« 『文藝春秋』の岸田さんの論考 | トップページ | 「高校教育はどこに向かうのか」 »

2022/01/11

2022年7月29日(金)を以て営業終了のお知らせ 岩波ホール

 朝の出勤の電車は、少し人が減ってるという印象。で、職場へ。いろいろ、気持ちの維持が難しい。心の健康維持の術を開発しなくっちゃねえ。

 さて、今日は、インタビュー①の仕上げに向かう、と思ったら、結構、時間がかかるなあ。途中、3月先の相談メールを数本。午後は会議とあわただしい。懸案の問題の相談も午後にはあり、色よい返事をもらって、ホッと一安心。と、いろいろやりながら、インタビュー①へ。やっぱり、夕方には、集中力がかなり低下する。とにかく、感覚が弱くならないように。

 数日前の、焼き肉屋立てこもり事件が気にかかる。職場からはすぐのところ。小田急、京王などなど、くり返される絶望した人のおこす事件を、どのようにひきうければいいのか。今回はある意味、さらに、いろいろ考え込んでしまいような事件にも見える。

 今日は、岩波ホールの……。

2022年7月29日(金)を以て営業終了のお知らせ

 岩波ホールは、2022年7月29日(金)を以て閉館いたします。新型コロナの影響による急激な経営環境の変化を受け、劇場の運営が困難と判断いたしました。

 1968年2月から多目的ホールとして開館しました。故 川喜多かしこ氏と、当ホール総支配人 故 高野悦子が名作映画上映運動「エキプ・ド・シネマ」を発足。インド映画『大樹のうた』を上映し、単館映画館の道を進み、これまで、65カ国・271作品の名作を上映して参りました。

 54年間の長きにわたり、ご愛顧、ご支援を賜りました映画ファンの皆様、関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

尚、「エキプ・ド・シネマの会」会員制度も2022月7月29日(金)を以て終了となります。(※新規募集・継続の受付は本日を以て終了となります。)
 現在ご入会中のお客様は2022年7月29日(金)までご利用いただけます。
 その他エキプ会員制度について詳細が決まり次第、改めてご連絡させていただきます。

 今後の上映スケジュールの詳細については、岩波ホールホームページにてご案内いたします。

2022年1月11日
岩波ホール
岩波不動産株式会社

 いろいろ言っても、いちばん映画を見た映画館の1つであることは間違いない。相方とよくいっしょに行った映画館でもある。でもやはり、コロナでボクも、この2年間は行っていない。最後に見たのは「12か月の未来図」かなあ。かなしくって、ショック。この社会はどうなっていくのだろうか?

 職場の近くの工事現場。何回までいくのだろうか?

20220111_184827

 

 

 

« 『文藝春秋』の岸田さんの論考 | トップページ | 「高校教育はどこに向かうのか」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『文藝春秋』の岸田さんの論考 | トップページ | 「高校教育はどこに向かうのか」 »

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30