« コロナで困窮“年越し支援”今年も 食糧、相談など | トップページ | ドラマは時代を映す鏡 »

2022/01/01

(未来のデザイン:1)プロローグ 未来予想図、ともに歩もう

 あけましておめでとうございます。

 朝、新聞を見ると、今日の赤旗に敬愛する本田由紀さんと志位委員長の対談。委員長が『前衛』を紹介してくれました🎵 今年はいい年になればいいなあと。

271030056_4788634977863876_8289916387650 271017808_4788635177863856_4161815923214

 朝日新聞を読むと、元旦の新聞のメインは「未来のデザイン」

(未来のデザイン:1)プロローグ 未来予想図、ともに歩もう(朝日新聞)
 「また会おう!」

 その言葉が、以前と違う重みを持つようになった。

 昨年12月18日、横浜アリーナ(横浜市)であった「DREAMS COME TRUE」のライブ。ボーカルの吉田美和さんは、最後に何度も何度も手を振った。

 「コロナ前は、また会えたらいいな、という願い。今は祈りにも似た思い」

 コロナ禍で、ライブの形も変わった。1万数千人が入る会場だが、「密」を避けるため1万人以下に絞った。声援はなし。ペンライトと拍手だけ。「今はまだ行けないけど、いつかは」。医療従事者だというファンから、そんなメールも届く。……

 社会が大きく変容する時代。未来をどう描くのかは大事な問題。その変容と混乱を生きる人によりそう。だけど、その時代の変化には骨太の側面もある。たとえば、軍事的な緊張、経済の問題、そのもとでの格差と貧困。その姿はなかったなあ。

 さて、そういう時代を今年はどのように生きるのか。がんばらないとなあ。こころのなかには静かな決意。

 元旦は、孫①②の来襲。楽しい時間。

20220101_163245

« コロナで困窮“年越し支援”今年も 食糧、相談など | トップページ | ドラマは時代を映す鏡 »

日記」カテゴリの記事

メディア」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナで困窮“年越し支援”今年も 食糧、相談など | トップページ | ドラマは時代を映す鏡 »

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30