ | 佐渡金山の推薦決定、韓国主張を撃破せよ 世界遺産登録へ「歴史戦チーム」復活 »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり「むずかしいことはむずかしいままで」 | トップページ | 佐渡金山の推薦決定、韓国主張を撃破せよ 世界遺産登録へ「歴史戦チーム」復活 »

無料ブログはココログ
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31