« キボタネバーチャルツアー 韓国ソウル「植民地歴史博物館」 | トップページ | 立民・衆院選総括案 共産党めぐる記述で異論噴出 了承見送り »

2022/01/25

伊藤詩織さん、二審も勝訴 性暴力訴訟、山口敬之さんに332万円の賠償命令

 今日は不思議な天気。

20220125_083744

 籠城一日目。粛々と、作業をこなします。なんというか、今月もどうなるかと思いましたけど、なんとか仕上げに向かっています。もうひと頑張りです。

 作業ではいろいろおこりますが、一つ一つです。自分のいやな面、ダメな面にも向き合わなければならない。

 さて。

伊藤詩織さん、二審も勝訴 性暴力訴訟、山口敬之さんに332万円の賠償命令(弁護士ドットコム)
 ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者のジャーナリスト・山口敬之さんから性暴力被害にあったとして、慰謝料など1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(中山孝雄裁判長)は1月25日、330万円の賠償を命じた1審・東京地裁判決を変更し、賠償金を約332万円に増額する判決を言い渡した。……

 判決は、当然と言えば当然だけど。判決後、都内で記者会見した伊藤さんは「この民事裁判で(性行為の)同意がなかったことが認められたことはとても大きいのではないかと思います。伊藤詩織ではなく、これが自分の近い人に起きたらどうなるんだろう、ということを少しでも想像していただきたかった」と話したそうだ。すごいなあ。

 佐藤慧さんが、伊藤さんの、高裁での陳述を取材して書いている。こちらもぜひ。

 

 上間さんと信田さんの『言葉を失ったあとで』を、合間の時間で読み終えた。ちょっと時間がかかったけど、上間さんの問題意識を追いながら。いっそう彼女の思いというか、意思の強さに驚愕させられる。対談本でもあるので、かなり赤裸々に語っていて、ここまで言っているという感じ。意気地がなく、いつもうろたえているボクからすれば、強烈な思いを見せつけられ、打ちのめされる感。自分のあいまいさや、ダメさがいやになる。自分にこびりつているものの多さ。前を向いて歩んでいくには、まだまだだなあ、もっと、勉強と気づきをくり返さなとダメだと言うこと。ほんとに打ちのめされる。

« キボタネバーチャルツアー 韓国ソウル「植民地歴史博物館」 | トップページ | 立民・衆院選総括案 共産党めぐる記述で異論噴出 了承見送り »

日記」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キボタネバーチャルツアー 韓国ソウル「植民地歴史博物館」 | トップページ | 立民・衆院選総括案 共産党めぐる記述で異論噴出 了承見送り »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31